「山の教会は今」2013年11月18日(月)

 昨日、山の教会の礼拝に2ヶ月ぶりで出席いたしました。私 
たちが出たり入ったりしているのには教会の人は慣れているので、 
日本はどうでしたかとか、両親は如何ですかということで、挨拶が 
終わってしまえばいつもの慣れ親しんだ教会になります。その辺の 
感じは変わらないのですが、昨日は2ヶ月の間に知らない人が 
さらに20名ほど礼拝に出席されていて、こちらの方が驚かさ 
れました。すでに教会に親しんでいるようで、私たちのことも初め 
ての人として受け入れてくれていたようです。

 カリフォルニアに移り住んでからすでに24年になります 
が、ずっとこの教会に集っています。川を越えたこちら側に家を建 
てて移り住んでも、40分ほどドライブをして通い続けていま 
す。ある時期、結構長い間でしたが、何度も牧師が来て去っていく 
ことが続きました。その都度、教会が、信徒が悪いという言い訳を 
して去っていきました。フォレストヒルという小さな街では評判の 
悪い教会になっていました。

 今の牧師は教会の97歳の黒人のお婆さんの孫にあたる方で 
す。サンフランシスコ近くから毎週通ってきて2年、そして今 
年の初めにフォレストヒルに移り住んできました。メッセージは一 
週間まるまるかけて祈り準備していることが分かります。旧約聖書 
からの引用も必ずあります。長髪を何本にも編んで後ろに束ねてい 
るのですが、説教に熱が入ってくるとその長髪が前に飛び出てくる 
のでその度に後ろに押し返さなければなりません。ネクタイ無し 
で、長袖のポロシャツですが、神と聖書に対する敬虔な思いを損な 
うことはありません。むしろ好感を持たれてきています。

 この3年の間に、普通では届かない人たちが教会に集うよう 
になりました。社会でも置き忘れたというか、ついて行けないで、 
裏側でじっと生活をしているような人たちが少しずつ来るようにな 
りました。機能不全の家族、ホームレス、薬物使用者、失業者と、 
どちらかというとそれなりに安定した生活をしている人たちが今ま 
で教会の中心になっていて、その外側で教会からも忘れられてし 
まっている人たちです。教会のひとりの姉妹がボランティアで教会 
の一室を古物の衣料を提供する活動も始めています。フォレストヒ 
ルの街での支援活動にも、缶詰や生活必需品を毎月集めて、教会全 
体としても活発に関わっています。フォレストヒルの人たちも注目 
するようになりました。

 昨日は感謝祭の持ち寄りの食事会でした。階下いっぱいに用意し 
たテーブルも足りないほどでした。食べ物は充分にありました。何 
人かホームレスの人がいると言うことです。どのような人がいても 
違和感のない、それが主の食卓であるかのような雰囲気です。牧師 
は全身全力で説教をしているので、礼拝の後の食事はいっさい手を 
出さないで体調を管理しています。その代わりに新しい来会者と会 
話の時を持っています。

 教会のボランティア活動を聞きつけて、昨日はサクラメントから 
トラックいっぱいに食料と衣類を持ってきてくれた方がいます。食 
事の後にそれらを一室に移す作業を皆が当然のようにしていまし 
た。礼拝前まで駐車所で煙を吸っていた人も、礼拝では静かに耳を 
傾けています。何かが始まればうれしそうに活動を始めます。義樹 
の中学の同窓生も今失業者として加わっています。ルイーズがその 
ような人たちをみて、2ヶ月前よりみな健康そうになっている 
というコメントをして、言われてみたら皆明るくなっています。

 みなしご、やもめ、在留異国人が困ることがないようにという、 
モーセを通しての神の律法の要求がキリストの愛のゆえに少しでも 
教会で満たされてきているようです。それなりに生活ができている 
人たち、あるいはもう少しその上の人たちで、多くの場合教会が動 
いているのが現実です。そのようなところではまたそれぞれのエゴ 
が出てきて、分裂騒ぎまで起こします。そんなエゴを打ち砕かれた 
人たちが教会に集うようになって、不思議に教会の本来あるべきと 
ころに戻っているのかも知れません。

 しかし、そのために教会があるわけでもありません。牧師が神と 
聖書に忠実に敬虔に従い、その思い巡らしの中から語るメッセージ 
が徐々に私たちの自己中心を打ち砕いて、他者への思いを増し加え 
てくれています。礼拝は心が気持ちよくなるためではないのです。 
キリストが自らを捨てて父なる神のみこころに従われたように、私 
たちも自分を捨ててキリストに従うことを確認して実行するところ 
です。社会・福祉活動はその延長で出てきているのです。それが目 
的ではないのです。それゆえに、その活動にも自由があります。御 
霊にある自由です。

 今週末はまた両親のことと、来週の感謝祭のことがあってまた出 
かけます。山の教会には出たり入ったりが続きます。帰ってくる度 
に、丸一週間準備をして全身全霊を込めて語る牧師の説教とそれが 
静かに浸透していく様子をうかがうことができます。

上沼昌雄記
広告

「「山の教会は今」2013年11月18日(月)」への2件のフィードバック

  1. 共感と言えるような、ジーンとするような、また、温かい感覚を持ちました。記事を読みながら、フォレストヒルの教会がイメージとして浮かんでくるようでした。

    1. 楠元英夫様
      温かいコメントをありがとうございます。フォレストヒルの教会は結構激しく動いています。他者への思いやりが満ちています。社会から見捨てられている人が集っています。やもめ、みなしご、在留異国人を大切にすることが神がモーセを通して求めていることです。その意味で律法が成就しています。祈りつつ。上沼

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中