「いまさらニーチェ?」2014年1月23日(木)

 まさに、いまさらニーチェと言いたくなるところです。まして 
は、「神の死」とか「反キリスト」というような、キリスト教を 
真っ向から否定するような過激な発言をしてわけですから、いまさ 
らニーチェを引き合いに出してくるところでもありません。しかし 
また、これほどキリスト教を直接に語っている哲学者もいません。 
ことあるごとにどこでもキリスト教を取り上げています。放ってお 
けないのです。

 こちらも放っておくことができないので、いままでになくまとめ 
てニーチェを読んでいます。何と言っても、ニーチェを哲学者と呼 
んで良いのか分からなくなります。カントやヘーゲルですとその哲 
学が体系的に書かれているので、大変なのですが、かじりついてい 
ると少し分かったような気になります。それに比べて、ニーチェは 
文明批評をしているのか、歴史分析をしているのか、戯曲を書いて 
いるのか、詩的哲学書を書いているのか、ともかくどのようなカテ 
ゴリーも気にしないで思いつくまま書いています。それでいて何か 
しっかりとしたものが貫いています。

 ともかく読んでいて、ニーチェはキリスト教が好きなのか、嫌い 
なのか、何とも言えなくなります。どうも、自分が生まれ育った西 
洋のキリスト教が虚偽を纏っていることに耐えられないで怒ってい 
るかのようです。キリスト教が本来の人間の力をそいでいると見て 
います。何か粋として生きているべき信仰が、ギリシャ哲学と融合 
することで、哲学的・形而上学的な抽象概念の体系になっているこ 
とに耐えられないようです。というのは、「神」がその体系の中に 
閉じ込められているからです。そのような「神」は死んだというの 
です。別の言い方では、本来の神のあり方を真剣に求めているのです。

 そうなると、「反キリスト」は誰かと自問しているところで、 
ニーチェが臆することなく、それは神学者であるといっていること 
に、なるほどと、ニーチェが言いたいことがここにあるのかと納得 
します。ギリシャ哲学を取り入れて身構えてきた西洋のキリスト教 
神学が、それで普遍性を身に着けたようでいて、キリストに反する 
ことになったと見ているのです。「誰が本当のクリスチャンなの 
か、それはただひとり、あの十字架にかけられた人」、とニーチェ 
はあっさりと言います。

 それではニーチェは本来のキリスト教を求めていたのか、あるい 
は、そのようなものを信じていたのかとなると、これも明確ではあ 
りません。むしろ、ギリシャ哲学以前の世界に視点をあわせたいよ 
うです。すなわち、プラトンに始まるイデアの世界とキリスト教の 
神の世界が混じり合う以前の世界を見ているようです。どうもプラ 
トニズムで西洋の堕落と、それに融合したキリスト教の堕落を見て 
いるようです。「キリスト教は民衆のためのプラトニズム」とまで 
言うのです。

 ともかくニーチェは、キリスト教を含めた西洋の文明全体を批判 
しながら、生きる力を模索していたところがあります。多分、キリ 
スト教の教義や教えがその力をそいでしまっていると見ているよう 
です。信仰に関わる教義や教えに人を閉じ込めてしまって駄目にし 
ていると見ています。嘘と虚偽と偽善、ニーチェを読んでいて、そ 
れはまさに多くの人がキリスト教に対して、クリスチャンに対し 
て、教会に対して持っている思いではないかと、はっとさせられます。

 そのように見ると、西洋でニーチェがいまだにというより、いつ 
も取り上げられる理由が分かります。ホロコストを経験した西洋の 
教会は文字通り死んでしまったのです。ニーチェが予告したとおり 
です。どのように再生させるか、まさに死活問題です。それはキリ 
スト教のことだけでなく、西洋の哲学そのものの死活問題です。

 そのように見ると、「いまさらニーチェ」なのですが、「いまだ 
にニーチェ」でさえあります。またそのように見ると、ニーチェの 
過激な発言も距離を置いて見ることができます。むしろとんでもな 
い問いをいただいていることになります。かなりの発想の転換をし 
ないとニーチェにはついて行けません。それでも、ついて行けると 
ころまでついて行くときなのでしょう。

上沼昌雄記

「宣教師」2014年1月13日(月)

 先週届いた雑誌Christianity Todayで、The World the 
Missionaries Madeという特集をしています。植民地政策がまだ残っ 
ている国々で植民地政策に否定的な宣教師たちの働きがその国に及 
ぼした影響を、長期にわたって調査した社会学者の研究を紹介して 
います。特にプロテスタントの宣教師で、愛と赦しの福音を説いて 
実践した働きが社会に及ぼした影響をグローバルに調査していま 
す。そこには当然、中国でのハドソン・テイラーの働きが入ってい 
ます。日本に関してはグイド・フルベッキが紹介されています。

 妻とその内容について話していたこともあって、過ぎる金曜日の 
晩に、妻がどこからか購入していた、例のアカデミー賞作品賞受賞 
作の『炎のランナー』の主人公エリック・リデルのドキュメンタリーの 
DVDを観ることになりました。電波が届かないのでテレビを観ること 
ができないのですが、折々にその時の雰囲気でDVDを観ています。

 ドキュメンタリーといっても関係者の証言が中心です。エリッ 
ク・リデルの長女の方も登場します。『炎のランナー』で1924 
年のパリでのオリンピックで劇的に金メダルを取ったところまでは 
分かっていたのですが、その後、両親と同じように宣教師として中 
国に渡ってからのことが結構詳細に紹介されています。日本軍が中 
国を占領してからエリック・リデルも収容所に閉じ込められます。 
献身的な愛と奉仕のゆえに、誰からも愛されます。その間カナダ出 
身の女性と結婚をして、ふたりのお嬢さんと3番目のお子さん 
が生まれる前の状態でしたが、 戦火が激しくなり、家族をカ 
ナダに帰しています。

 さらにその収容所に、中国内陸で宣教していた宣教師の子どもさ 
んたちが送り込まれてきます。その中に、後にその時のことを 
A Boy’s War という回顧録で書いたデイビッド・ミッシェル 
宣教師がいました。6歳から12歳まで親から離れて宣教 
師の子弟学校で過ごすのですが、後半は日本の占領下での収容所生 
活でした。エリック・リデルがそこで、先生として、コーチとし 
て、聖書研究の指導者としていました。皆に「エリックおじさん」 
と呼ばれて慕われていました。

 しかし、エリック・リデルは脳腫瘍に冒されて、終戦の6ヶ 
月前に収容所で召されます。家族がそれを知るのはその3ヶ月 
後となります。3番目のお嬢さんの顔を見ることができません 
でした。そのような事実を今回初めて知りました。長女の方は、父 
であるエリック・リデルが中国の残ったのは、親から離されている 
宣教師の子どもさんたちのためであったと述べています。

 エリック・リデルはその子どもさんたちに、敵のために祈ること 
を教え、実践しました。すなわち、日本軍と日本人のために収容所 
の中で一緒に祈ったのです。それで戦後、その子どもさんたちの中 
から、スティーブン・メティカフ宣教師とデイビッド・ミッシェル 
宣教師が日本で宣教活動をします。故郷前橋でスイスからの宣教師 
によって信仰を持って、大学で札幌に行ったときに出会ったのが、 
デイビッド・ミッシェル宣教師でした。

 妻がミッシェル宣教師の A Boy’s War の内容を覚 
えていて、さらにその後のことを知ります。1981年に『炎の 
ランナー』が公開されるのですが、その新聞記事を見て、ミッシェ 
ル宣教師がそれはまさにあのエリック・リデルのことだと分かり、 
家族全員で観に行ったというのです。そしてすぐにリデル未亡人の 
インタビューが新聞に載っていて、トロントの近くに住んでいるこ 
とが分かって訪ねたというのです。宣教のわざはどこかで輪が結ば 
れてきます。その後、ミッシェル宣教師は息子さんを連れて、何人 
かの関係者と先の収容所を訪ねる旅をしています。

 一度トロントにミッシェル宣教師ご夫妻を訪ねたことがありま 
す。しかし、ミッシェル宣教師は1997年のクリスマス・イブ 
の日に、交通事故で召されます。ミッシェル宣教師ご家族が札幌で 
過ごされたときのことを思い出します。その時に学内で始まった聖 
書研究会が今年で50年を迎えます。エリック・リデルの働き 
のひとつの実です。

 宣教師夫婦とその家族の犠牲と、それに伴う苦悩と喜びを身近に 
感じています。今週は、妻の両親が東京の多摩で20年にわ 
たって全勢力を使って築き上げた教会の中心メンバーであった方 
が、父の見舞いに海を渡って来てくれます。それに合わせて私たち 
もこれからロス郊外に向かいます。

上沼昌雄記

「隣人」2014年1月10日(金)

 隣人のために祈ることを生活に取り入れてから、その祈りがどこ 
かで聞かれているような経験をします。日常ほとんど隣人に会うこ 
ともないのですが、何かがあると、みな出てきて話が始まります。 
道の向こうの隣人といっても、すぐ向こうでなく、下っていった向 
こうで、その家も見えるわけではありません。彼らと知り合ったの 
は、2001年の夏に、彼らの家の向こうの峰で起こった山火事 
の時でした。同時多発テロの起こる前のことでした。

 山火事がどのような動きをしているのか、自分たちの方に向かっ 
てくるのかと心配をしながら、彼らの家の外で立ち話が始まりまし 
た。その時に分かったのが、その1週間前に彼ら夫婦が洗礼を 
受けたということでした。それから散歩の折などに話をするように 
なりました。牧師との意見が合わなくて、教会にも行かなくなって 
いる話も出てきました。銀行員なのですが、ワイルドライフが好き 
な人で、息子さんと鹿狩りにいった話もしてくれます。良く話をす 
る男性で善悪の明確な規準を持っていて、ルイーズもしっかりと対 
応しています。

 この1年ほど職を失った状態ですので、そのことも含めて 
祈っています。一度散歩のおりにルイーズが祈っていると伝えた 
ら、ことあるごとに「是非祈ってくれ」といわれるようになりまし 
た。しかし、教会に戻れるようにとは祈っていません。ただ家族に 
祝福があるように祈っています。

 12月の初めに雪と氷に閉じ込められたときがあります。ド 
ライブウエイはすぐに除雪をしましたのできれいになっていたので 
すが、道は雪と氷です。車を出していないことがすぐに分かりま 
す。それで3日目に郵便局とスーパーに彼の中型トラックで連 
れて行ってくれました。スーパーのあるところは小さな街なのです 
が、国道の脇にありますので、スタバがあります。買い物の後にそ 
こに入って、3人でしばらく話をしました。

 いまだに父親との葛藤があることは折々に聞いていました。その 
時に彼が話してくれたことは、ある牧師の態度が父親を思い出させ 
て駄目だというものでした。そういうこともあるのかと驚き、納得 
しました。父親が自分をコントロールしようとすることに、事ごと 
に反発して来たが、同時にそんな父親に認めてもらいたいと、正直 
に認めています。そのことを認めているので、彼の心は父親から独 
立しています。ひとり息子さんとは仲の良い友だちであり、良き父 
です。ルイーズはそのことを褒めています。

 一昨日は、敷地の中に樫の木が折れて、他の木の間に宙づりに 
なっているのがあって、彼にどのようにしたらよいのか相談しまし 
た。終わってドライブウエイで話が始まりました。幸い春のような 
陽気で外で立ち話が始まりました。結構深刻なものでした。という 
のは、クリスマスのような機会は、家族で会うのは避けられないの 
で、現実に直面させられるというのです。自分と妹さんは親に反発 
をしながら独立してきたが、弟さんは完全に親のコントロールのも 
とに置かれていて、家族まで駄目にしているというのです。

 I love my father, but I don’t like him. と何度 
も言います。そして、不思議にそのお父さんの父親のことにまで話 
が及んでいきました。すなわち、彼の祖父は、当時としては珍しい 
のですが、離婚をしたというのです。しかも、祖父が小さいときに 
10歳上の姉に家庭内暴力にあってきたというのです。そのような父 
親の下で彼の父が育ってきたのであれば、自分と自分の周りを何と 
かコントロールしながら生きるのは当然であると、彼も含めて3 
人とも納得しました。

 彼の中に大きな傷があります。それが教会生活にまで影響してき 
ます。しかし、彼はそれを隠さないで認めることができるので、父 
親の咎を自分の息子さんにまで及ぼさないでいます。それは神を信 
じる信仰のゆえであると、分かっています。信仰のゆえに父が嫌い 
であっても、愛しているのです。彼を通して祝福が家族全体に及ん 
でいくかもしれません。ともかく祈り続けていきたいと思います。

上沼昌雄記