「あなたがたの子どもたちが」2014年7月7日(月)

 この6月1日(日)に東久留米の教会で、7時半 
の第一礼拝の説教の前に会堂で静まっていたときに、この教会を 
去って家族でアメリカに渡ったのが、ちょうど25年前であっ 
たことに不思議に気づきました。そのことを3回のメッセージ 
でお伝えしたときに、当時のことを覚えていてくださった方々が何 
人かいて、納得顔で受け入れてくださいました。

 それでアメリカに移り住んで25周年になることを、家族で 
この夏に記念として覚えることができればと願うようになりまし 
た。どのように実現できるのか分からなかったのですが、記念にな 
るものを日本で購入して帰りたいと思いました。そのようなチャン 
スがあるのかどうか分からなかったのですが、思いは持っていました。

 最後の奉仕が秋田でした。金曜日に北海道から秋田に入りまし 
た。土曜日に石川さんが実家のある横手に連れて行ってくれまし 
た。お昼に十文字の道の駅でラーメンを食べました。見回すと物産 
展のように郷土の物を置いてありました。 秋田や角館でよく 
見る樺細工や樽岡焼きの工芸品が置いてあって、記念になりそうで 
した。焼き物は持っていくのには大きすぎるので、小さな樺細工の 
花瓶にしました。しかし3つしかありませんでした。子どもたち3 
人にはそれでよいので、購入することにしました。そうしたら、石 
川さんが焼き物を私たち夫婦のためといって買ってくださいました。

 長男家族が7月初めからシカゴに滞在することになっていま 
した。彼の奥さんがシカゴ出身です。それに合わせて次女もシカゴ 
郊外の長女宅に来ることになっていました。カリフォルニアに戻っ 
てきたのですが、父の看病のことがあって、シカゴに行くことがで 
きるのか分かりませんでした。父は日に日に衰退してきています。妻は6 
人兄姉ですので、誰かが責任を負ってくれたらば可能でしたが、近 
くの妹が看病してくれることになりました。直前でしたが幸いに比 
較的廉価のチケットを手に入れることができました。

 何とForth of July, アメリカの独立記念日に、上沼ファミ 
リーのアメリカに移り住んでの25周年記念を持つことができ 
ました。アメリカ製の世界地図で日本とアメリカがどこにある 
か、6人の孫たちに尋ねました。7歳と6歳の孫は 
答えることができました。しかしその地図では日本とアメリカは両 
隅に位置しています。25年前にどのように日本からアメリカ 
に渡ったのか孫たちは不思議がっていましたが、地図を丸めて日本 
とアメリカが太平洋を挟んで結びついていることに納得してくれました。

 家族で、ヨシュア記3章と4章から、神の民がヨルダ 
ン川を渡る記述を読みました。主の契約の箱をかつぐ祭司たちがヨ 
ルダン川に足を踏み入れたときに川がせき止められ、その真ん中に 
立ちました。民が渡り終わったときに、その川の真ん中から12 
部族ごとに石をとって、それを記念としてギルガルに立てたことが 
記されています。川を渡る前後に、神の命令として、「あなたがた 
の子どもたち」がその石の意味を尋ねたときには、神がかつて葦の 
海にしたように、ヨルダン川をからして民を渡らせたことを覚える 
ためであると、二度記されています。

 ヨルダン川を渡る前には、「あなたがたの子どもたち」が「あな 
たに」尋ねたときにはなっていますが、渡った後には「あなたがた 
の子どもたち」が「その父たちに」尋ねたときにはとなっていま 
す。記念として覚えることがすでに世代に渡って受け継がれること 
が前提となっています。神のなしたことと神を恐れることが、代々 
に渡って伝えられていくことが求められています。石がそのしるし 
なのです。

 ヨルダン川を渡った民たちにその石をかつがせたのは、自分たち 
のためではなかったことが分かります。その子どもたちの、またそ 
の子どもたちのためだったのです。さらに地のすべての民のため 
だったのです。25年前に家族として太平洋を渡ってアメリカ 
に移り住んだのは、直接の家族の記念のためではないのです。その 
子どもたち、すなわち、6人の孫たちのためであり、その孫た 
ちが親になったときに、さらにその子どもたちのためなのです。そ 
してそれは紛うかたなく、他の人のためなのです。海を渡った自分 
たちのためでは決してないのです。

 「それは、地のすべての民が、主の御手の強いことを知り、あな 
たがたがいつも、あなたがたの神、主を恐れるためである。」 
(4:24)そのことを伝えたくて、ささやかな記念の時を持ちま 
した。日本から持ってきたものをそのしるしとして開けました。孫 
たちが興味深そうな顔をして見つめていました。

上沼昌雄記
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中