「雅歌、再び」2014年7月28日(月)

 あるディボーション関係の雑誌から雅歌の箇所の執筆を頼まれ、 
この数週間思い巡らし、まとめています。かつて2006年に 
「雅歌に見る男女の対話」ということで、『夫婦で奏でる霊の歌』 
を出しました。もう一度、雅歌が私たちプロテスタントの福音派 
で、結構安易に無視されていることに、どうしたものかと思案して 
います。

 ひとつには、雅歌には「神」の名も出ていなくて、男女の相聞歌 
のかたちをとっていて、それで神と民との愛の歌を比喩的な表現で 
しているからです。文字通りの聖書解釈を指針にしている私たちに 
は、端的に戸惑いを覚えます。しかしユダヤ教でも初代教会でも大 
切な書としてきたことを思うと、隔世の感を禁じ得ません。

 もうひとつは、ディボーション誌の2日目に4章の初めで 
(7章の初めでも繰り返されているのですが)花婿が花嫁の身 
体の美しさをほめたたえているからです。すなわち、それはどうも 
既成のキリスト教倫理に合わないことから、単純にどのように取り 
扱って良いのか分からなくて、敬遠されているのです。とても礼拝 
で朗読できる箇所ではないと、暗黙のうちに決められています。

 比喩的解釈のことは聖書解釈学のテーマで、それとして真剣に取 
り上げなければなりません。身体的な描写に関しては、そのような 
ことを取り上げること自体が霊的でないという倫理観がどこから来 
ているのか、逆に真剣に考えなければなりません。雅歌で当然のよ 
うになっていることが、教会では避けられているのです。それはし 
かし、霊肉二元論、善悪二元論のギリシャ哲学の影響に過ぎないのです。

 そんなこと思いながら執筆しているのですが、その合間に、唯一 
手元に持ってきた村上春樹の『女のいない男たち』をじっくり読ん 
でみました。5月に日本で手に入れて読んだときには、60 
歳を過ぎた村上春樹がどうしてこのようなテーマの本を書いたのか 
と、かなり強く疑問に思いました。本人もどうしてなのかは分から 
ないと断っているのですが、同じ60歳代のものとして、真意 
のほどを知りたくなります。

 今回ゆっくり読んでいくつかのことに気づきました。ひとつは 
「女のいない男たち」の定義らしいものを村上春樹自身がしている 
ことです。「一人の女性を深く愛し、それから彼女がどこかに去っ 
てしまえばいいのだ。」(279頁)それだけなのですが、この 
短編集では、それぞれシチュエーションを変えてストーリーが成り 
立っています。それはまさに現代的というか、ポストモダン的とい 
うか、既成のキリスト教倫理観からは危ぶまれる表現が多いのです 
が、「一人の女性を深く愛する」ことと、その「彼女がどこかに 
去ってしまう」ことの意味合いが、色彩を異にして鮮明になっています。

 「一人の女性を深く愛する」のは、単に性的な関係を持っている 
というのではないのです。また「去ってしまう」というのは、亡く 
なるというより、失うことです。自分の元からいなくなってしまう 
のです。そのシチュエーションがどのようなものであっても、一人 
の女性を深く愛して、その彼女がいなくなってしまうことが、人生 
に深刻な問題と計り知れない意味をもってくることを、この短編集 
は伝えています。

 結婚をしていても「一人の女性を深く愛する」ことにはならない 
のです。誰でもが分かっていることです。「一人の女性を深く愛す 
る」ことは、亡くすことでなく、失うことで知るのです。そのよう 
な設定なのです。それは端的に、自分が一人の女性を深く愛してい 
るのかと問いかけてきます。どれくらい深くが「深く」なのか、計 
りようのないことです。ただそれは失うことで知らされるだけで 
す。人生が二分され元通りに決してなることのない辛い経験です。 
それが「深く愛する」ことなのです。

 雅歌の3章と5章で、愛するふたりが行き違い、相手 
を見失う場面があります。原因については何も説明していません。 
当然であるかのように起こり、傷つきます。そしてまたふたりがよ 
り近づいてきます。それでも完成というものはありません。愛は最 
後まで満たされない渇きを持っています。それが夫婦の愛であり、 
神との愛でもあります。

 思いがけないというと申し訳ないのですが、表層的なことを越え 
て、むしろ深淵なテーマを村上春樹が取り上げているのだと納得し 
ます。「一人の女性を深く愛する」こと、それを経験したら男性は 
今まで通りのままでは人生を過ごせなくなるからです。

 雅歌と村上春樹を結びつけたら、また叱られそうです。勘弁をい 
ただいて、ともかく雅歌を真剣に読んでみてください。夫婦で読み 
合ってください。そして『女のいない男たち』も恐る恐る開いてみ 
てください。男性たちは。

上沼昌雄記
広告

「待つ」2014年7月21日(月)

 父はモルヒネで痛みを抑えています。それでも過ぎる土曜日は、 
朝から吐き気があり、午後には食べたものを全部吐き出しました。 
夕方には熱が出てきました。妻が担当医との関係での機関と相談し 
て、ER(緊急病棟)に連れて行くことになりました。

 父は落ち着いてきました。それでも吐き気の原因がどこにあるの 
か、必要な検査をしてくれました。そんなことで家に戻ってきたの 
が朝になってしまいました。長男も週末に祖父に会いに来ていまし 
た。一晩中付き合ってくれました。

 聖日の午後3時に両親の仲間が訪ねてくることになっていま 
した。昼食の後、父の様子を確認して、私も寝不足を解消すること 
にしました。2時半に目が覚めて居間に行きました。他の家族 
もそれぞれ休んでいたのですが、父は一人で立ち上がっていまし 
た。3時の来客に備えようとしていました。

 父は手洗いで顔を洗い、髪を整え、パジャマのままでしたがガウ 
ンを掛けて身支度をしました。父の手洗いには真夜中でも付き合っ 
ています。3時の来客までどのようにするのか、黙って様子を 
見ていました。それなりに居間が整って、愛用の肘掛け椅子に座り 
ました。まだ15分ほどありました。

 私も居間で待つことにしました。肘掛け椅子に座っている父の顔 
は、病室にいるときとは打って変わって、端正で整っていました。 
疲れ切った様子はどこにもありません。来客を最善の状態で待ち受 
ける威厳を伴った姿です。肉体的な状態がどうであろうと、精神的 
に来客を心か待ち受ける姿です。近寄りがたいものを感じました。

 そんな父の姿を見ていて、この5月19日にも施設に訪 
問した、この春に数えで105歳になられた大村晴雄先生の姿が 
浮かんできました。この数年寝たきりですが、訪問する度に、私た 
ちを迎える先生の端正でそして威厳を伴った姿に感動します。私た 
ちの訪問を分かっていて心待ちにしてくれていることが分かりま 
す。先生の顔にはつやがあり、握りしめる手は温かみがあります。

 すでに目も見えず、耳もほとんど聞こえないのですが、ご子息か 
ら私たちの来訪を聞いて、じっと夜明けを待つように待っていてく 
れる大村先生の姿が、居間で静かに来客を待っている父の姿と重 
なってきました。それは誰にも犯されない神聖な瞬間です。自分の 
状態がどのようであっても、待つことが自分の使命であるかのよう 
に受け止めている絶対的な決断の時です。

 「主イエスよ、来てください。」(黙示録22:20) 
待つこと、それはクリスチャンの生きる決断です。こちらの状態が 
どのようであっても、来臨を待つ絶対的な決断の時です。そのため 
に身を整えている大村先生と父の姿です。待つことが、誰にも犯さ 
れない神聖な瞬間なのです。近づくことを許さない厳粛な時なのです。

 そのような時を、居間で来客を待っている父が伝えてくれまし 
た。どのような人たちが来るのは知らなかったのですが、7名 
の来客と会話を交わし、祈りをなし、賛美をしている様子を、自分 
の部屋に戻って聞いていました。

上沼昌雄記

「あなたがたの子どもたちが」2014年7月7日(月)

 この6月1日(日)に東久留米の教会で、7時半 
の第一礼拝の説教の前に会堂で静まっていたときに、この教会を 
去って家族でアメリカに渡ったのが、ちょうど25年前であっ 
たことに不思議に気づきました。そのことを3回のメッセージ 
でお伝えしたときに、当時のことを覚えていてくださった方々が何 
人かいて、納得顔で受け入れてくださいました。

 それでアメリカに移り住んで25周年になることを、家族で 
この夏に記念として覚えることができればと願うようになりまし 
た。どのように実現できるのか分からなかったのですが、記念にな 
るものを日本で購入して帰りたいと思いました。そのようなチャン 
スがあるのかどうか分からなかったのですが、思いは持っていました。

 最後の奉仕が秋田でした。金曜日に北海道から秋田に入りまし 
た。土曜日に石川さんが実家のある横手に連れて行ってくれまし 
た。お昼に十文字の道の駅でラーメンを食べました。見回すと物産 
展のように郷土の物を置いてありました。 秋田や角館でよく 
見る樺細工や樽岡焼きの工芸品が置いてあって、記念になりそうで 
した。焼き物は持っていくのには大きすぎるので、小さな樺細工の 
花瓶にしました。しかし3つしかありませんでした。子どもたち3 
人にはそれでよいので、購入することにしました。そうしたら、石 
川さんが焼き物を私たち夫婦のためといって買ってくださいました。

 長男家族が7月初めからシカゴに滞在することになっていま 
した。彼の奥さんがシカゴ出身です。それに合わせて次女もシカゴ 
郊外の長女宅に来ることになっていました。カリフォルニアに戻っ 
てきたのですが、父の看病のことがあって、シカゴに行くことがで 
きるのか分かりませんでした。父は日に日に衰退してきています。妻は6 
人兄姉ですので、誰かが責任を負ってくれたらば可能でしたが、近 
くの妹が看病してくれることになりました。直前でしたが幸いに比 
較的廉価のチケットを手に入れることができました。

 何とForth of July, アメリカの独立記念日に、上沼ファミ 
リーのアメリカに移り住んでの25周年記念を持つことができ 
ました。アメリカ製の世界地図で日本とアメリカがどこにある 
か、6人の孫たちに尋ねました。7歳と6歳の孫は 
答えることができました。しかしその地図では日本とアメリカは両 
隅に位置しています。25年前にどのように日本からアメリカ 
に渡ったのか孫たちは不思議がっていましたが、地図を丸めて日本 
とアメリカが太平洋を挟んで結びついていることに納得してくれました。

 家族で、ヨシュア記3章と4章から、神の民がヨルダ 
ン川を渡る記述を読みました。主の契約の箱をかつぐ祭司たちがヨ 
ルダン川に足を踏み入れたときに川がせき止められ、その真ん中に 
立ちました。民が渡り終わったときに、その川の真ん中から12 
部族ごとに石をとって、それを記念としてギルガルに立てたことが 
記されています。川を渡る前後に、神の命令として、「あなたがた 
の子どもたち」がその石の意味を尋ねたときには、神がかつて葦の 
海にしたように、ヨルダン川をからして民を渡らせたことを覚える 
ためであると、二度記されています。

 ヨルダン川を渡る前には、「あなたがたの子どもたち」が「あな 
たに」尋ねたときにはなっていますが、渡った後には「あなたがた 
の子どもたち」が「その父たちに」尋ねたときにはとなっていま 
す。記念として覚えることがすでに世代に渡って受け継がれること 
が前提となっています。神のなしたことと神を恐れることが、代々 
に渡って伝えられていくことが求められています。石がそのしるし 
なのです。

 ヨルダン川を渡った民たちにその石をかつがせたのは、自分たち 
のためではなかったことが分かります。その子どもたちの、またそ 
の子どもたちのためだったのです。さらに地のすべての民のため 
だったのです。25年前に家族として太平洋を渡ってアメリカ 
に移り住んだのは、直接の家族の記念のためではないのです。その 
子どもたち、すなわち、6人の孫たちのためであり、その孫た 
ちが親になったときに、さらにその子どもたちのためなのです。そ 
してそれは紛うかたなく、他の人のためなのです。海を渡った自分 
たちのためでは決してないのです。

 「それは、地のすべての民が、主の御手の強いことを知り、あな 
たがたがいつも、あなたがたの神、主を恐れるためである。」 
(4:24)そのことを伝えたくて、ささやかな記念の時を持ちま 
した。日本から持ってきたものをそのしるしとして開けました。孫 
たちが興味深そうな顔をして見つめていました。

上沼昌雄記

「聖書文盲の危機?」2014年6月26日(木)

 引退宣教師の妻の父の看病のためにロス郊外に来ています。近く 
にバイオラ大学・タルボット神学校があります。父が同窓生である 
ために、雑誌が届いています。コーヒーテーブルに置かれている最 
新号のタイトルに興味を覚えました。The Crisis of Biblical 
Illiteracy というものです。「聖書文盲の危機」と訳したらよいの 
かも知れません。「文盲」は差別用語なのでしょうか。

 要点は、聖書知識の欠如が、聖書を大切にしてきている福音派の 
なかでも著しく広がっているというものです。さもありなん、とい 
うのが直感的な反応です。それは周りの人のことで経験しているの 
ではなくて、自分のこととして納得できるからです。聖書を学び、 
聖書を教えてきても、それはある枠の中で捉えられた聖書の世界だ 
けで、それ以外の聖書の世界には注意を払わなくても、何とかやっ 
てこられたからです。その限界を感じてきただけではなくて、その 
ような枠をしっかり築き上げて、そのなかで聖書を読んでいれば、 
いずれ聖書を読まなくても、聖書を理解したことになるからです。

 またそのような枠を理解するために聖書を教えてきたならば、い 
ずれは聖書よりはその枠の方が大切になって、その枠をどれだけ理 
解しているかで信仰が計られることになります。そうなれば聖書の 
全体の流れを知ることは二の次になってしまいます。それだけでな 
く、その全体像は忘れられてしまい、自分の枠だけで納得できると 
ころだけ、あるいはそのような枠にとって意味のある仕方で、聖書 
を読んでしまうことになります。どんなに聖書的と標榜しても、 
偏った読み方をして来て、それが積み重なれば、聖書を読まなくて 
も聖書が分かったような気になります。

 旧約聖書は新約聖書に置き換えられ、さらに福音書のイエスの言 
説は、パウロの福音理解にまとめられているという、基本的に置換 
神学の影響を受けてきた中で信仰を持ち、神学を学んできました。 
さらに聖書学より、神学に関心を持って、長い間と組んできたこと 
で、それなりに学ぶことは多くあったのですが、結局はある方向を 
持った枠で聖書を読むことを可能にしてくれて、聖書全体という 
か、聖書の流れよりも、ある原則、ある理念で裏付けられた聖書理 
解を求めてきたことになります。

 それは、聖書の世界から聖書を読むのはなくて、聖書以外のギリ 
シャ哲学、プラトン的な枠で聖書を理解することから来ています。 
しかしよく考えてみれば、それは2千年のキリスト教が築き上 
げてきたものです。聖書全体の流れより、ある理念で聖書を読んで 
いくものです。特にキリストによって律法は終わっているので、旧 
約聖書の神の民の歩みは、反面教師的に教訓を得るためだけに理解 
されています。 読まなくても分かった気になります。神の背 
きの歴史と、神の真実の歴史は見えなくなってしまいます。

 いろいろな要素が絡まって、そんな分かった気になって理解して 
いた福音理解が、聖書と言うよりもプラトン的な二元論の影響を受 
けていることが分かってきて、もう一度聖書の流れから福音を理解 
していく作業を始めています。そうすると、創造から始まり新天新 
地に向かう神の全体の流れの中で、神の御子による福音の理解が新 
しい意味をもって届いてきます。その意味で単純に旧約聖書の流れ 
にはるかに注目しています。如何に聖書を無視してきたかを思い知 
らされています。

 単純に聖書を、特に旧約聖書を読むことで、今までない視点だけ 
でなく、今までにない疑問が湧いてきます。枠では捉えきれない世 
界が展開してきます。単純に聖書を読むこと、それは誰にでもでき 
ることです。そのための教育を積んできています。ただそのように 
思うのですが、この雑誌の方向は、どうも今までの枠の中で、詩篇 
の最初で言われているように、みことばをもっと口ずさむことを勧 
めています。さらにどのように聖書を読んだらよいのかというガイ 
ドブックを紹介しています。そんなガイドブックを読むよりは、聖 
書そのものを読んだらよいと叫びたくなります。聖書を思い巡らす 
ことも、その枠の中で終わってしまします。それよりは流れを追っ 
て聖書を読んだら、多くのものが見えてきます。

 聖書文盲は、今までの聖書理解の当然の結果です。その枠でさら 
に聖書を読みなさいといっても、もう分かっているという反応しか 
出てきません。聖書を創造から始まる神の一大ミッションとして読 
むことができれば、尽きることのない物語が展開していることに驚 
きます。その物語の一部として召されていることで、さらに聖書を 
読むことになります。尽きない作業に組み込まれます。

上沼昌雄記