「巡礼の年?!」2013年12月27日(金)

 取りかかっている翻訳の最終原稿をまとめながら、今年春に出た村上春樹の 
『色彩を持たない多﨑つくると、彼の巡礼の年』を拾い読みしました。自分の文 
書を読んでいるとだんだん堂々巡りをしてきます。それで誰かの文章で頭の切り 
替えをと思って、手の届くところにあったのと、個人的にというか、むしろ勝手 
に、この小説家の文章を手本としてきたところがあって、ページをめくりまし 
た。

 何度か読んでいるので小説の流れは分かっています。それで、まとまった情景 
で、真剣なやり取りがなされている箇所をと思って、主人公がヘルシンキに16年 
ぶりに高校の時の仲間のひとりの女性に、アポも取らないで会いにいく場面を選 
びました。すでにフィンランド人と結婚をして、陶芸を生業としている家族のサ 
マーハウスを訪ねるのですが、そんな行ったところもない森の情景の描写は、 
木々と森と湖が浮かび上がってくるようです。

 16年前に起こったことで、主人公は半年間、死を思い詰めることになりまし 
た。そこから辛うじて脱出するのですが、それは記憶をそれなりに隠すことで、 
生き延びた道に過ぎないのです。そこには消すことのできない歴史が漂っていま 
す。重石のようにつきまとい、心を圧迫します。その過去をそのままにしておく 
と自分が死んだままであると気づき、あるいは気づかされて、5人の仲間を訪ね 
る旅に出ます。その過去を辿る巡礼の旅の終わりがヘルシンキの森の中の湖畔の 
家です。

 続いてページを遡って、ふたりの男性に会いにいく、主人公の巡礼の旅の箇所 
だけを拾い読みしました。5人の仲間でしたから、後3人となるのですが、もうひ 
とりいた女性は実は殺されていて、それがこの仲間が負うことになった過去なの 
です。それで巡礼の旅の会話は当然、どうしてこの女性が死に追いやられたのか 
が中心に展開していきます。主人公もそれに深く関わっているようでいて、その 
事実をつい最近まで知ることがなかったのです。16年間封印されていた過去に残 
された4人の仲間が直面することになります。

 ヘルシンキの森の中でその女性は、殺された女性と、女性同士だから分かる世 
界を主人公に吐露します。微妙な心の世界です。死をももたらしかねないその心 
のズレです。男性としての主人公の思いつかない世界です。どうすることもでき 
なくとも、確実にもうひとりの女性を死に追いやってしまったことです。そこま 
で触れることで、ヘルシンキの森で同じように過去を抱えていたこの女性にも光 
が届いていきます。同じ傷と痛みを負う者同士が到着した世界です。そこに、リ 
ストのピアノ曲「巡礼の年」が登場します。聴いたことはないのですが、そのメ 
ロディーが森の奥から聞こえてきそうです。

 主人公を除いた4人の名前に、アカ、アオ、シロ、クロと色がついていて、主 
人公の名前には色がないということで疎外感を感じるという、この小説家一流の 
ユーモアがあります。それが表層を覆っていることで、一件軽そうなのですが、 
巡礼の旅はその奥に隠れた重い、そしておそらく灰色の世界なのです。そのアン 
バランスに怖じ惑わされます。自分のなかの巡礼の旅を、現実化されていなくて 
も、思い出されるからです。

 この主人公は36歳です。振り返ってみるに村上春樹の小説の主人公にはいまだ 
40歳を超えた人は登場していないようです。彼自身もすでに60歳代に達していま 
す。40歳から60歳にいたる間でも過去は生きています。年を取れば取るほど、訪 
ねることのできない、すなわち、当事者が亡くなって訪ねることのできない状況 
も起こります。その過去はそのまま留まっていて、澱んだ空気を人生に漂わせて 
いきます。どうしたらよいのかと、この小説を拾い読みしながら怖じ惑います。

 今年それに近い経験があったこと思い出します。友人の牧師が長年奉仕した教 
会を定年で退いて、次の教会に移りました。この5月にこの友人をその教会に訪 
ねました。50年近く前に一緒に学生として行っていた教会から、事情があって別 
れてできた教会です。出られた牧師が開拓してできた教会です。牧師室で話をし 
ながら、当然のようにそのことが話題になります。その牧師は早く召されたので 
すが、その事情を知っている人が教会にいるということです。

 教会に関わる務めをしている上で当然気になっていたことです。当事者の牧師 
先生はすでに召されてどうすることもできないのですが、50年近く前ですが、か 
たちとしてこの牧師を追い出すことになったことになった過去に、触れることに 
なりました。そのことを少しでも整理しておきたいと思って文章も書きました。 
しかし、友人との相談で公にしないことにしました。それでも書いたことで、す 
なわち、過去の歴史に触れることで、そこに漂っていた重い空気は多少柔らかく 
なったような気がします。そのままにはできない、そのままにしていないという 
張り紙を残すことが出来たように思います。

 とても巡礼の旅と言えるものではありません。それでも逆に、たとえ相手が召 
されていなくても、会うようなことはできなくても、ともかくヘルシンキまで訪 
ねていくようなことでなくても、何らかのかたちで巡礼の旅をすることで重荷か 
ら解かれます。年とともにその必要を強く感じます。避けられないという否定的 
なことより、避けない方を選び取りたいことです。36歳の小説の主人公の巡礼の 
年は、象徴的に私の巡礼の年でもあります。

上沼昌雄記
広告

「「巡礼の年?!」2013年12月27日(金)」への2件のフィードバック

  1. 上沼先生へ!
    『水晶の夜』のブログにコメントしたかったのですが、『村上春樹は何故、ノーベル文学賞を受賞できないのか?』という意味深なタイトルの文章を比較文学でサイトに書いていたので,時間が取れなくって断念しました。
    で、村上春樹とアリス・マンロー、ジョイス・キャロル・オーツを使った比較文学をこのサイトに載せるにはあまりに文学的過ぎるので載せません。
    前回の『水晶の夜』に対するコメントを載せます。

    原理主義、 そこから発生するであろう反ユダヤ主義そして反知性というもの。

    「駄目なヤツは全て反ユダヤ主義に陥る」
           フリードリッヒ・ニーチェ

    1925年テネシー州デイトンの公立学校で『進化論』を教えた事による「反進化論法」の適用でスコープス裁判(通称モンキー裁判)が起きた。この裁判は進化論を教える事を禁止する法律に対してアメリカ自由人権協会が仕組んだもので、ファンダメンタリズムとリベラルの双方の主張が聞き取れる。ヨナ書を使って説明する裁判のやり取りは今でも参考になる。
    このとき検察側のウイリアム・ジェニングス・ブライアン(プロテスタント保守派 原理主義)と弁護側のクラレンス・ダロウ(ACLU/アメリカ自由人権協会  リベラル派)の記録はテネシー州の公立公文書館に記録として残っていてデジタル化しているので今でもネットで閲覧する事は可能である。
    ウィキドペデイアでもアウトラインだけならスコープス裁判を参照できるので興味ある方は読んでみると面白い。
    この裁判で原理主義な検察側は聖書の無謬性についての矛盾を自己解釈によって正当化していることが明るみに出て以後アメリカの原理主義派は世間から退散し後退して、一旦は引き下がり分離主義的傾向を強めて行く事になる。自らが等身大の墓穴を掘るという低次元のヨナ書の聖書解釈が災いとなった。
    ファリサイ派がイエスを負かそうとして逆に窮地に落とされるシーンに似ている。
    その他にも創世記に書かれているカインの嫁の突然の登場についても実はその嫁はアダムとエバの第三子であるとの近親相姦な解釈を与えている。このバカバカしさは原理主義のご都合主義的な自己正当化を物語る確かな証拠でもある。
    神によって滅ぼされたソドム滅亡の正確な年代も天体観測から判明しソドムの街の所在も考古学と天文学から明らかにされロトの奇跡も証明された現代において,検証なしで勝手な解釈をする原理主義とは時代に取り残された遺物でしかないのだろう。

    キリスト教は一見、無教養でも無知性でもないのだけれど、
    しかし、反知性は存在する。
    現在は進化論と聖書創世記の間を取る様に、神学者ウイリアム・ベアリーの『自然神学論』からなるインテリジェント・デザイン論(生物は偶然によって創造されたとするには複雑すぎる事から、なにか知的な存在が創造したとするデザイン論)に移行しつつ主流となりつつあるが、チャールズ・ダーウインの自然選択説から生まれた社会ダーウィニズムがやがては反キリスト教的理論と見なされファンダメンタリズム達の正当化の根拠ともなって行く。
    ナチス・ドイツが示した優生学(アーリア人優生主義)もそのひとつで,社会ダウィーニズムを蔓延らせない為の考えから(反知性)水晶の夜が引き起こさユダユダヤ人撲滅が始まる。
    水晶の夜のあとナチスドイツはある計画を進めて行く。
    聖書レビ記ある教会に入れぬ者として、不具者、障害者、病人、体の汚れたもの、老人、狂人、同性愛者などを入院させて病死に見せかけて毒殺して行き、病院の側に備えられたレンガの焼却炉で死体を燃やして行く。そのかず、数千という人間がナチスによって消えて行き、近隣の住民は毎日、煙突から煙が上がっていたと証言している。
    ホロコーストのイントロダクションである
    それで味をしめたナチスはゲットーにユダヤ人を押し込んで強制収容所に持って行き大量虐殺を行なった。
    それら行為をナチスドイツはあくまで聖書にのっとって旧約聖書に書かれている通りに行なったと”こじつけ”している。
    5月に見た英国グラナダテレビのドイツ終戦特集では南米に逃げたナチス戦犯が聖書を取り上げて大量虐殺を自己正当化をしていた。
    ごもっともと言いたいが、聖書を自己の正当化として人を殺す事はひどく猥褻であり聖書と人間を冒涜するものだと考える。
    ここに宗教に対する人々の無謬性こそが危険極まりない事を認識しなくてはいけない。
    モーセの十戒には「汝殺すなかれ」と書かれているが、聖書、聖典を自己正当化する人により人間が犠牲になっている現実と事実を知らなくてはならない。

    アメリカ人宣教師ケネスが礼拝を行なう教会に以前通っていたときデイスカッション形式の礼拝で、あるニュースを取り上げた。北欧でファンダメンタリスト(原理主義者)がビーチで銃を乱射して30名ほどを殺した事件の事を話していると、ある婦人がキリスト教徒が人を殺すなど信じられないと言っていた。僕はすかさず、ナチスはカトリック教派のキリスト教徒で、600万のユダヤ人を殺している事を告げた。
    宗派は違えど同じクリスチャンである。
    都合の良い事しか教会で教わらなかった教徒の無知が時にキリスト教をきれいごとに祭り上げ、なにもなかったように,黙殺する。神学校では都合の悪い事は教えないのか?
    キリスト教は過去に異端審問、魔女狩り裁判等で多くの人を断罪して来た経緯がある。
    上沼師が盛んに書いているマラーノもそのひとつでキリスト教2000年の歴史で拷問と殺戮は常に繰り返された。
    こうしたことを何故?教会は教えようとはしないのか?
    牧師はしゃべろうとはしないのか?
    聖書を無謬と信じさせ、正当化をはかるつもりなのか?
    そして、それらは反知性なのか?

    上沼先生のブログにも、教会の男性集会で闇の話しをしようとしたら、そんな話しは教会にふさわしくないと信徒と牧師から遮られた経緯が書かれていた。
    それとは別にリヴァイバルジャパンにこれ以上村上春樹の事が掲載されれば、購読をやめるとした投書がきた。その二つともを僕はクリスチャンの無謬性が起こす反知性として捉えた。
    日本はユダヤ人がいる社会ではないが、こうした反知性が反ユダヤ的な思想に繋がると考える。
    男性集会に招いた牧師の話しを最後まで聞かずな姿勢は
    もしかすれば非クライスト的(アンチ・クライストとは別の意味)なのだろう。
    反知性は徐々にキリストから離れてしまう結果をもたらすのだろうと僕は思った。
    キリストの話しは最初は何を言っているのか分かりずらく、最後まで聞かないと理解出来ない。
    なので彼らは初代教会に居合わせたら間違いなく反知性な非キリストと言える者になると考える。

    確か2年前に、穏健派のクリスチャン、ハワード・シュルツが経営するスターバックスが米国のある牧師会からボイコットの対象とされた。理由は同性婚にスターバックスが賛同したからとの理由からだった。それと同時期に、韓国をコンサートツアーの為に訪れていたレディー・ガガが韓国の教会から猛抗議を受ける。理由は、彼女の奇抜なファッションが悪魔崇拝にあたるというものと、ガガがLGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー)に賛同した事への抗議だった。
    確かに旧約聖書レビ記ではLGBTな連中は異端として扱われるが、新約聖書でイエスは一切同性愛に触れてはいない。
    12使途や他の皆を分け隔てせず仲良く楽しく飲んで食べて嫌われ者のザアカイすら仲間に入れたのである。
    こうしたイエスを見ていると聖書の無謬性を信じ、人権を冒して差別し人を罰する行為こそ反知性であり反クライストだと思う。

    保守原理主義な考え方の信徒は沢山いて、過去にかなり手こずらされた。自己の信仰を人に押し付け、厚かましくも恩義せがましく、従わないと怒りをまき散らしながら強要して来る。
    要するに彼らはあとで請求書を送って来る良きサマリア人如きなのである。教会という人前じゃ、敬虔なクリスチャンを演じ、裏に回れば、自身の信仰の為なら人を犠牲にしても構わないという反知性な奴らである。
    日本にユダヤ人が少ないからといって反ユダヤ主義などないとはいえない。反ユダヤ主義の代わりにほぼ同じ役割の反知性が存在する。
    神はヨナの絶対的知性を使い、ニネベの街の異教徒の住人に伝えさせさせたが何時の時代にも蔓延る反知性にヨナの役割は常に必要なのだろう。

    最近の世俗はキリスト教に、どうも聖書に関心をもっているかのようで、数年前にスタイルマガジンのPenが突如、キリスト教を特集した。その号は即座に完売となり、リクエストからムックを出版社が発売する事になり、大型の書店では定本となって書店におかれている。
    そのベストセラーに便乗しようと別の出版社も同じ様に刊行した。最近ではエッセイスト中村うさぎ(パブテスト派)と佐藤優(カルヴィン派)が対談形式で聖書を語る本『聖書を読む』を出版している。
    あの整形女でブランド買いあさりな、歌舞伎町のホストに多額を貢いで、風呂にも入らず、料理もできず、部屋はゴミ屋敷で旦那はゲイで飲むとストリップするハレンチを売り物にする女流作家なのだが、作家の割には文章はあまり上手くはない。最近は整形のボトックス注射のやり過ぎで死にぎわまで迷い込んだしょうもないイカしてイカレタ女。
    かたや佐藤優は外交官時代に北海道選出の鈴木宗男議員に絡む背任容疑で逮捕された癒着な経歴を持つツラの皮の厚いヤツ。ふたりともクリスチャンらしくはないが、そこが大衆に受けたのだろう、この本が割と売れている。
    こうしたキリスト教正当派からはみ出たサブカルチャー(以降サブカルと省略)の連中が、最近聖書を語り出した。
    この本の第2章では村上春樹の『1Q84』とサリンジャーを読み、『新世紀エヴァンゲリオン』などから聖書を読み解こうとしている。

    僕が得意とする東欧の哲学者スラヴィオ・ジジェックの最近の書は、サブカルで聖書を解読している。
    これが面白い。
    例えば、アルフレッド・ヒッチコックのパニック大傑作『鳥』にはイザヤ書とエゼキエル書の英国教会の解釈が使われている。その2書に書かれている終末論に似た聖句が映画を見る人を恐怖に陥れる。
    巧妙な解釈と引用で聖書を洗脳のごとく擦り込ませてくるのである。
    こうした実験的な精神が今の牧師や信徒に足りないのだろう。
    だから牧師の本よりも中村うさぎが書く聖書の本が売れる。
    当然、彼女のネームバリューというものもあるのだろうが、
    肝心の話しが退屈であれば、このネット社会、口コミでは
    広がらない。元やくざの牧師やハリボテの十字架を抱えて巡礼した不良牧師もその場限りで忘れられた存在である。
    パフォーマンスだけで人を惹き付ける時代は終わって、広く現代文化から何かを探し求める時代にきているのだろう。なので雑誌Penのキリスト教特集は売れに売れて秘かな聖書ブームが大衆の間で起こっている。
    スタイルマガジンという概念を変えて挑んだPenの快挙である。しかし、教会はこうした挑みはしない。バイブルスタデイーは重要なのだけれど、聖書しか読んでない牧師の話しなんて、だれも聞きたがらない時代なのだ!
    古い信徒達に支えられているからかろうじて生かされているだけなのかもしれない。
    別に流行を追えという事をいっているのではなく、もっと広い知識での解釈とメタファーは必要だろう。
    レズビアンの思想家、故スーザン・ソンタグは大分以前のエイズ発生の恐怖の時代において、あの病気に対して,騒ぎ立てるのではなくメタファーの重要性を自著で解いていた。ああした素晴らしくも巧妙な知性が今のキリスト教に不足している。聖書と聖書関連の書物しか読んでないないクリスチャンは聖書の無謬性に頼る前にヨナの考察をもっと深く考えなければいけないと思う。
    文献学、聖書解釈学や法解釈学といった様々な個別解釈学の分野を超えて、日常言語までを含めた言語的所産の「理解」に関する原理についての一般解釈学の理論を提唱した解釈学は今後、必要とされるのだと思う。
    近年発見され、いまだに外典扱いを受けているトマスの福音書なんてかなりの多様性解釈で書かれている。あの福音書がホンモノかどうかは別にして、解釈の斬新さは学ぶべきなのだろう。

    イエスが12使途に示したエクスペリメンタルな方向性(実験的)を忘れ、保守な現行に満足して、神に媚びて聖書に従ったって、人間本来がヨナのように深く考えて行かないと、神は人類には満足はしないのだろう。ヨナの思考が、新約聖書の、のちのイエスへの橋渡しになったと考えると、頭の固い原理主義な牧師なんてお払い箱になって当然の時代なのだと思う。

    そうした人への当てつけな日本未公開の映画を見た。
    タイトルは「Religulous」で、2008年アメリカで制作され公開された。(米国のみDVD化されてます。)
    映画の内容は世界4大宗教のユダヤ教、キリスト教、イスラム教、モルモン教をおちょくるという内容で各宗派のラビ、司祭、牧師らとのインタビューで構成されている。
    敬虔で真面目な石頭の宗教者が見たら激怒する内容だが、しかし映画はよく出来ている。
    ただひとつの欠点は、病や飢えに苦しむ人たちの信仰心までは描かれてはいない事。
    僕が見た感じでは制作者側の配慮というか、そうした真に痛みと向き合う信徒には焦点はあてず、あえてバカな原理主義者をおちょくることに専念した怪作といえる。
    僕なんかはバチカンの外で司祭にインタビューする場面が一番面白く、どうみても堅物な司祭が実は超フランクで近代自由主義神学のフリードリッヒ・シュライアマハーのような対話式解釈で感情を中核とした信仰概念を把握しながら語って行くのは見事だった。退屈な牧師と信徒が居たかと思えば、彼のように聖書解釈が出エジプト記の大海が割れるが如くの説教をする凄い司祭もいるので、この辺は見過ごせない。
    またユダヤ教の高位なラビの携帯の着信音がレッド・ツエッペリンなのも大笑いした。(インタビューアーが絶句するシーンが最高!)
    監督は問題作『ポラット』と『ボブ・デイランの頭のなか』を撮ったラリー・チャールズ、制作はコロンバイン高校銃乱射事件のドキュメント『ボーリング・フォー・コロンバイン』を手がけたチャールズ・シスケルでキャストがスタンダップコメデイアンのビル・マーが毒舌ぶりを発揮している。現在、無神論者でバータリアンのビル・マーなのだが、彼の背景は母親がユダヤ教、父がカトリック教徒で子供の頃から日曜学校に通っただけあって,神論はかなり確かだ!
    聖書的にも神学的にも確かで手強く鋭い指摘をする。
    反対にバカなのは信徒の方で、ビル・マーの鋭い突っ込みに我らクリスチャンがいかに阿呆か?を思い知らされる内容は痛快だった。
    僕は腹を抱えて笑ったが、真面目な石頭の堅物はそうじゃないだろう。怒って当たり前の痛烈な一撃を喰らわせられる。
    トラッカードライバーの為に荷台のコンテナを改造した移動式教会での信徒ととのやり合いは一触即発な危険極まりなさで殴られて当然のビル・マーの毒舌ぶりは、我らクリスチャンが聖書の無謬性ばかりを信じた為に忘れてしまったキリストの本質を皮肉を込め伝えてくる。
    イエスの生まれかわりというプエルトリコ人ホセ・ミランダなる人物のインタヴュー場面では、ブライアン・デ・パルマ監督の映画『スカーフェイス』でアル・パチーノが演じたトニー・モンタナの台詞が使われる。
    「何いっているか、わかってんのか,このクズ野郎!」のシーンがビル・マーの反論として登場する。
    自らを救世主イエスの生まれ代わりと称するホセ・ミランダと我らクリスチャンは紙ひとえの存在なのかも知れない。
    実際、日本の教会でもホセのような阿呆な信徒と牧師は沢山いる。死んだらパーリー・ゲイツ(天国の門)をくぐりイエスの右の座にすわれると自己確信する阿呆なクリスチャンはあとを絶たない。
    自分は特別な存在なのだ!という威張り腐った態度と確信がどれだけの人を苦しめているのか、彼らは分かってない。
    自分の罪が許されて僕の罪を許さなかった牧師や信徒の話しを聞かされていると、彼らがすでに神の右の座を狙っているのが良くわかった。
    「自分こそ正しい。」という彼らの安っぽい野望はホセ・ミランダとほぼ同じである事をよ~~く考えて欲しい。
    この映画でも、ある信徒がこう証言する。
    「死ぬと神とともに居られる場所にいける。いまよりも良い場所に、、、、。」そこにビル・マーの突っ込みが入る。
    「なら、死んじゃえば、、。」である。

    私は当然、元が反体制なので天国なんて行けそうにないので、死んだら過去のよしみで断罪した彼らの背中を地獄の熱湯で流してやってもいいと考えている。
    「ほらみろ、だから言ったこっちゃない、、。」なのであり、地獄の炎に焼かれ全焼のいけにえ状態となりながら、お互いの罪の深さを認識するのである。
    「あんただけが正しいんじゃないんだよ!お互い様!!」である。
    この映画を見ていて一番に感じたことは、無神論者よりもアンチクライストなのは、我らクリスチャンじゃないかと言う気がしてきた。
    こんな事を書いているから原理主義者から「あなたは神を信じてない、、、。」とよく言われる。
    余計なお世話である。

    原理主義、反ユダヤ主義、反知性な頭の固い連中、もしくは聖書を自己正当化のアリバイとして使っている信徒は、いち度フロリダ、タンパにあるジーザースのテーマパークにでも行って頭を冷やして来たほうが良いのかも知れない。
    そこで、園内を歩くジーザースをつかまえて三位一体論を聞いてみるといいだろう。
    三位一体を液体(水)個体(氷)気体(蒸気)にわけて考えたロジックは、かなり優秀な神学論だと私は思った。

    1. 伊東さんへ、10日以上前にコメントをいただき、失礼をいたしました。最初の書き出し、「駄目なヤツは全て反ユダヤ主義に陥る」というニーチェの言葉、それでこちらの頭は占拠されてしまいました。ニーチェを読んでいています。ブログで出てくると思います。上沼

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中