「風景と『ある』」2014年2月26日(水)

 この日曜日に長男義樹が仕事の関係のカンファレンスでサンフラ 
ンシスコに来ました。夕方飛行場に迎えに行って、サンフランシス 
コ湾の桟橋で一緒に食事をしました。その夜私たちは対岸の八木沢 
さん宅に泊めていただきました。そのために新しくできたベイブ 
リッジを始めて自分の運転で行き来しました。ベイブリッジは二つ 
の部分からできていて、オークランドとトレジャーアイランドの間 
を長い年月をかけて新しくしたのです。トレジャーアイランドとサ 
ンフランシスコの間はそのままです。

 八木沢さんのお宅は対岸の高台にあって、サンフランシスコ湾が 
一望のうちに眺められます。この新しくできたベイブリッジの吊り 
橋の部分がライトアップされて浮かび上がっていました。今までに 
ない景色です。翌朝もその景色をじっと眺めました。古いベイブ 
リッジは黒い鉄骨で出来ていて、遠くからは見極めることができま 
せんでした。新しいベイブリッジは白く、また以前のものより脚柱 
も高く、橋の存在をしっかりと見極めることができます。風景が変 
わりました。

 今回義樹に会う前にメールで、レヴィナスが「他者」を取り入れ 
るときに、自分のアイデンティティーはどうなるのかということに 
ついてやり取りをしました。まさにその通りでレヴィナスもそのこ 
とについて真剣に取り上げています。そんなことがあってレヴィナ 
スは「他者」をどのように取り上げることになったのかを知りたく 
て、初期のものを読み直しています。

 「すべては空しいか」と「ある」という二つの論文が戦後すぐ 
1946年に書かれています。帰化したフランス軍に従軍してすぐにド 
イツ軍の捕虜になり、4年間の捕虜収容所から帰還し、故郷リ 
トアニアの家族がほとんどナチスによって殺されたことを知ったと 
きに書かれたものです。荒廃したヨーロッパの地に「生き残り」し 
かも「明日も生きなければならない」という現実の中で、目の前の 
風景は全く変わっていながら、なお自分が存在し、大地が存在して 
いることに恐怖を覚えるのです。どんなことがあっても、自分とは 
関係なしに存在している「ある」と言うことに目を見張るのです。

 戦争の後、大惨事の後、災害の後、風景は一変してしまいます。 
サンフランシスコの風景が変わるとは比較にならないことです。そ 
れでもそこに「ある」は変わることなくあります。どんなに惨めに 
思っても自分は生き残り、明日も生きていかなければならないので 
す。自分とは関係なしにそこに「ある」事実です。まさに自分とは 
関係のない「他者」があるのです。その「ある」ことに恐怖を覚え 
るのです。無への恐怖ではなく、存在への恐怖です。この点でレ 
ヴィナスはハイデガーを反転するのです。ハイデガーにとっては死 
への恐怖ですが、レヴィナスにとっては存在への恐怖です。手の届 
かない「他者」への恐怖です。

 レヴィナスはそれを「夜の恐怖」と表現します。昼間自己を守 
り、自己を主張し、自己を着飾っていても、夜には守るべき、主張 
すべき、着飾るべき自己を脱ぎ去り、裸になり暗闇のなかに横たわ 
ります。寝られない夜に目覚めているのは自分ではなくて、夜自身 
である、とレヴィナスは言います。寝ていても夜自身は目覚めてい 
るかのような表現です。昼には名があり、自己があります。しか 
し、夜は無名であり、匿名です。昼には自分の仕事があり、立場が 
あり、地位があります。そして、死への恐怖が襲ってきます。しか 
し、夜には自分の肩書きも意味を失います。ただ「ある」が夜のと 
ばりの中で迫ってきます。そして、存在への恐怖が覆ってきます。

 そんな夜をユダヤ人として経験したレヴィナスにとって、それは 
自分だけのことではなくて、自分たちの先祖の歩みでもあります。 
ホロコストがあっても無神論になることはないのです。ユダヤ人哲 
学者であるレヴィナスは、神を語らないでなお語っています。「あ 
る」ことが他者によって成り立っているときに、それは自分の意に 
反して起こることです。それゆえに、どのようなことが起こっても 
当然として受け止めます。「自己に反して」生きることです。それ 
ではアイデンティティーはどうなるのか、息子からいただいた問い 
が夜のとばりの中で響いてきます。

上沼昌雄記
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中