「受肉と復活と、、、」2014年12月22日(月) – ウイークリー瞑想

 義父は一週間前に左腕の痛みを訴えました。触るだけで悲鳴を上 
げていました。確かに肘のあたりが膨れあがっていました。その日 
曜の午後に近くのクリニックにレントゲンを撮ってもらいに行きま 
した。骨折はなさそうでした。つり包帯をして帰ってきました。

 看護は俄然全面的になり、下の世話もすることになりました。義 
父のやせ細った体に直接に接します。幸いに痛みも取れてきて、左 
腕も多少使えるようになってきました。義父の体にはまだ自力で癒 
していく力はあります。驚異的なことです。

 受肉はまさに「肉・サルクス」を取ることでした、復活は「から 
だ・ソーマ」のよみがえりです。「肉」と「からだ・体」のことで 
す。まさに「肉体」の世界のことです。この肉体を神は御子イエス 
にあって取り扱っているのです。義父にとってその肉体をさらけ出 
すのは辛いことです。人としての威厳も吹っ飛んでしまいます。し 
かし義父はしっかりと受け止めています。

 受肉は、神が肉を持つ者の弱さをご存じであることを直接に示さ 
れたことです。と言うより、肉は神の創造物に一つであって、決し 
てあきらめていないことを神みずからが示されているのです。復活 
は肉を持つ体のよみがえりです。受肉が地下水のように繋がってい 
て復活に至るのです。

 その途上でイエスは十字架上で肉を裂き、血を流されました。受 
肉、十字架、復活は地下水脈で結びついている一連の出来事です。 
多くの場合に十字架だけが突出していたり、それぞれがばらばらに 
考えられたりしています。またクリスマスは御子の誕生の祝いで終 
わってしまいます。神の全体の救いの計画を見ることを難しくして 
います。

 神は天地の造り主です。そして新しい天と新しい地を約束してい 
ます。神は地を決してあきらめてはいません。地の回復を計画して 
います。肉体はその地の一部です。死者の復活、からだのよみがえ 
りは新天新地のさきがけです。受肉はそのさらにさきがけです。そ 
の始まりは天地万物の創造です。

 「みこころが天になるように、地にもなさせたまえ」と祈る私た 
ちは、地に関わることの取り扱いの責任をいただいています。神の 
かたちに造られている者の責任です。肉体に関する看護はその一部 
です。その負担は確実に重くなってきています。義父の介護に当 
たっている私たちもそれなりの歳です。三組のローティションを組 
んでお互いに負担にならないようにしています。

 義父の住んでいる界隈には楡の木の街路樹があって、その木々と 
家々が競い合うようにイルミネーションを施しています。数年来の 
行事のようになっていて、暗くなると多くの人が見物に来ます。義 
父の家も夕方5時から11時までタイマーを付けて加わっ 
ています。

 徐々に弱ってくる義父は介護を受けるために肉体をさらけ出さな 
ければなりません。私たちも待ったなしに直面します。それでこち 
らの肉体も疲れを覚えます。そのときに、夜空に輝いているクリス 
マス・イルミネーションを見上げ、その肉の現実を神が見つめてい 
てくださると思い、深い慰めと納得をいただいています。

上沼昌雄記
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中