「いまさらニーチェ?」2014年1月23日(木)

 まさに、いまさらニーチェと言いたくなるところです。まして 
は、「神の死」とか「反キリスト」というような、キリスト教を 
真っ向から否定するような過激な発言をしてわけですから、いまさ 
らニーチェを引き合いに出してくるところでもありません。しかし 
また、これほどキリスト教を直接に語っている哲学者もいません。 
ことあるごとにどこでもキリスト教を取り上げています。放ってお 
けないのです。

 こちらも放っておくことができないので、いままでになくまとめ 
てニーチェを読んでいます。何と言っても、ニーチェを哲学者と呼 
んで良いのか分からなくなります。カントやヘーゲルですとその哲 
学が体系的に書かれているので、大変なのですが、かじりついてい 
ると少し分かったような気になります。それに比べて、ニーチェは 
文明批評をしているのか、歴史分析をしているのか、戯曲を書いて 
いるのか、詩的哲学書を書いているのか、ともかくどのようなカテ 
ゴリーも気にしないで思いつくまま書いています。それでいて何か 
しっかりとしたものが貫いています。

 ともかく読んでいて、ニーチェはキリスト教が好きなのか、嫌い 
なのか、何とも言えなくなります。どうも、自分が生まれ育った西 
洋のキリスト教が虚偽を纏っていることに耐えられないで怒ってい 
るかのようです。キリスト教が本来の人間の力をそいでいると見て 
います。何か粋として生きているべき信仰が、ギリシャ哲学と融合 
することで、哲学的・形而上学的な抽象概念の体系になっているこ 
とに耐えられないようです。というのは、「神」がその体系の中に 
閉じ込められているからです。そのような「神」は死んだというの 
です。別の言い方では、本来の神のあり方を真剣に求めているのです。

 そうなると、「反キリスト」は誰かと自問しているところで、 
ニーチェが臆することなく、それは神学者であるといっていること 
に、なるほどと、ニーチェが言いたいことがここにあるのかと納得 
します。ギリシャ哲学を取り入れて身構えてきた西洋のキリスト教 
神学が、それで普遍性を身に着けたようでいて、キリストに反する 
ことになったと見ているのです。「誰が本当のクリスチャンなの 
か、それはただひとり、あの十字架にかけられた人」、とニーチェ 
はあっさりと言います。

 それではニーチェは本来のキリスト教を求めていたのか、あるい 
は、そのようなものを信じていたのかとなると、これも明確ではあ 
りません。むしろ、ギリシャ哲学以前の世界に視点をあわせたいよ 
うです。すなわち、プラトンに始まるイデアの世界とキリスト教の 
神の世界が混じり合う以前の世界を見ているようです。どうもプラ 
トニズムで西洋の堕落と、それに融合したキリスト教の堕落を見て 
いるようです。「キリスト教は民衆のためのプラトニズム」とまで 
言うのです。

 ともかくニーチェは、キリスト教を含めた西洋の文明全体を批判 
しながら、生きる力を模索していたところがあります。多分、キリ 
スト教の教義や教えがその力をそいでしまっていると見ているよう 
です。信仰に関わる教義や教えに人を閉じ込めてしまって駄目にし 
ていると見ています。嘘と虚偽と偽善、ニーチェを読んでいて、そ 
れはまさに多くの人がキリスト教に対して、クリスチャンに対し 
て、教会に対して持っている思いではないかと、はっとさせられます。

 そのように見ると、西洋でニーチェがいまだにというより、いつ 
も取り上げられる理由が分かります。ホロコストを経験した西洋の 
教会は文字通り死んでしまったのです。ニーチェが予告したとおり 
です。どのように再生させるか、まさに死活問題です。それはキリ 
スト教のことだけでなく、西洋の哲学そのものの死活問題です。

 そのように見ると、「いまさらニーチェ」なのですが、「いまだ 
にニーチェ」でさえあります。またそのように見ると、ニーチェの 
過激な発言も距離を置いて見ることができます。むしろとんでもな 
い問いをいただいていることになります。かなりの発想の転換をし 
ないとニーチェにはついて行けません。それでも、ついて行けると 
ころまでついて行くときなのでしょう。

上沼昌雄記
広告

“「いまさらニーチェ?」2014年1月23日(木)” への 2 件のフィードバック

  1.  ニーチェの本気と狂気には実は罠がある。
    オーファンベックはニーチェの狂気が偽装ではないかという気がした。「これまで、どの精神錯乱者についても、僕は同じ様な印象を持った。おそらく愛もそのようなものなもかもしれない。半分は偽装なのだ!」
    ニーチェの隣人愛批判に対してのオーファンベックの意見は
    ニーチェをどう考えるか?に役立つ。

    そして、その狂気の罠にまんまとはまったのが、国粋主義の三島由紀夫氏である。
    三島由起夫はニーチェを散々引き合いに出してニーチェの狂気に引きずり込まれ、バタイユの死の薫りに憑かれてゆく。
    ナルシシズムから殉教の聖セバスチャンになってみたり、様々な試行錯誤を繰り返し、自決にたどり着く。
    その反対にニーチェの本気を常に引き合いに出して語ったのがアルベルト・カミユで、カミユは1948年フランスカトリック教会と真っ向から対談に望む。その結果「自国の教会の腹には力がない」として嘆き、彼は反抗的人間でありながらも、イエスの深い傷を探し求め、真っ暗な深い闇の中で探し当てる。
    死後、娘と編集者が見つけた日記に信仰の本気が隠されていた。  
    のちに、彼の本気な批判が伝わり、コレージュ・ド・フランスでの講義でミッシェル・フーコーが述べるフランスカトリック教会批判は、フランス合理主義な的確性で,目から鱗の驚異として批判の素晴らしさを我々に残していった。
    日本の教会じゃ批判というものを嫌うが、批判があって始めて信仰にリアリテイーが生じると僕は考える。
    果たしてニーチェのキリスト教批判がこうしたものかどうかはわからないが、今でも読まれるニーチェの本気と狂気は十分に考えて差し支えないだろう。                         
    そしてアルベルト・カミユはこう述べている。
    正義について、、、。こっぴどく怒られた時から正義を信じなくなった男。同じく僕がキリスト教に対して批判したのはそれが、不正の教義であることだったからである。
       『反抗的人間』第3章  アルベルト・カミユ

    なことで、以下は著名な方々のキリスト教批判。
    他人に成り済ました他者じゃなく自身に語りかけると良く理解出来る名言集のほんの一部。

    断頭台の斧の様な信仰、いかにも重く、いかにも軽い。
                フランツ・カフカ

    キリスト教徒の存在は神がいないことを証明する。
                ルイ・スキュトネル

    神が存在するか?それは彼の問題だ!
              1968年ソルボンヌ大学構内の落書き

    信仰は山をも持ち上げる。その通り、愚行の山を、、。
                アンドレ・ジッド  

    至る所に、これほどの悲惨があるのをみると、私は神がお金に困っているのではないかと思う。彼は確かに外見を繕ってはいるが、内実は困っているのが感じられる。
                ヴィクトル・ユーゴ

    宗教において全ては真実である。説教を除いては、すべて善である。司祭を除いては、、。 
                『プロポⅡ』アラン
    神が死ねばすべては許される。
    今の教会には残酷さだけが、取り残された。
                 ドストエフスキー

    殉教は才能のない者が有名になる唯一の手段である。
    殉教者は忘れられるか、利用されるかのどちらかを選ばなくてはならない。
    献身ー自分を売る事は成功するが、身を捧げることには成功しない。
                 アルベルト・カミユ

    神はもし、突然、彼が人間に課している生を生きる様に命じられたら自殺してしまうだろう。
                 アレキサンドル・デユマ

    イエスは誰かの罪の為に死んだ!でもそれは私の罪じゃない。           パテイー・スミス

    (信仰を道徳と勘違いしている人へ)道徳的とは脳みその弱さである。
                『地獄』アルチェール・ランボー

    神はあまりに完全なので自分自身のことしか考える事はできない。          アリストレテス

    私ほどのいい加減なクリスチャンが言うのもなんだけど、自身の信仰の美化もしくは、正当化しない為にもこうした批判に常に聞き耳を立てるべきだと思う。
    それがキリスト者たるもののすべきことだと私は考える。

    1. 伊東さんへ、ニーチェを取り巻く動きを紹介してくださり、ありがとうございます。こちらも勝手にニーチェを読んで、続きを書いて、今日発信をしました。このブログで読んでコメントをください。寒い中お元気でいてください。上沼

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中