「宣教師」2014年1月13日(月)

 先週届いた雑誌Christianity Todayで、The World the 
Missionaries Madeという特集をしています。植民地政策がまだ残っ 
ている国々で植民地政策に否定的な宣教師たちの働きがその国に及 
ぼした影響を、長期にわたって調査した社会学者の研究を紹介して 
います。特にプロテスタントの宣教師で、愛と赦しの福音を説いて 
実践した働きが社会に及ぼした影響をグローバルに調査していま 
す。そこには当然、中国でのハドソン・テイラーの働きが入ってい 
ます。日本に関してはグイド・フルベッキが紹介されています。

 妻とその内容について話していたこともあって、過ぎる金曜日の 
晩に、妻がどこからか購入していた、例のアカデミー賞作品賞受賞 
作の『炎のランナー』の主人公エリック・リデルのドキュメンタリーの 
DVDを観ることになりました。電波が届かないのでテレビを観ること 
ができないのですが、折々にその時の雰囲気でDVDを観ています。

 ドキュメンタリーといっても関係者の証言が中心です。エリッ 
ク・リデルの長女の方も登場します。『炎のランナー』で1924 
年のパリでのオリンピックで劇的に金メダルを取ったところまでは 
分かっていたのですが、その後、両親と同じように宣教師として中 
国に渡ってからのことが結構詳細に紹介されています。日本軍が中 
国を占領してからエリック・リデルも収容所に閉じ込められます。 
献身的な愛と奉仕のゆえに、誰からも愛されます。その間カナダ出 
身の女性と結婚をして、ふたりのお嬢さんと3番目のお子さん 
が生まれる前の状態でしたが、 戦火が激しくなり、家族をカ 
ナダに帰しています。

 さらにその収容所に、中国内陸で宣教していた宣教師の子どもさ 
んたちが送り込まれてきます。その中に、後にその時のことを 
A Boy’s War という回顧録で書いたデイビッド・ミッシェル 
宣教師がいました。6歳から12歳まで親から離れて宣教 
師の子弟学校で過ごすのですが、後半は日本の占領下での収容所生 
活でした。エリック・リデルがそこで、先生として、コーチとし 
て、聖書研究の指導者としていました。皆に「エリックおじさん」 
と呼ばれて慕われていました。

 しかし、エリック・リデルは脳腫瘍に冒されて、終戦の6ヶ 
月前に収容所で召されます。家族がそれを知るのはその3ヶ月 
後となります。3番目のお嬢さんの顔を見ることができません 
でした。そのような事実を今回初めて知りました。長女の方は、父 
であるエリック・リデルが中国の残ったのは、親から離されている 
宣教師の子どもさんたちのためであったと述べています。

 エリック・リデルはその子どもさんたちに、敵のために祈ること 
を教え、実践しました。すなわち、日本軍と日本人のために収容所 
の中で一緒に祈ったのです。それで戦後、その子どもさんたちの中 
から、スティーブン・メティカフ宣教師とデイビッド・ミッシェル 
宣教師が日本で宣教活動をします。故郷前橋でスイスからの宣教師 
によって信仰を持って、大学で札幌に行ったときに出会ったのが、 
デイビッド・ミッシェル宣教師でした。

 妻がミッシェル宣教師の A Boy’s War の内容を覚 
えていて、さらにその後のことを知ります。1981年に『炎の 
ランナー』が公開されるのですが、その新聞記事を見て、ミッシェ 
ル宣教師がそれはまさにあのエリック・リデルのことだと分かり、 
家族全員で観に行ったというのです。そしてすぐにリデル未亡人の 
インタビューが新聞に載っていて、トロントの近くに住んでいるこ 
とが分かって訪ねたというのです。宣教のわざはどこかで輪が結ば 
れてきます。その後、ミッシェル宣教師は息子さんを連れて、何人 
かの関係者と先の収容所を訪ねる旅をしています。

 一度トロントにミッシェル宣教師ご夫妻を訪ねたことがありま 
す。しかし、ミッシェル宣教師は1997年のクリスマス・イブ 
の日に、交通事故で召されます。ミッシェル宣教師ご家族が札幌で 
過ごされたときのことを思い出します。その時に学内で始まった聖 
書研究会が今年で50年を迎えます。エリック・リデルの働き 
のひとつの実です。

 宣教師夫婦とその家族の犠牲と、それに伴う苦悩と喜びを身近に 
感じています。今週は、妻の両親が東京の多摩で20年にわ 
たって全勢力を使って築き上げた教会の中心メンバーであった方 
が、父の見舞いに海を渡って来てくれます。それに合わせて私たち 
もこれからロス郊外に向かいます。

上沼昌雄記
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中