「記憶と歴史、そして巡礼」2013年6月24日(月)

 「記憶をどこかにうまく隠せたとしても、深いところにしっかり 
沈めたとしても、それがもたらした歴史を消すことはできない。」 
村上春樹の新刊で、主人公がガールフレンドからいわれた言葉で 
す。すごいことを言う女性もいるものだと思うのと同時に、これは 
もしかしたら女性でなければ言えないことなのかも知れません。主 
人公が抱えている問題を直感的に感じ取って、「記憶をどこかにう 
まく隠せたとしても、深いところにしっかり沈めたとしても」、 
「それはきっと危険なことよ」と言い放つことができるのです。

 その言葉は、しかし、あたかもこの小説のテーゼのように、かつ 
ての友人と話すときも繰り返されています。「記憶を隠すことがで 
きても、歴史を変えることはできない」と、主人公はガールフレン 
ドの言葉を思い出して、そのまま口にしています。さらに、「記憶 
に蓋をすることはできる、でも歴史を隠すことはできない。それが 
僕のガールフレンドが言ったことだ」と、そのまま告げています。

 テーゼというと大げさなのですが、何度か読んでいるうちに、こ 
のガールフレンドの言葉が物語を構成していることが分かります。 
忘れてしまった、あるいは、忘れようとしていた記憶が、その人の 
人格をも食い尽くしてしまうのです。その過去の記憶を引き起こし 
た出来事の歴史を誰もが負って生きています。主人公とかつての完 
璧な無垢な仲間だと思っていた他の4人も、消すことのできな 
い歴史で生きています。

 そんな過去を辿る旅に主人公が出かけていきます。誰もが避けら 
れない、魂の旅路です。そうすることが人生であることが定まって 
いるかのような巡礼です。人生で傷を負い、また傷を負わせてしま 
うことが避けられないことであって、その記憶を辿ることで人生の 
意味を感じ取っていく旅路であり、巡礼です。そこで見いだすので 
す。人は「むしろ傷と傷とによって深く結びついているものだ。痛 
みと痛みによって、脆さと脆さによって繋がっているものなのだ」と。

 記憶は神の所有物と前に書きました。神の下に生きている者に 
とって、それは紛いもなく自分の記憶なのですが、同時に神のもの 
でもあります。ですから神は記憶を通して私たちに働きます。それ 
は痛みを伴う赦しといやしをもたらします。どのような過去であっ 
ても、それをもたらした罪を神はキリストにあって処罰していま 
す。それゆえに、キリストにあるものは誰も罪に定められることは 
ありませんと、言えます。

 人を傷つけ、傷つけられたことがあります。日本への旅を繰り返 
すなかで、少しでもその記憶に触れることになります。そのままで 
は「危険なこと」になりかねません。心を腐らせてしまいます。キ 
リストにある赦しを無にしてしまうことになります。魂の旅路は厳 
しいものです。巡礼は楽ではありません。しかし、それがなければ 
赦しを生きていることになりません。

 主人公は言います。「悲痛な叫びを含まない静けさはなく、血を 
地面に流さない赦しはなく、痛切な喪失を通り抜けない受容はない」と。

上沼昌雄記
広告

“「記憶と歴史、そして巡礼」2013年6月24日(月)” への 3 件のフィードバック

  1. 上沼先生久しぶりであります。

    今回のテーマである凄い事をいう女性(ガールフレンド)をして書いてみたいのですが、でも、今回は村上春樹の新刊に関しては書きません。
    何故なら、読んでないからです。
    春樹氏の新刊が出ると聞いて、タイトルを読んだ途端にアザとらしさがこみ上げて来て、春樹氏とは距離を置き始めてます。
    誰かが、あのタイトルの新刊を僕に中和して聞かせてくれれば、読むかもしれません。
    今はあんなあざといタイトルの本は読みたくはないので、僕はこちらの本を推薦!

    数年前に明治大学で行なわれたレヴィナスの国際シンポジュームでゲストとして来日したシルヴィ クルティーヌ=ドゥナミからの出版社を通して渡されたデジタルデーター化されたレヴィナスの未完成の原稿の翻訳に着手している最中にシルヴィ クルティーヌ=ドゥナミの本が入手できて読んでみました。
    レヴィナスの未完の原稿の翻訳はまだ完成には至らないのですが、その合間を縫って読んだ本の着眼点が素晴らしいので、体の痛みと平行に書いてみる事となりました。
    ガールフレンドの発言も凄いでしょうが、暗い時代の3人の女性も凄いです。

    「暗い時代の人々と3人の女性」

    映画「ショアー」を分割して見終わったあと、ふと考えた事がある。
    もしこの映画をハンナ・アレントが見たらどう言うだろうか?
    そんな事を考えてみた。
    数日後、DVDレコーダーのデジタルカウンターを操作してショアーの中のユダヤ人の証言をノートに拾っていたら、別な考えが頭をよぎる。
    もしエデット・シュタインが生きていて、ランズマンのオファーでこの映画に出演していたらどんな証言をしたのだろうかと考えた。
    そんな事を空想しつつ考えていたら、Amazonである本を買った。
    「暗い時代の3人の女性」である。3人の女性とは、思想家のハンナ・アレント、修道女のエーデット・シュタイン、哲学者シモンヌ・ヴュイエである。
    本のタイトルはそもそもハンナ・アレントの『暗い時代の人々』からの拝借なのだが、アレントの本のタイトルも実は、ブレヒトからの借用である。
    著者はエマニエル・レヴィナスの研究者として日本の明治大学でレヴィナス国際シンポジュームの為に来日したシルヴィ クルティーヌ=ドゥナミ。
    本書は、かなり難しいので一般の人には薦められない。
    訳者もほとんどが大学の研究者で構成されて訳文も固いが、読み応えはある。

    3人ともユダヤ人女性、そしてカトリックの信仰を持つが、唯一シモーヌ・ヴュイエだけが洗礼を受けておらずなのだが、アッシジの聖フランチェスコに共感を抱いており霊的な体験も著書で披露している。カトリック教会の司祭ギュスターヴ・テイポンはシモーヌ死後に彼女の原稿を纏め、彼女の深い神聖を世間に示した。
    そして3人とも哲学を学んでいる。
    アレントは言わずと知れたハイデッガーの愛人にして、数多くの思想書を書いた張本人。
    シモーヌは哲学者アランから直接の教えを受けて、リセ高等女学院時代は首席での卒業となり、次席にはあのサルトルの妻になるシモーヌ・ド・ボーボーワールがいて大親友らしい。ここいらへんの関係からシモーヌにはフェミニズムの匂いがして来る。
    エデット・シュタインはカルメル会を改革したアビラのテレサの自伝を読み、改宗を決心したといわれる。そしてトマス・アクィナス等の著書をドイツ語に翻訳した。
    エドムンド・フッサールから教えを受けておりフッサールの元で「感情移入の問題」の論文を発表し、哲学博士号を授与され、フライブルクで教授陣のメンバーに加わるという筋金入りの哲学思想を持つ。
    1998年10月11日にヨハネ・パウロ2世によって列聖されたエデット・シュタインに関しては僕よりも上沼先生が十字架の聖ヨハネを通し、このブログでも過去にエデイット・シュタインを書いておられるのでそちらを参照して欲しい。
    尚更詳しく知りたいのであるなら、『エディット・シュタイン 小伝と手記』がお薦め!
    ( コンラッド・ド・メーステル、エディット・シュタイン著; 西宮カルメル会、福岡カルメル会訳 女子パウロ会)
    『暗い時代の3人の女性』を読みながら一番に驚いたのは、エデット・シュタインがフェミニストであったということだった。あの暗い時代にカトリックの修道女でフェミニズムなんて信じられない事実である。

    アレントの著書『暗い時代の人々』はベンヤミン、ブレヒトらや大衆音楽家のクルト・ワイルら、ドイツ表現主義やらダダイズムなどが多く詰まった内容となっている。
    アレントという才女の頭の中を知るには、暗い時代のドイツを知るには恰好の一冊、名著である。
    そしてアレントは偽造旅券を強引に入手してマドリッド行きの列車に乗る。
    鞄にはヴォルター・ベンヤミンから預かった原稿が入っており、それを持ってアメリカに亡命する。ベンヤミンは偽造旅券をアレントの様には強引に入手できず自殺。
    あの冷静沈着なアレントでさえ亡命には相当の恐怖を覚えたらしいが、ナチの迫害から無事に逃げおおせる、たたかさは彼女の特徴でもある。
    しかし、エデット・シュタインはオランダに亡命するもゲシュタポに姉と共に捕まり
    ビルケナウの強制収容所のガス室で死亡する。
    しかし、あの暗い時代に、よくもまあっ信念のあるユダヤ女が3名も揃ったものだと感心する、それも揃いも揃って、全員カトリックの神聖を備えた才女。
    果たしてこれは神のみわざなのか?

    アレントは『暗い時代の人々』でローザ・ルクセンブルグの残した有名な言葉、
    「Freiheit ist immer die Freiheit des Andersdenkenden.(自由とはつねに、思想を異にする者のための自由である)」を上げて当時を回想し抵抗する人々を『暗い時代の人々』に書いた。
    同時にシモーヌ・ヴュイエも「我々は未来を奪われたひとつの時代に生きている」としてルクセンブルグのしたロシア革命、レーニン批判を借りて『自由と社会的制圧』に書いた。彼女達や多くのユダヤ人思想家の主張は反抗ではなくて抵抗だった。
    アレントの著書『暗い時代の人々』もシルヴィ クルティーヌ=ドゥナの書いた『暗い時代の3人の女性』も抵抗というテーマが基本である。

    アレントは、身をもって経験した全体主義の衝撃「起こってはならないことが起こってしまった」から、政治についての思索を開始するに至った。1945年、以下のような発言をしている。
    「リアリティとは、『ナチは私たち自身のように人間である』ということだ。つまり悪夢は、人間が何をなすことができるかということを、彼らが疑いなく証明したということである。言いかえれば、悪の問題はヨーロッパの戦後の知的生活の根本問題となるだろう…」
    さらにアレントはアウグステイヌスをテーマにして、同じ時代の人間を読み解こうとしていた。ここいら辺は彼女の神聖の備わりと彼女特有の聡明さが示す凄さである。それらはまるで、ポーランドの映画監督アンジェイ・ワイダーがメガホンを撮り、タデウシュ・カントールが演出した「死の教室」(パルコ劇場やオフブロードウエーの舞台版があり、映画より舞台の方が迫力がある)の様である。
    突如として、誰かがポーランド語やドイツ語やイディシュ(混合ユダヤ語)でユダヤの歴史を口走ると、次々と連鎖反応が起こって、教室は言葉の洪水となり、混乱を極める。
    抵抗の紅しとして,ユダヤ民族の沢山の悲鳴が乱れ飛ぶ!

    ホロコースト、ユダヤ人問題というのは、その時代の周辺(大衆文化、文学、芸術、)も読まなくては片手落ちなのである。
    それら抵抗が示すユダヤ人の奥深い眼差し。
    この時代、強制収容所のユダヤ人を始めとして迫害を受ける多くのユダヤ人が神と真剣に向き合ったのだろう。そうした時代だったのだろう。

    それら抵抗が生み出した思想の多くが、今の時代にも継承されている。
    僕はスーザン・ソンタグの書いた『ラデイカルな意思のスタイル』にハンナ・アレントからの継承のラデイカルな一面を見てとっている。
    フランス内閣女性省を率いたイベット・ルデイーにシモーヌ・ヴュイエの柔らかだが強烈な思想を考える。
    1963年に出版された『新しい女性の創造』(Feminine Mystique:女らしさの神話)には、新しい女性像が沢山詰まっていた。
    それらグロリア・スタイナムやNOW(National Organization of Women)のベテイー・フリーダン、ジュデイース・バトラーらはエデット・シュタインが信じたフェミニズムの未来だったのだろう。

    どうもキリスト教徒というのは、聖書と聖書関係の書籍さえ読んでいれば事は足りるとしている人は多い。
    フェミニズム、ダダイズムなどの現代思想から距離を置きたがる。
    「聖書以外は受け付けません」などというクリスチャンの頭の固さがイエスの柔軟性と相反することさえ彼らは知らないみたいだ。
    日本のプロテスタント教会や牧師の前でカトリックの話しをすると決って、カトリックのマリア信仰をやり玉に上げて、僕の話しを遮るか、馬鹿にした様に話しを切り上げてしまう。
    プロテスタントの牧師や信徒にありがちな退屈で偏屈な態度である。
    そういうことではなく、信仰とは宗派や教義を問わず信徒の深い眼差しを見る事にある。なので僕は過去に狭義的な教会教義主義から距離を置いて独持の方法論で、ユダヤ人の眼差しを通し聖書を読むことに専念する。
    洗礼後、ひと月が経過して僕の目の前に1冊の本が提示される。
    僕と同世代のあるユダヤ人作家が書いた本に、日本じゃ殆ど無名の作家が名を連ねていた、エドモン・ジャベスの「死の書」ヌクット・ハムスン、フーゴ・パル、パウル・ツエランらである、これらを必死に読んで行き、ハンナ・アレントの思想にたどり着く。彼女の思想をコンパスの主軸として円周をなぞり半径内からユダヤ人の思想を学んで来た。そのかいあって最近は何故?僕はユダヤ人の眼差しから聖書を読むに至ったかが、体の強烈な痛みと共に少しずつわかり始めた。
    自身の研究の到達点はまじかなのか?

    私はこの本を読んでいて、3人の女を見ていてプロテスタント福音派の出身であることが、いささか恥ずかしくなっていた。

    1. 伊東さん、「暗い時代の三人の女性」大変興味があります。今度日本で手に入れて読んでみます。ハンナ・アーレントにはなかなか入れないでいます。この春に「聖書と村上春樹と魂の世界」(地引網出版)を3人の共著で出しました。機会がありましたら読んでください。村上春樹の新刊はタイトルは変ですが、気に入っています。お元気でいてください。祈りつつ。

  2. 「神の下に生きている者にとって、記憶は紛いもなく自分の記憶なのですが、同時に神のものでもあります。ですから神は記憶を通して私たちに働きます。それは痛みを伴う赦しといやしをもたらします。」
    「人を傷つけ、傷つけられたことがあります。・・・少しでもその記憶に触れることになります。そのままでは「危険なこと」になりかねません。心を腐らせてしまいます。キリストにある赦しを無にしてしまうことになります。巡礼は楽ではありません。魂の旅路は厳しいものです。しかし、それがなければ赦しを生きていることになりません。」
    ■心に沁み込んでくる思いで、繰り返し読みました。ありがとうございます。「キリストにある赦しを無にしてしまう」について、よろしければ、もっと聞かせてください。

    ■先日は、おハガキをくださいまして、ありがとうございました。とても嬉しく思いました。おハガキのお礼を言うのにコメントの欄を利用し、失礼します。あらためてメールをさせていただきます。頭の中を整理して、メールに書きたいと考えています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中