「次世代の信仰者は」2015年4月30日(木)

 首都ワシントン訪問は孫たちとの時間とは別に、日本人教会での 
奉仕、ホロコースト・ミュージアム訪問と意義深いものとなりまし 
た。さらに学生時代から社会人とその地で生活している次女の泉の 
友だちに会うことができました。彼らのことはすでに泉から聞いて 
いたのですが、直接会って話すことができて、次世代の信仰者の生 
き方を垣間見ることができました。

 どちらも保守的な信仰の家庭で育ってきました。しかし親たちの 
信仰形態は継承していません。むしろ明らかに反発をしています。 
信仰形態というのは親たちがクリスチャンはこうあるべきだと思っ 
ている形です。またそれを守ることで信仰を維持できると思って、 
子どもたちに強要してきた形です。特に父親の信仰のあり方には反 
発をしていて、その傷が残っていることが感じ取れます。

 そのような中で神への信仰を守っています。むしろそのあり方を 
真剣に求めています。しかし親のようではありたくないとその生き 
方が示しています。一人の男性は、そのお兄さんは同じ理由で信仰 
から離れてしまっているようですが、本人は自分に合う信仰形態を 
模索しているようです。もう一人の男性は、父親は日本でも馴染み 
のある団体での教職でしたが、その偽善的な生き方には強い反発を 
持っています。そして自分に納得できるあり方を模索しています。

 話しながら、どうも泉の親のことに関心を持っていることが分か 
りました。私たちのことを泉がどのように友人たちに語っているの 
かは知らないのですが、泉なりに信仰を守っていて、彼らとはオー 
プンに語り合っているようです。私がN.T.ライトの本を翻訳 
したと伝えたら、一人の男性はmy favorite writerと言い、 
もう一人の男性はライトのことはよく聞いていて読んでみると言い 
ました。そんな泉の父親に関心があったのかも知れません。

 信仰と信仰形態は違います。信仰形態を守ることが信仰の継承と 
誤解しています。多くの若者がその信仰形態に反発して信仰から離 
れています。今回明らかに親の信仰形態を取らないで、信仰を守っ 
ている若者たちの存在を知り、応援したくなりました。結構辛いこ 
となのだろうと思います。明らかに親から受けた傷が残っているか 
らです。

 ロス郊外に戻ってきて、姪の結婚式がありました。この姪も親の 
信仰形態に反発して、自分なりの信仰のあり方を模索し確立してき 
ました。次世代の信仰者の生き方を恐れることなく示しています。 
自由がそこにあります。式もヨットクラブの野外で行われました。 
ダンスもありました。泉と義樹と私たちもそれに加わりました。同 
時にその光景を批判的に見ている目もありました。というか加わり 
たくても伝統的な信仰形態に縛られていて身動きができないでじっ 
としているしかないのです。

 JCFNの理事をしているときに、集会で若者たちが全身で神 
への感謝を捧げている光景を見てきました。ある若者は踊り回って 
いました。信仰形態から脱却できれば自由に自分の信仰を表現でき 
ます。その自由を認めて上げれば良いのです。どのように生きるか 
は本人たちの責任です。

 泉が家から出て東海岸に移って15年近く経っています。聖 
書研究で知り合った友だちたちのことは良く話で聞いていました。 
今回直接に会うことができて、次世代の信仰者の姿が印象深く残り 
ました。エールを送りたくなりました。

上沼昌雄記
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中