モンタナ州とある牧師家族の物語

 モンタナ州の西部はアイダホ州の北部から続いている山並みとそ 
の間を流れる川の連続です。その神秘的ともいえる美しさに言葉を 
失います。想像していたのとは全く違った自然の美しさの中に入れ 
られるからです。そこをドライブしていたときに妻が、随分前に一 
緒に観た映画を思い出して話し出しました。それで旅を終えて、一 
昨日観ました。映画のタイトルは River Runs Through It で 
す。日本語でも「リバー・ランズ・スルー・イット」としてアマゾ 
ンで手に入ります。ロバート・レッドファードが監督で、あのブ 
ラッド・ピットが出演して出世作にもなったものです。1992 
年作で、アカデミー賞も受賞しています。

 牧師のふたりの息子が川で釣りをしながら成長していく実話で 
す。ブラピは弟役で、放蕩息子の弟を思い出すのですが、実は兄の 
方が家を出て、西部の大学で学んで、後にシカゴ大学の英文学の教 
授にもなるのです。弟はそのまま美しいモンタナに残るのですが、 
そこで身を滅ばすことになるのを兄が何とか助けようとするので 
す。ふたりに共通の世界があの山間に流れる川でのフライ・フィッ 
シングです。それでもうまく行かなくなって弟は殺されてしまいま 
す。そんなことを英文学の教授になった兄が思い出して書いたもの 
が、映画の下になった半自叙伝です。

 フライ・フィッシングを教えたのは父親の牧師です。3人が 
渓谷に囲まれた川合いで釣り糸を投げている場面は、その景色と父 
とふたりの息子の情景が相まって、忘れられない印象を残します。 
ふたりの息子がそれぞれ違った方向に向かっていくのを見つめてい 
る父親の姿がいつまでもあります。そんな人生を通り抜けるかのよ 
うに川は流れ続けます。神秘的な山間の川は薄く差し込む太陽に輝 
いています。兄のナレーションも谷間に響いてきます。

 モンタナ州の山間の美しさが、この映画で牧師家族の物語に相 
まって映え出ています。暑い夏の一時のためにも。

上沼昌雄記 2013/07/25
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中