「映画『SHOAH』を観て、、、」2013年4月1 日(月)

 先週は、受難週に合わせて、ホロコストの記録映画 
『SHOAH』を妻と観た。1976年から81年まで世界 
中を駆けめぐって収録した、ホロコストの生還者と関係者の9 
時間半に及ぶ証言集である。1985年に上映されて世界中に衝 
撃を与えた。日本語の字幕つきで1995年に日本に紹介され 
た。その日本語の字幕のDVDは中古で高価なものになってい 
る。幸い英語の字幕のDVDを手に入れることができた。証言集 
が本にもなっていて、2年ほど前に西荻窪の古本屋で手に入れ 
て読んだ。2011年2月28日付のウイークリー瞑想 
「SHOAH ショアー」で書いた。

 語られていることは本と同じであるが、強制収容所の跡地に佇んで、35 
年前に経験したことを語り出す場面は、それだけで緊張させられ 
る。ポーランドの北にあったヘウムノ収容所で初めてガスによる大 
量虐殺がなされ、そこで40万のユダヤ人がいのちを失った。 
その同じ仲間をガス室に送るためにユダヤ人労働者が使われた。そ 
の役割が終わればその労働者たちも殺されていった。ホロコストの 
記録と記憶をこの地から抹殺することがナチスの目的であった。

 13歳であったユダヤ人労働者が、そのように役割が終わっ 
て頭に銃を受けたが、かすかにそれて一命を取り留めて助かった。 
制作者クロード・ランズマンはその人をイスラエルで探し出し、そ 
のヘウムノ収容所の跡地に連れてきた。9時間半に及ぶ証言集 
の始まりである。静かな田舎の風景である。何事もなかったように 
静寂そのものである。そのままであれば、まさにナチスが意図した 
とおりに、ホロコストは記憶にも残らなかった。しかし今、その虐 
殺された40万の二人の生き残りのひとりが、その場に立って 
いる。そして信じられないかのように35年前のその場で起 
こったことを、ぼそぼそと語り出す。

 語っても誰も信じてくれない。その苦悩にさいなまされて詩人パ 
ウル・シェランは自ら命を絶った。語っても誰にも信じてもらえな 
い。それだけでなく、そもそも語ることができるのか。記憶の底に 
ひそかに沈潜しているものを引き出すことができるのか。それが出 
てきたときに信じてもらえるのか。それこそクロード・ランズマン 
の挑戦であった。記憶の底でそのまま消えて行ってしまったら、そ 
れはまさにナチスの願うことであった。ホロコストの記録の抹消だ 
けでなく、記憶そのものの抹消であった。今その記憶の抹消に立ち 
向かっている。ただクロード・ランズマンの信念と粘り強さである。

 それは「最終的解決」と呼ばれていた。ユダヤ人への差別と迫害 
は、初代教会から歴史上繰り返されてきた。強制移住されられて、 
世界中に離散の民となった。残念であるが教会が加担してきた。逃 
げ出せないユダヤ人はかたちだけカトリックに改宗した。その人た 
ちを異端審問に掛け、火炙りにもしてきた。ナチスの「最終的解 
決」は、しかし、この地からユダヤ人を絶滅して、あたかも彼らが 
いなかったかのようにすることであった。その記憶さえ抹消するこ 
とであった。それは組織的で、徹底的なものであった。

 強制労働に連れて行くと言って、貨車に詰め込み、水も食べ物も 
与えないでポーランドの南のアウシュヴィッツに連れてくる。労働 
の前に衛生のためにと偽って全員裸にして、ガス室に送り込む。そ 
の繰り返しでありながら、ナチスの言葉を信じて、送り込まれてい 
く。床屋として女性の髪を切っていたユダヤ人労働者の証言。それ 
まで明るく元気に証言してきた彼が、息を飲んで語れなくなる。同 
じ床屋の友人の奥さんとお嬢さんがガス室に送り込まれてきた。そ 
の友人はどうすることもできない。ただ奥さんとお嬢さんと少しで 
も長くいたい。長い沈黙の後にようやくこれだけを語ることができた。

 シャワーを浴びると信じてガス室に送られた彼らに、赤十字の 
マークを付けた偽装衛生兵が戸を固く閉じて、ガスを送り込む。致 
死に至るのに10分か、15分かかると別の証言者が言 
う。妻は驚愕する。その間の断末魔の苦しみを、戸を開けることで 
知る。そして硬直した死体を焼却炉で焼いて煙にして痕跡を残さな 
い。ある時に同じ村の出身者たちがガス室に連れてこられ、何もか 
も分からなくなったこのユダヤ人労働者が、自分も彼らと一緒に死 
のうと決心をする。しかしひとりの女性から生き残って証人となら 
ないといけないと言われる。それまでしっかりと語ってきた彼が崩 
れ落ちる。

 収容所の近くで農業をしていた住民のたわいのない証言、収容所 
まで当時の機関車を当時の機関手が運転していく場面、大量虐殺の 
事実を淡々と語る元ナチスの高官たち、ホロコスト研究家の怒りを 
込めた語り、アウシュヴィッツから脱走したかつてのユダヤ人労働 
者のやるせない証言、ワルシャワ・ゲットーの事実を世界に伝えた 
元亡命ポーランド政府の密使であった大学教授の悲哀の証言。9 
時間半は、ただそれらの証言を結び合わせながら記憶を呼び起こし 
ていく。それでありながら、生還者と関係者の記憶の底に留まって 
いたものが、そのまま引き出されて、どうすることもできないで画 
面に留まってくる。何の音楽もない。あの絶滅収容所に向かう機関 
車の音だけである。

 それに意味を加えることも、解説をすることもしていない。記憶 
の底にあったものが生のままで引き出されただけである。しかしそ 
の生のものが、息吹を吹きかけるように、そのままこちらの記憶に 
もじわじわと染み込んでくる。あたかも自分もその記憶の一部であ 
るかのような感覚になる。記憶は時間を超えて過去に至り、過去が 
時間を超えて現在に届いてくる。自分もその歴史の一部であること 
を知る。

上沼昌雄記
広告

“「映画『SHOAH』を観て、、、」2013年4月1 日(月)” への 4 件のフィードバック

  1. 「映画『SHOAH』をみて」を読みました。

    沈黙が流れます。
    ホロコストの記憶と記憶を消すことがナチスの目的だった。。

    さまざまな凄惨な戦争の記憶を第三者として小さな頃からよく聴いておりました。

    第三者として聴くことと、当事者として味わうことにこんなにも落差があるのかと知ったのは母の死を経験してからです。

    それからは不可能とわかりながら少しでも当事者の痛みに寄り添うことを思うようになりました。沈黙しかありません。簡単にわかりますなどといえません。

    この春、弟は東京・市ヶ谷の勤務となり、父は第二の職場退職し、仕事の面では完全現役引退となりました。共に一人暮らしです。

    「サッチャーさんがなくなったね。」というと
    「あの人はおれより、10歳年上で、おれもそれくらいになったらお母さんが呼んでるからあの世にいくやろーね。」

    退職のあとを心配していましたが、結構地域でも、友達や親戚と豊かに交流しているようで少し安心しています。

    こちらが話すよりも、あちらの話をうなずいたり、尊敬や賞賛のことばを送るとものすごくうれしがります。それだけ我慢し、いいたいこともなかなかいえず
    がんばってきた世代です。

    不可能でありながら、男性のうめき、弱者のうめきに少しでもよりそえる人間でありつづけられたらとねがっています。

  2. 上沼先生へ!
    昨年、上沼先生とお会いした数日後から体に異変が訪れ、12月27日と新年1月2日の時点で、足腰の激痛から歩行不能になり1月はベットで寝たっきりの状態でした。
    2月になって大分、痛みも引いて軽いウオーキングが可能になりましが、先月から悪化傾向に向かい始めました。
    痛みが大きくなってきたのです。
    僕の場合の痛みは3種類あって糖尿病は2型で神経性の痛みを伴います。
    突如、針束で皮膚を刺すような激痛が走ります。
    それとは別に膵臓がんによる腰痛です。
    もう一つの痛みは、おとなしく寝ていてもじわじわと神経を逆なでする、神経にさわる痛みです。この痛みが交感神経にダメージを起こし、窓を開けた時に風が身体に当たっても痛みます。くしゃみ、咳等も猛烈な痛みを伴います。
    3つの痛みが同時に起こったり交互に起こるので、寝ていられません。
    鎮痛剤はすでに効かず、耐えるのみと祈るのみです。
    椅子に座るのも5分が限界で、立ったり座ったりを繰り返すのです。
    昨晩はこの痛みでずっと起きてました。
    トイレに向かう途中の階段の天井の梁にロープを掛ければ安楽死出来そうだとの誘惑も浮かびました。
    しかし、痛みの中でベットで丸くなって真剣に祈ると、痛みが沈静化する場合もあります。これは唯一の助けです。

    これらの痛みにプラスして糖尿病からくる視神経の悪化によりPCのフォントは拡大して打っています。先生のブログはテキストを拡大して読ませて頂いてます。
    眼鏡の度数を変えても、すぐに視力がさらに悪くなるいたちごっこです。
    視力と歩行機能を失う事は不便ですが、怖くはありません。
    ただ、この痛みがいつまで続くのか?という問題には限界が来ています。
    原罪は十分に理解してますが、こんなに強烈に痛む程に悪い事はしていないと神に反抗しながら、自身の不遇を呪っております。
    激痛により体力は消耗し、食欲は減退し、一日にバナナ1本と栄養ジェリーにスムージーだけという食生活に死を悟り始めましたが、死は待ってもまだこない。
    先日、牛乳を飲もうと冷蔵庫を開けた所、レモンが床に転がって行った。
    それを拾おうとしたら、転倒して5~6分間ゴキブリの様に腹這いになって起き上がるのが困難でした。痛みに耐え、なんとか必死で起き上がったものの、主は私を殺しはしない。
    ゴキブリなら仰向けになった瞬間、ハエたたきや殺虫剤でいちコロなのだが、神はどうしたことか私を殺さず、簡単に死なせてたまるか?と言いたげに痛みのうちに這いずり回らせる。
    まるっきり惨めです。
    どうか、お願いです。祈りで痛みが取れる様にして下さい。
    それか、早く私を殺してくれと神に嘆願して下さい。

    で今回、ショアー9時間半の裏側と題し、後追い取材でわかったランズマンの撮影秘話を書こうと思いましたが、体が痛くて書けない!
    椅子に座り、PCを打とうとすると、ウルトラマン並みに3分から5分の無痛の有余が与えられるだけ。
    ショアー9時間半の裏側の内容といえば、フランスの新聞ル・モンド、雑誌フィガロ(フランス版)に掲載されたインタヴューやパリマッチョ紙の賛否両論にフランス,ガリマール社から出されたショアーの撮影全記録と監督ノートを詳細に調べると、映画に出てこないユダヤ人(証言拒否)の真実が垣間みれるのです。ヨーロッパのユダヤ人社会というのは、両手を上げてホロコーストを証言しようとしない風潮が何処かにあって、忌まわしい過去を秘密裏に封印してしまおうという事実も存在します。
    ショアーに出て証言するユダヤ人はユダヤ社会からすればごく一部です。
    有名なヴィクトール・フランクルやプリモ・レヴィーやエリ・ヴィゼールはごく一握りのユダヤ人なのです。
    調べて行くと、証言しないとするユダヤ人の方が圧倒的に多いのです。
    復讐はモサド(イスラエルの秘密警察)に頼み、あとは闇へと葬り沈黙する。
    映画「ショアー」にはサヤンと呼ばれるユダヤ人協力者の存在がなくてはならぬものんとして映画の裏側を支える。
    世界中にサヤンは沢山居て、イスラエル国民ではないものの、モサドに協力して行く。ショアーもサヤンらの協力がなければ、強制収容所経験者を集められなかったようです。証言を拒否するユダヤ人、復讐するモサド、協力を惜しまないサヤンなどユダヤ人社会はそれぞれの葛藤の凄さを目の当たりにする。
    ユダヤ人社会にそれなりのアクションを起こしたランズマンという人のタフなバイタリテイーは敬服するが、今の僕にはそれを訳して纏めるだけの力がない。
    筆はまだ達者なのですが、痛みのあまりに思考回路が働かないのです。
    エマニエル・レヴィナスの未稿の翻訳は70%止まりだし、多くの論文が途中放棄されたままで遺稿になるのだろう。
    すぐに叩きつぶさない私という人間はゴキブリ以下ということなのだろう。
    痛み苦しみを十分味わせた上で、殺すのなら、神よ!あなたは残酷だ、、、。

    痛みをこらえて書いている為に、一部文章に見苦しい点があります。
    ご理解下さい。

    1. 伊東さんへ、激し痛みのなかで返信をいただき、恐縮に思います。同時に伊東さんの文章に接してうれしく思います。痛みが取り去られことを祈ります。「ショアー」の裏話も興味があります。またお話しをしたいところです。そのように回復されることを祈ります。村上春樹の新刊が出たのですが、私たちがした村上春樹に関しての座談会の記事にそれぞれが小論を添えたものが本として4月22日に出ます。上沼

  3. ゴールデンウイークが終わり、すこしホッとしています。
    ずいぶん迷いましたが、村上春樹の新刊を買いました。
    最初の部分を読んで、すごくすっと自分の中に入ってくる感じがしました。

    多崎つくるという男性がひとりの女性との出会いを通して、自分の人生の井戸掘りをしていくそんな小説なのかなと思って少しずつ少しずつ読んでいます。

    最近わたしはあることで東京市ヶ谷で働く弟と少しずつ少しずつ感情交流ができるようになってきました。
    きっかけは、福岡の一人暮らしの父に、父の兄、わたしたちの伯父から再婚のすすめの話が持ち掛けられようとしていることでした。

    弟は非常に寡黙でめったに感情的になることはありません。自衛官としての職業柄なのか、母の死の後もときどきわたしに気持ちを打ち明けることはありましたが、ほとんどが黙々と父を助け、葬儀とそのあとのひとつひとつの法事
    手続きをこなしているようでした。

    この春三回忌〔死後二年〕の法要が終わり、弟は故郷福岡の任務を終わり
    東京に単身赴任となりました。毎週連絡を取りながら、少しずつ彼の心が開いていくのを感じました。

    緊張する国際情勢の中でなかなか、電話をかけることはためらわれ話ができなかったのですが

    ゴールデンウィークの休暇もとれ、ちょっとほっとしたあたりで電話で話すことができました。

    父の再婚について弟もわたしも受け入れられない思いがあります。
    そのことを対話の中で確かめ合いながら、弟の姿を通してわたしはこの二年を振り返り、改めて大変な二年であったとやっとやっと自分で認識しています。

    突然の惨事やショックなことに出くわすと、すぐには認識できないことが自分を通してわかってきました。自分に起きたことは大変なこととか、すごいこととか、特別なことと認識するのには非常にたくさんの時間がかかるのだと今になってわかります。

    弟との会話を通して、自己が見えます。

    聖書の中でも、多くの対話が出てきます。神様と人間、イエス様と弟子の対話の中で、自分を見つめるヒントが与えられ、自分は救われてきて、今もそれは継続していると思っています。。

    弟は三石尚人といいます。弟の救いを祈っています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中