「隣人」2014年1月10日(金)

 隣人のために祈ることを生活に取り入れてから、その祈りがどこ 
かで聞かれているような経験をします。日常ほとんど隣人に会うこ 
ともないのですが、何かがあると、みな出てきて話が始まります。 
道の向こうの隣人といっても、すぐ向こうでなく、下っていった向 
こうで、その家も見えるわけではありません。彼らと知り合ったの 
は、2001年の夏に、彼らの家の向こうの峰で起こった山火事 
の時でした。同時多発テロの起こる前のことでした。

 山火事がどのような動きをしているのか、自分たちの方に向かっ 
てくるのかと心配をしながら、彼らの家の外で立ち話が始まりまし 
た。その時に分かったのが、その1週間前に彼ら夫婦が洗礼を 
受けたということでした。それから散歩の折などに話をするように 
なりました。牧師との意見が合わなくて、教会にも行かなくなって 
いる話も出てきました。銀行員なのですが、ワイルドライフが好き 
な人で、息子さんと鹿狩りにいった話もしてくれます。良く話をす 
る男性で善悪の明確な規準を持っていて、ルイーズもしっかりと対 
応しています。

 この1年ほど職を失った状態ですので、そのことも含めて 
祈っています。一度散歩のおりにルイーズが祈っていると伝えた 
ら、ことあるごとに「是非祈ってくれ」といわれるようになりまし 
た。しかし、教会に戻れるようにとは祈っていません。ただ家族に 
祝福があるように祈っています。

 12月の初めに雪と氷に閉じ込められたときがあります。ド 
ライブウエイはすぐに除雪をしましたのできれいになっていたので 
すが、道は雪と氷です。車を出していないことがすぐに分かりま 
す。それで3日目に郵便局とスーパーに彼の中型トラックで連 
れて行ってくれました。スーパーのあるところは小さな街なのです 
が、国道の脇にありますので、スタバがあります。買い物の後にそ 
こに入って、3人でしばらく話をしました。

 いまだに父親との葛藤があることは折々に聞いていました。その 
時に彼が話してくれたことは、ある牧師の態度が父親を思い出させ 
て駄目だというものでした。そういうこともあるのかと驚き、納得 
しました。父親が自分をコントロールしようとすることに、事ごと 
に反発して来たが、同時にそんな父親に認めてもらいたいと、正直 
に認めています。そのことを認めているので、彼の心は父親から独 
立しています。ひとり息子さんとは仲の良い友だちであり、良き父 
です。ルイーズはそのことを褒めています。

 一昨日は、敷地の中に樫の木が折れて、他の木の間に宙づりに 
なっているのがあって、彼にどのようにしたらよいのか相談しまし 
た。終わってドライブウエイで話が始まりました。幸い春のような 
陽気で外で立ち話が始まりました。結構深刻なものでした。という 
のは、クリスマスのような機会は、家族で会うのは避けられないの 
で、現実に直面させられるというのです。自分と妹さんは親に反発 
をしながら独立してきたが、弟さんは完全に親のコントロールのも 
とに置かれていて、家族まで駄目にしているというのです。

 I love my father, but I don’t like him. と何度 
も言います。そして、不思議にそのお父さんの父親のことにまで話 
が及んでいきました。すなわち、彼の祖父は、当時としては珍しい 
のですが、離婚をしたというのです。しかも、祖父が小さいときに 
10歳上の姉に家庭内暴力にあってきたというのです。そのような父 
親の下で彼の父が育ってきたのであれば、自分と自分の周りを何と 
かコントロールしながら生きるのは当然であると、彼も含めて3 
人とも納得しました。

 彼の中に大きな傷があります。それが教会生活にまで影響してき 
ます。しかし、彼はそれを隠さないで認めることができるので、父 
親の咎を自分の息子さんにまで及ぼさないでいます。それは神を信 
じる信仰のゆえであると、分かっています。信仰のゆえに父が嫌い 
であっても、愛しているのです。彼を通して祝福が家族全体に及ん 
でいくかもしれません。ともかく祈り続けていきたいと思います。

上沼昌雄記
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中