「お花見」2014年4月14日(月)

 思いがけなく花見をすることができました。日本の桜前線は東北 
を北上しているようですが、ここ首都ワシントン近くのベテスダに 
あるワシントン日本人キリスト教会の集会に使われているベテスダ 
長老教会の庭に、満開の桜が咲いていました。礼拝が午後2時 
に行われています。早めに着いたのですが、正面の入り口は閉まっ 
ていてどこからはいるのか分からないで妻と佇んでいました。それ 
が満開の桜の下でした。幹を眺めると結構の年輪を経ていることが 
分かります。入口を捜しに裏に回ったなら、この教会の牧師の上原 
隆先生の奥様がフェローシップフォールの入り口で待っていてくれ 
ました。その間妻は満開の桜の下で感激にしたっていました。

 上原先生とはしばらくぶりにお会いしました。義樹がアナポリス 
の海軍兵学校にいたときに伺いました。義樹自身もジョージタウン 
大学でのマスターの学びのために上原先生のお宅にお世話になりま 
した。先生はつい最近キモセラピーの治療が始まりました。8 
月まで続くようです。体長の管理と維持、そして回復のために祈ら 
されます。近くでしたらお助けしたい思いです。

 上原先生の印象は神様への誠実さです。神様から与えられた使命 
への誠実さです。与えられた群れがどのようになろうとも民と共に 
神への礼拝を第一にしています。首都ワシントンの関わりで政府関 
係者や、近くにアメリカの医療研究の総元締めのようなNIHが 
あり、その関係の研究者が入れ替わり先生の教会で養われて、日本 
に戻って大きな働きをしています。日本でのワシントン日本人キリ 
スト教会の関係者の群れは一大勢力になっています。そのような人 
たちを送り出す働きを誠実に続けておられます。先生は私より年配 
なのですが、ワープロとコンピュータの使い方をマスターされて、 
週報と写真入りの「ポトマック便り」を送ってくれます。飾らな 
い、それでいて読み応えのある記事に溢れています。

 礼拝後茶菓をいただきながら、ただただ送り出すような働きをし 
てこられたのですが、一番祝福されたのは自分であると述懐されま 
した。群れが大きくなるわけでもありません。しかし先生が関わっ 
てこられた方たちがそれぞれのところで大きな花を咲かせ、実を結 
んでいます。礼拝後報告の時に、始まったばかりのキモセラピーの 
治療のことを隠さないで話されました。体力的に厳しいところを通 
らされます。そのような先生の姿を拝見させていただきながら、こ 
の教会の正面で満開に咲いている桜の木の幹が思い浮かんできまし 
た。あちこちこぶだらけのごつごつした幹です。桜は見事ですが、 
幹はその花を咲かせるために生みの苦しみをしているかのようです。

 まもなく桜前線は弘前に到着するのだと思います。季節外れだっ 
たと思いますが、弘前城の桜の木を観ることができました。その幹 
の凄さに感動いたしました。生みの苦しみを何百年とうちにため込 
んでじっとしているのです。年ごとにその時が来たらその実を眺め 
て、自分の使命を確認しているかのようです。

 今回義樹の友人の結婚式が4月5日(土) 
に海軍兵学校のチャペルであり、それに招かれて、昨年ダラスから 
ワシントン郊外に移った義樹家族と近くにいる泉を訪ねて、しばら 
く滞在することができました。花見は想定外でした。ポトマック川 
の桜も車から眺めることができました。そして満開の桜の下で妻と 
佇んでいたときに、目の前にそれこそじっとして佇んでいるその桜 
の幹に、忘れられない印象をいただきました。

上沼昌雄記
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中