「クリスチャンと格闘技」2014年5月5日(月)

 クリスティアニティー・トゥデイの4月号は、N.T.ラ 
イトを表表紙に載せ、Surprised by Wright という特集記事 
を載せています。N.T.ライトを無視してキリスト教は語れな 
いという現実を物語っています。それだけでも興味があるのです 
が、別の記事でボクシングとその関係の格闘技を取り上げていま 
す。格闘の写真も載せているので、多分興味本位で書かれているの 
だと思ってそのままにしておきました。しかし、妻が読んでニー 
チェのことが言及されているというので、目を通すことになりました。

 記事は何と大学の哲学の教授で、しかもプロのボクシング・ト 
レーナーという人が書いています。その組み合わせ自体にも興味を 
覚えます。またそのような人がいることと、そのような記事を取り 
上げていることに、目を見張らされます。以前のクリスティアニ 
ティー・トゥデイはどこかで取り澄ましたところがあったのです 
が、脱皮してきているのかも知れません。別の記事では、少年時代 
に近所の男の子に性的暴力を受けことのトラウマで苦しんできたあ 
るコラムニストのことを載せています。

 スポーツとはいえ、相手を打ちたたいてマットに沈めていくの 
は、すでにクリスチャンのすべきことではないし、観るべきでもな 
いという雰囲気があります。しかしこの記事で、クリスチャンのボ 
クサーのことを紹介して、その相手同士が、自分のうちにある恐れ 
と怒りを自分のうちに集中させて、ぶつかり合っていくことで、逆 
に互いに対して敬意を覚え、謙虚にさせられるという指摘をしてい 
ます。ただリングの上のふたりが、まさに裸体で全面的に自分を打 
ち出してぶつかっていくのです。それを経験した人が、自分の限界 
を知り、他の人に対してへりくだって接していくというのです。

 小学5年生から高校を終わるまで柔道をしていました。誰も 
信じてくれないかも知れませんが、初段で黒帯をいただいていま 
す。ボクシングと柔道は違うのですが、記事を読んで、自分のうち 
にある恐れと怒りを体内に集中させて相手に向かっていく、その感 
覚がよみがえってきました。そのエネルギーは相手を打ち負かすこ 
とで、あるいは打ち負かされることで、見事に発散されます。そし 
て自分を知って引き下がります。

 そのような件の中でニーチェのことが出てきます。誰もが怒りと 
フラストレーションを持つのであるが、ニーチェのキリスト教批判 
の一つは、クリスチャンがそのような怒りに対して触れることがで 
きなくなっていることだと言います。確かにそのような感情を持つ 
こと自体が罪のように思わせ、良心の疚しさを駆り立てて、ただ赦 
しを願い、後は何もなかったように振る舞う姿勢に、ニーチェは嫌 
悪感に近いものを持っています。多くの人はそのようなクリスチャ 
ンの偽善性を見抜いて信仰から離れています。

 それで不思議に、村上春樹の『ねじまき鳥クロニクル』の第1 
部の終わりに描写されている「皮剥」のことを思い出しました。皮 
を一枚一枚はいで、死に至らせる場面です。その場面をもう一度読 
んでみました。どうしてそのような残虐なことをあえて書く必要が 
あるのかと思わされます。しかし今は、それは小説の流れとして必 
要なことだと分かります。妻にその件を話しました。納得したようです。

 神がアブラハムと契約を結んだときに、雌牛と雌やぎと雄羊と山 
鳩が持ってこられ、アブラハムがそれらを真っ二つに切り裂いてい 
く場面があります。当時の契約のしるしとして、両方の当事者がそ 
の間をくぐって、契約が不履行になったときにはそのようになると 
いう意味合いがあるようです。その後アブラハムが深い眠りに陥 
り、子孫が異国の地で400年間奴隷となり、その後解放される 
ことを予告しています。現実にこの後の神の民のそむきと、神の取 
り扱いは、裂かれた動物の間を通っているような歩みです。フラス 
トレーションと怒りの連続です。聖書はその感情を隠さないで出し 
ています。そのようなものがないかのようには振る舞っていません。

 ヘビー級の王者に二度輝いたジョージ・ファーマンが、ボクシン 
グは若者を暴力から遠ざけると言っていると紹介されています。彼 
自身ボクシングを通して信仰を持っただけでなく、後には牧師にも 
なっています。クリスチャンはフラストレーションも怒りもないか 
のように振る舞うのですが、実質的には陰湿な行為に出ることが良 
くあります。ヨナのように神に怒りをぶつけて、自分との闘いを済 
ませて、後は神のわざに責任を持って取りかかる時です。そして、 
ヨシュアのように「強く、雄々しく」前進する時です。

上沼昌雄記
広告

“「クリスチャンと格闘技」2014年5月5日(月)” への 3 件のフィードバック

  1. 題: 皆で・・悔い改めて下さい。
        伝搬して・・いなかったなら・・
    …(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい)
    .
     もし、ヨーロッパに・・、
     キリスト教が伝わっていなかったなら・・、

     世界は、本当に、本当に、平和な時代が続いただろう。
     キリスト教の・・『殺戮の宗教の伝搬』が・・伝わっていなかったら・・、ヨーロッパも・・すべての地も・・
     戦争に満ちた地に・・ならなかっただろう。
     一神教と言うが・・実は、多神教の・・見せかけの一神教の・・その気持ちだけでいる・・キリスト教が、

     その生まれた地の・・、砂漠の飢餓の地の・・、
     奪い取りをしなければ・・相手を殺さねば・・そうして生存せねばならない地の・・
     その精神に染まった宗教=キリスト教が・・伝わらなければ・・、
     魔女にされた女性の方々も・・無駄な・・無念の死を・逃れる事が出来ただろう、逃れられただろう・・。
     当然・・、

     南米・中米・北米メキシコ、および、それらの離島のインディオスの方々も・・、
     1000万人以上に及ぶという・・筆舌につくせぬ多くの方々も、死なずに、死なないで・・済んだだろう。
     また、ユダヤの方々も・・悲惨な死を免れただろう。
     あらゆる時代を通して、また、あらゆる場所において、
     『イエスの呪いの言葉』によって・・悲惨な死の事態に巻き込まれ、追い込まれたユダヤの方々・・、
     逃げまどい、そうしても、殺され、殺戮されたユダヤの方々の姿も・・なかったであろう。
     オーストラリアのアボリジニの方々も・・虐殺を免れ、動物狩りの様に撃たれ・・死に・・そして・・絶滅の時を迎えている・・その様な事にならずにも済んだだろう。(つづく)
    .
    ..  (詳しくは、以下のブログへ)
    http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009 /

    1. わたくしページ管理をしています橋本と申しますが、上沼先生はこのページへのアクセスの仕方が苦手のようですので申し訳ありませんが、Email にて連絡をとっていただけると幸いです。KH

      1. ウェブ担当の橋本ともうします。上沼先生にはコメントを見るようにお伝えしているのですが、見ていないようですので、直接メールで送っていただけると助かります。お手数をおかけしますが宜しくお願い致します。

        橋本

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中