「キリストが律法を終わらせられた?」2013年3月 21日(木)

 「キリストが律法を終わらせられた」というのは、ローマ書10章 
4節の新改訳聖書の表現である。そして脚注に、別訳として「律法の 
目標であり」と明記している。新共同訳聖書では、新改訳で別訳と 
しているところをそのまま取っていて、「キリストは律法の目標で 
あります」としている。ギリシャ語のtelosには、「終わり」 
「目的」「目標」という意味がある。映画の最後のThe Endを 
思い浮かべると分かりやすい。すなわち、ストーリーの「終わり」 
であって、実はその初めの「目的」が果たされたという意味である。

 英語訳聖書では、NIVも、NKJVも、NRSVも、Christ 
is the end of the lawと訳している。新改訳のような動詞形は使わ 
れてなく、原典の表現に近いものである。そして英語圏の人たちがthe 
end of the lawと読んだとき、「律法の終わり」と「律法の目標」 
の両面を取り入れて読んでいる。新改訳では、「キリストは律法の 
終わり」では表現として成り立たないと思って「律法を終わらせら 
れた」としたとも解することができる。

 その通りで、そのままでよいとも言えそうなのであるが、チェー 
ン式聖書で、その「キリストが律法を終わらせられた」という日本 
語の意味だけを注解して載せている。別訳の意味には触れていな 
い。「キリストの出現で、律法による古い秩序は終わりを告げ 
た。」これが「キリストは律法の終わり」という意味合いであると 
すると、ローマ書理解というか、聖書全体の理解を異なった方向に 
引き込むことになる。

 ローマ書は、キリストによって律法がどのように成就したのか 
を、パウロが苦闘しながら書いている書である。当然モーセの律法 
だけでなく、旧約聖書全体がキリスト・メシアを通して成就してい 
ることで、そのメシアを信じることで、異邦人もユダヤ人も義とさ 
れることを何とか伝えたいと思って、書いている。この10章 
でも、その後に申命記30章からの引用が続いている。特に 
8節の「みことばはあなたの近くにある。あなたの口にあり、あなた 
の心にある」は、申命記の30章ですでに約束されている心の 
割礼の成就とみている(30:14)。まさにキリストに 
よるトーラーの成就である。その意味で端的に、「キリストは律法 
の目標」である。

 NKJVのStudy Bibleでは、まさにこのend(終 
わり)にはfulfillment(成就)とgoal(目標)の意味 
があって、それがもたらす意味合いを解説している。新改訳の 
チェーン式聖書でも、別訳で「キリストは律法の目標」を明記して 
いるので、その点を解説していくと、ローマ書の全体が浮かび上 
がってくる。パウロの苦闘が伝わってくる。

 とは言っても、「キリストが律法を終わらせられた」と読んで 
も、チェーン式聖書での解説を読んでも、それに関して何の疑問も 
持たないで今まできているのも事実である。キリストは律法を終わ 
らせたので、律法と律法に関わることは過去に起こったことで、新 
約聖書のバックグランドとして意味をもっていても、そのバックグ 
ランドの目的がキリストによって成就したと結びつける作業は放棄 
してきた。放棄しても、クリスチャンとしてやっていけるし、神学 
も考えることができる。旧約は新約に置き換えられたという神学で 
ある。置換神学である。ディスペンセーション神学である。

 神学で留まっていれば無害のように思えるが、人類史上では、キ 
リストが終わらせた向こうにあるものを敵外視していくことにな 
り、キリスト教会2千年の歴史の背後に見え隠れする反ユダヤ 
主義を生むことになった。残念ながら、ルターもその一端を担うこ 
とになってしまった。

 旧約聖書の大きな流れには、その場面ごとに起こっていることに 
しっかりとした結びつきがあって、新約聖書に流れている。その場 
面ごとの神の民の歩みを、神は確かに受け止めていて、そのひとつ 
ひとつがメシアのうちに不思議に成就していく道筋を、時には地下 
水の流れのように導いている。その流れを辿って遡っていくと、メ 
シアのうちにあることが神の物語として初めから息づいていること 
が分かる。抽象的な神学概念を打ち破る息づかいである。そして新 
約聖書の流れは、ここで留まっていないで、創造の再創造、あるい 
は、新しい創造に向かって、しっかりと流れていることに気づく。

 イエスの王としてのエルサレム入場、そして受難、さらに復活を 
覚えるときに、大きな流れがひとつに集まってきて、さらにその先 
に向かって流れる神の物語に組み込まれていることに気づく。律法 
の目標であるキリストが、さらに大きな流れの最終目的地に向かっ 
ていることが分かる。神の大きな目標に向かって、キリストがその 
さきがけのように、ことは流れている。その流れに責任を持って組 
み込まれている。

上沼昌雄記
広告

“「キリストが律法を終わらせられた?」2013年3月 21日(木)” への 2 件のフィードバック

  1. 4月になりました。
    第一聖日は日本列島全体が春の嵐に見舞われました。

    『キリストが律法を終わらせられた?』を読みました。
    訳されるなかでその訳し方ひとつで違う流れをつくり、違う解釈をつくってしまう危険性を持つのだということを思っています。

    正直言うとひとりではなかなか深く聖書を読むことができません。そこにガイドがあるととても助かります。言葉の奥の意味を教えていただいたり、また弟子とイエス様のなかなかわかりにくい会話の背景を解説していただいてはっとするときがあります。上沼先生のモノローグで理解が深まって感謝しています。

    昨日のメッセージは『岸辺に立つ復活の主』でした。
    イエス様と自分に絶望したペテロとの美しい出会いは
    こころを深く揺り動かします。
    牧師の瞑想が深いので
    助けられています。

  2. 先回の『キリストが律法を終わらせられた?』のコメントをたしかイースターの頃に書きました。その中に『岸辺に立つ復活の主』のことを書きました。あれから一ヶ月が経ち、再び瞑想と深い交わりの時を与えられています。。

    先日、末松直子さんと2人でお茶を飲みながら、ペテロをねんごろに取り扱われるイエス様のことで互いの瞑想を聴く時間が与えられました。

    それは久しぶりに豊かな時間でした。

    ペテロは大変熱心で、主についていこう、わたしがお守りいたしましょうというある意味、まじめな弟子です。イエスを金で売ったユダに比べるとまじめな人間にとっては親しみやすい気質です。

    そのペテロをみると私そのものだとおもいます。と直子さんにメールを送りました。するとそのことに興味を持ってくださって、交わりが始まりました。

    帰ってから、いろいろと思うことがあり、ふと読みたくなりティモシー・ケラーの『放蕩する神』を手にとりました。

    そこには兄タイプと弟タイプの例えがありました。父のそばで熱心に仕え続けてきた兄の心の奥深くに潜む怒りの感情に焦点が当たっていました。

    そこの記述を読んでいますと、まるでわたしの心を見透かされて切り抜かれたような感じを抱きました。ああ、私は何にも福音がわかっていなかったー。。というさわやかな敗北感をいただきました。

    母がなくなって、何がなんだかわからず、でもいいひとを演じて生きてきました。法事が一段落してから、その心に破れが生じ、抑えてきた感情がとめどなく流れてきました。もうだめだーと思いました。

    しかし、その闇の真ん中で第3のイエスに通じる道があるのだとゆっくり気づいています。さわやかな風がおもいもしなかったこころのなかを静かに吹いています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中