「士師記19章は?」2014年3月13日(木)

士師記を読んで「なぜ」という問いが深まります。それは神への疑問ではありません。むしろ神のなされることへの理解の深まりです。このように前回のサムソンに関してのウイークリー瞑想で書きました。読み続けていくうちに、その思いは解消されるより、深まります。こちらが納得できるかたちではないのですが、それが神の民の歩みであり、神の取り扱いなのだと受け止める以外にないのです。

サムソンの記述の後、17章と18章で、エフライムの
山地の出のミカの家で作られた彫像と鋳像とエポデとテラフィムを
中心とした物語が記されています。偶像がイスラエルの民の生活の
一部のようになっています。そして19章で、さらに信じられ
ないことが記されています。どのようなことが起こったのか、記す
のも憚るようなことです。このようなことが神の民の中で起こりう
ることなのかと、言いたくなるようなことです。これが聖書なのか
と、言いたくなるようなことです。

エフライムの山地の奥に滞在していたひとりのレビ人が、ユダの
ベツレヘムの女をそばめとして囲っていました。女がそれを嫌って
父の家に帰ってしまいます。それを迎えに行き、その帰りに立ち
寄ったベニヤミン族の町で起こったことです。町のならず者たちが
この男を求めて来るのです。男色を求めるのです。その代わりにこ
のレビ人は、自分のそばめを差し出します。そして「彼らは彼女を
犯して、夜通し、朝まで暴行を加え、夜が明けるころ彼女を放した」(25
節)と言うのです。

次の日このレビ人は、息の絶えていた彼女をろばに乗せて自分の
ところに帰ります。そしてその死体を12の部分に切り分け
て、イスラエルの国中に送るのです。それを見た一同が「イスラエ
ル人がエジプトの地から上ってきた日から今日まで、こんなことは
起こったこともなければ、見たこともない。このことをよく考え
て、相談をし、意見を述べよ」(30節)というのです。

明らかに似たことが創世記19章のソドムの町で起こってい
ます。そこに住みついていたアブラハムの甥のロトのところに滞在
していたふたりの御使いに、町のものたちが「彼らをよく知りたい
のだ」といって求めます。同じようにロトは自分の娘を差し出そう
とするのですが、ふたりの御使いに助け出されます。そして結果と
して、ロトの家族はソドムから逃れることができます。

士師記もそれに続く20章と21章で、ベニヤミン族へ
のさばきと救済の物語が続きます。当然ベニヤミン族の出身である
パウロは、自分たちの先祖に起こったことは知っていたわけです。
その上であのローマ書3章の初めのパウロの陳述が浮かび上
がってきます。「彼ら(イスラエル人)のうちに不真実な者があっ
たら、その不真実によって、神の真実が無に帰することになるので
しょうか、絶対にそんなことはありません。たとい、すべての人を
偽り者としても、神は真実な方であるとすべきです。」(3,4
節)

士師記のこの前後で「そのころ、イスラエルには王がいなかく、
めいめいが自分の目に正しいと見えることを行っていた」(21:
25,17:6,18:1,19:1)
と繰り返し記されています。しかし現実は、王が与えられても同じ
ようなことが繰り返されています。新約の時代になったら解決して
いるわけではありません。それは今でも、教会でも神学校でも繰り
返されています。パウロはその現実を受け止めています。自分の先
祖の歩みであり、自分たちの歩みなのです。

教会はしばしば、聖書からきれいな理想的な世界を築いて、こう
すれば大丈夫というテキストを作ってきました。それに従って信徒
を指導し訓練すれば問題は起こらないと思っています。現実にそう
でないことが起こると、うろたえてしまいます。信仰から離れてし
まうこともあります。多くの若い人たちはそれで親の信仰から離れ
ています。

士師記というか、旧約聖書の世界は、それに比べると何とも図々
しい生き方をしています。当然何をしても良いと言うことではあり
ません。どのようなことが起こっても神の民であることを辞めるこ
とはないのです。どのようなことが起こっても神の民として生きる
のです。

神の民の現実は、神にとっても現実です。神はそれを隠さないで
記しています。記すことで神の民の記憶に留めています。神がそれ
を知っておられるという記憶です。その記憶は私たちの意識を断絶
して届いてきます。思い出したくない現実です。しかし士師記19
章で、これ以上の悪いことはかつてなかったといわれているので、
それ以来どのようなことでも確実に神の現実として受け止めるので
す。きれい事の世界ではないのです。負いきれないことですが、神
の民の現実です。そして神にとっての現実は、私たちを責任ある者
として生かします。

上沼昌雄記

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中