「N.T.ライトとアマチュアリズム?!」2015年6月18日(木)

 「神学のアマチュアリズム」という記事を2007年5月8日付けの「神学モノローグ」で書きました。友人で元群馬大学教授の小泉一太郎さんが、オックスフォド大学史が専門で、オックスフォド大学の精神はアマチュアリズムであると教えてくれたことです。C.S.ルイスがその代表だというのです。オックスフォド大学で地理学を教えていたジャームズ・フーストン氏の『喜びの旅路』という本が、「魂の地理学者」として当時出したときでした。

 今回N.T.ライトのSimply Christian『クリスチャンであるとは』を翻訳出版して、まさにこのアマチュアリズムが生きていることに気づきました。ライトには近年1650頁以上のPaul and the Faithfulness of Godという学術書があります。それに比べると200頁ちょっとのSimply Christianは、一般向けのものと言ったらよいのかも知れません。しかしライトには、そのような区別はないのかも知れないと思うようになりました。

 後藤敏夫牧師は「歌うライト」と表現しています。確かに音楽好きなライトなのですが、彼の文章には見事なリズム感があって訳し出すのは大変なことでした。普通の文章でも詩のように韻を踏んでいるところがあります。しかしライトには一般向けに分かるようにと意識的にしている感じがありません。それは講演ビデオを聴いても感じることです。むしろ楽しそうにライトは語っています。それが自分の使命であるかのように語っています。Simply Christianでもその思いが伝わってきます。

 オックスフォド大学の精神がアマチュアリズムであるとすれば、アマチュアリズムが本来のあり方です。その学術的な基盤を大学という場を借りて確立していると言えます。たとえば『クリスチャンであるとは』で天と地の二元論と汎神論について語っています。その説明で十分です。そしてその学術的な裏付けは先のPaul and the Faithfulness of Godで確かめることもできます。それぞれのテーマに関して必要なときに学術書で確認をすることができます。それでもあえて必要がないとも言えます。ライト自身が「結びーさらなる展開のために」でも自分の学術書を紹介することはしていません。

 学者として教職者としてライトはどのような場合でも聖書の全体像を提示しています。その全体像のある場面をどのような場合でも最大限に提示しています。強靭な思考力に裏付けられた一人の召された人として福音の全体像を心から提示しています。その思いが伝わってきます。その心をどれだけ日本語の言い換えることができたのかは心許ないことです。それでもライトはこの本で最大限に自分の福音理解を提示しようとしていることが分かります。それで充分と言いたいかのようです。その思いを少しでも伝えることができたらば、翻訳の使命を多少果たすことができたのかなと思っているところです。

上沼昌雄記


Masao Uenuma, Th.D.
muenuma@earthlink.net
masaouenuma@yahoo.co.jp
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中