「イエス・キリストのピスティスによる」2013年2月 20日(水)

 「イエス・キリストのピスティスによる」という表現は、「イエ 
ス・キリストを信じる信仰による神の義」と訳されているローマ書 
3章22節の文字通りの訳である。ピスティスは「信仰」とも 
「真実」とも訳されるので、さらに文字通りには「イエス・キリス 
トの信仰による」か「イエス・キリストの真実による」になる。英 
語訳に関しては、NIVもRSVもNRSVも、through faith 
in Jesus Christと日本語訳と同じである。しかし興味深いの 
は、KJではby faith of Jesus Christとなっている。 
ただし、NKJではまたthrough faith in Jesus Christ 
としている。

 伝統的には日本語訳のように「イエス・キリスト信じる信仰」と 
言うことで、信じるこちら側の信仰のことを問題にしている。すな 
わち、キリスト信じるこちら側の信仰で神の義が現されたか、神か 
らの義が私たちに付与されたと理解した。そして、そのようにとっ 
てきたし、さらに、それに基づいて説教をし、説教を聞いてきた。 
ともかく、こちら側の信仰のあり方が大切になってきた。その結 
果、自分の信仰を絶えず吟味することが信仰者の歩みになってき 
た。時にはそれは神経衰弱的な意味合いをもって、絶えず信仰の有 
り様を正し、自分を叱責することにまでなっている。当然他者の信 
仰をも批判することになる。福音的、聖書的という名のもとに。

 しかし、KJがとっているように、神の義は文字通りの意味 
合いで「イエス・キリストの信仰・真実」によって現されたという 
理解が、その時間的な流れは明確に把握していないが、この数十年 
の間で徐々にではあるが、確実に広がってきている。自分なりにキ 
リスト論を学んでくるなかで、その主張が折々になされてきたこと 
を思い出す。そしてこの顕著な理解が、前回取り上げて2002年の 
The New Interpreter's Bibleのローマ書注解でなされている。

 NIVとNRSVを併記しているこの注解書では、それぞれ 
この箇所をthrough faith in Jesus Christと今までどおりの 
訳をとっていることが分かる。違いはNRSVではフットノート 
で、through faith of Jesus Christを置いていることであ 
る。そして注解者であるN.T.ライトはこの理解を展開してい 
る。「イエス・キリストの信仰・真実」によって初めて明らかにさ 
れた神の義であって、それはまさにその次に「すべて信じる人に与 
えられ、何の差別もありません」とスムーズに続くのである。神の 
義は、第一義的に神のことで、それを御子であるキリストの信仰・ 
真実のゆえに、神ご自身がよしとされたのである。こちらの信仰の 
ことではない。信仰はただその神の義を信じることである。何か決 
定的な違いがそこにあることが分かる。

 この理解が明確になる前の1984年に、かつて KGKで 
も交わりをいただき、大村晴雄先生のゼミで一緒にさせていただい 
た清水哲郎氏が雑誌『途上』で、「イエスの信」というテーマで、 
同じ趣旨の議論を展開している。氏は哲学的言語分析としてまさに 
イエスの信仰・真実ととることがローマ書理解にかなっていると言 
う。聖書学や神学的理解でなくて、あえて哲学的ということで、言 
語理解として「イエスの信」ととるべきだと主張している。当時こ 
の論文を読んだときの衝撃を覚えている。聖書学者がようやく言い 
出したことを哲学の作業として言い出していたのである。氏のこれ 
とそれに続く論文集が2001年に『パウロの言語哲学』として 
岩波書店から出ている。

 「イエス・キリストの信仰・真実による神の義」、それはKJ 
で理解されていたものがようやく戻ってきたと取れるのであろうか。NIV 
はその後2005年と2011年に改訂版で、NRSVと同 
じようにフットノートでthrough faithfulness of Jesus Christ 
と取り入れてきた。しかもNRSVのフットノートよりさらに進めて 
faithfulnessとまで言っている。まさに、ピリピ書2:6-11 
で表現されているキリストの真実さである。フットノートであって 
もこのように取り入れてきたことは、先の注解者が主張してきたこ 
とを認めたことになる。この理解はここだけでは留まらないで、そ 
れに関わる箇所にも及んでいる。NIVもその改訂の説明文で認 
めていることである。

 そうするとこことでも、これからの日本語訳聖書でどうなるのか 
という課題になる。「イエスの信仰」、faith of Jesusのこ 
の「の」、英語の of を、イエスを主体にとるのか、今まで 
どおりにイエスを信仰の対象とるのかの、翻訳上の何ともわずかな 
違いであるが、その意味づけは決定的に違ってくる。イエスを信仰 
の対象のようにとってきた今までの信仰理解、ともかく自分の信仰 
状態だけが主眼になるようなクリスチャンとしてのあり方の行き詰 
まりを感じてきているなかで、イエスを主体ととることで、イエス 
の真実さにならう者としてのクリスチャンのあり方が見直されてき 
ていることになる。イエスの真実さをよしとする神の視点に生きる 
ことである。

 この神の視点は、まさに「神の真実」(3:3)のこ 
とであり、それがローマ書全体を貫いているテーマでもある。ユダ 
ヤ人の不真実がありながら、なお神の真実を貫く神の愛である。そ 
れを実行した「イエス・キリストの真実」のゆえに現された神の義 
である。自分の信仰のみに捉えられていたら見ることのできない神 
の真実の物語である。今までの翻訳が見逃してきたことである。よ 
うやく視点が文字通りに神に向いてきたかのようである。神の視点 
で生きる視座がようやく見えてきたかのようである。

上沼昌雄記
広告

「「イエス・キリストのピスティスによる」2013年2月 20日(水)」への2件のフィードバック

  1. 神学モノローグを読ませていただいています。

    「自分の信仰のみに捉えられていたら見ることのできない神の真実の物語である。」というところが胸にしみています。

    母との和解が、私の信仰によってではなく、神様の真実さのゆえに
    また一つすすんで着ました。

    それは不思議なのですが、娘とのある格闘の中で、そこでみた自分の闇
    のなかで、そして大河ドラマ『八重の桜』ドラマのある一つの家族を通して、一人の武家に生きる母親の姿を通して気づかされていきました。

    一連のことはまたコメント欄を通してお伝えできたらと思います。
    あまりにすがすがしい展開であったので、神様の物語に感動しています。わたしが長年願いに願っていた、なくなってしまった母との和解が
    三回忌が終わった後に起こってきました。

    私の信仰によってではまったくなく、神様の側からの不思議な働きかけで
    一方的に、思わぬときに、しかし、もっともすばらしいタイミングでおこったので
    完全降伏しています。そしてすがすがしい気分で感謝にあふれています。

    私自身の信仰によって和解できるなどと思い上がっていた自分の姿を見つめながら神様の前で悔い改めています。

    ここまでずいぶん長くかかりました。

  2. 『ローマ書を読み直す』のモノローグを読んで、もう一度このモノローグが読みたくなりました。

    深くはわからないところがまだまだ多いことをお許しください。
    ですが、このモノローグのなかでも「自分の信仰の状態だけが主眼になるようなクリスチャンとしての生き方の行き詰まり。。」になにか深く感じるところがありました。

    私の生き方の大転換になっていることが、母の死ですが、ずっとそのことを思い巡らす中で、最近やっと、神様がどんな思いでこのことをゆるされたのかということをめぐらすようになりました。

    母の死からしばらくして末松先生がこう私に教えてくれました。
    「お母さんは恭子さんの一粒の麦になってくださったんだよ。。」と。

    それは飲み込むのに実に困難な言葉でした。
    まだ私は私の側からしかものを考え見つめることしかできませんでしたから。
    娘としての過剰な母親への期待がいっぱいで、またその反動から来る悲しみでいっぱいなときは「一粒の麦」という言葉に怒りさえ感じたものでした。

    それでも、しばらくいろんな思いや感情を味わった後。。
    すーっと「アーメンです。主よ。。」と思っている自分を発見しています。

    それは決して自分から出た変化ではない。
    御霊のとりなしによって生まれた変化であろうと思っています。

    自分の信仰の側からしか、恵みを捉えていない、何もわかっていない自分に気付き始めています。神様の側の長い忍耐の時間が流れています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中