「落合川・随想」2015年10月6日(火)

昨日は第4回N.T.ライト・セミナーで「『クリスチャンであるとは』にみるN.T.ライトの歴史観」と言うことで発題いたしました。40名ほどの方が集ってくれました。幅広い年齢層と女性の方も多く参加してくれました。信徒の方々も多くおられたのではないかと思います。

ライトの歴史観なのですが、聖書全体の流れをパノラマのように捉えることのできる視点を、本に書かれていることを紹介しながら話しました。神のわざの流れ、それを神の物語とも言うことができるのですが、その流れの全体を、聖書を通して見つめていくときに、私たちもその流れの中にキリストを通して組み込まれていることを、ライトとともに確認できるのだと、自分なりには言いたかったのです。実際には秘かに納得していることです。

その神の物語の全体像に触れることは、実はそれこそ神の永遠のもとに生きていることを実感することでもあります。キリストによって神の民に加えられることで、神に背いた民を神はなお用いてご自身のわざを実現しようとしていると知るのです。恐れ多いいことですが、そのように神の民の一員として生きることで、神の永遠を実感するのです。私の人生も神の永遠の目的の中での一こまであることを知るのです。あるいは神の物語のある場面のほんの一部に参加していると実感するのです。

それはライトが結構執拗に指摘しているように、この地を去って単に天に行くこと、あるいは、肉の世界を去って霊の世界を永遠の世界と見ることではないのです。プラトニズム化された2千年のキリスト教はその意味での永遠を考えてきました。それは結構きついことです。なぜならそんなことは人間には考えられないからです。抽象的な永遠は、憧れることはあっても、無理なことです。神学はそれが可能だと信じて何度も試みてきました。またそのように教えてきました。それは、階段を無理に上って天に押し入るような試みです。

それに対して、神の物語の全体像の中に組み込まれるのは、その流れの最終方向を見つめながら無理なしに今に生きることです。それは、その前から、自分にとっては自分の後ろから押し寄せてきて、私をも引き入れてくれて前に向かって進んでいく大きな入れ物の中にいるようなものです。神の永遠の計画に組み込まれているので、自分も神が定めている終末に向かって進んでいると実感することです。永遠を生きているのです。

ライト・セミナーを終えてそんなことを思いながら、投宿中の武蔵野の隠れ家のすぐ向こうに流れている川沿いを今朝散歩しました。その川は黒目川と記されていました。それを下っていくともう一つ向こうから流れてくる落合川と合流します。その合流点で向きを変えると続いて落合川沿いを歩くことができます。秋晴れの心地よい風が流れています。澄み切った川の水には鯉が流れに向かって気持ちよさそうに泳いでいました。川鳥がここを永遠の住処と思っているかのようにたむろし、戯れていました。コスモスが秋を彩ってくれていました。

この河辺を何度も散策しながら、神の永遠を思い、実感し、心にとめ、「落合川随想」として書き留めた聖徒がおります。どういうわけか私の「ウイークリー瞑想」に目をとめてくださり、メールでのやり取りが始まりました。ご自身の『落合川随想』を送ってくださいました。そして次に伺うときにお会いできるかなと思っていたのですが、その前に召されました。

この聖徒は落合川の河辺を散歩しながら、自分の人生を思い、召しを振り返り、奥様とご家族ことで涙をなさされたのだと思います。それでも神の一大パノラマのほんの一部にご自分が足を踏み入れていたのだと実感されたのだろうと思います。確かに神の最後の劇場の一こまを演じただけです。誰もそのようなことを覚えていないかも知れません。それでも神の永遠をご自分のものとされました。その重みを噛みしめながらゆっくりと歩まれていたのだろうと想像します。そんな情景を思い描きながら、私もその重みを少しでも味わうことが許されているのかなと自問しながら、落合川の反対側を歩き、黒目川に沿って帰ってきました。

上沼昌雄記

Masao Uenuma, Th.D.
muenuma@earthlink.net
masaouenuma@yahoo.co.jp

広告

「「落合川・随想」2015年10月6日(火)」への2件のフィードバック

  1. 上沼先生、

     いつも興味深く読ませていただいています。 今回は特に石川学さんのことを取り上げておられたのでメールを送りたくなりました。同じ「ウイクリフ」で長年親しい交わりを持たせていただき、私の敬愛する方の一人でした。  「それでも神の一大パノラマのほんの一部にご自分が足を踏み入れていたのだと実感されたのだろうと思います。確かに神の最後の劇場の一こまを演じただけです。誰もそのようなことを覚えていないかも知れません。それでも神の永遠をご自分のものとされました。その重みを噛みしめながらゆっくりと歩まれていたのだろうと想像します。」と書いてくださいましたが、まさにそのような方でした。知る人ぞ知る、という方でした。欧米以外の国でアジアでウイクリフの団体が出来たのは日本が初めてでしたが、その後、台湾、マレーシアなどにもウイクリフが続けて立ち上げられましたが、それは石川さんご夫妻の多大な労によって実現しました。その国からの多くのメンバーたちが彼に本当に感謝しているのを私も個人的にたしかに機会あるごとに聞き知っています。  日本ウイクリフはあまりにも早く素晴らしい聖徒を天に送ってしまいました。本当にもっと地上にいて活躍していただきたかった方です。2013年2月末に私は彼の東久留米の自宅で行なわれている祈り会に参加し二人で祈りました。その1ヶ月余りで御国に旅立たれました。葬儀にも出席させていただきました。彼とは個人的にもいろんなことを語ることのできる良い交わりを持たせていただきました。彼の影響で私も「山本周五郎」、「藤沢修平」などの愛読者になりました。「落合川随想」を再び読み返してみたくなりました。有難うございました。  ところで最近、私は”Misreading Scripture with Western Eyes” E.Randolph Richard and Brandon J. O’Brien を読んでいます。東アジアに出掛けるたびに飛行機の中で読んでいますが時を忘れて読むことが出来、感謝してます。先生はもう読まれたでしょうか。欧米の宣教師、また神学者の影響を(良い意味でも悪い意味でも)強く受けている日本の教会関係者に、この本は必読のような気がしています。昨年11月、韓国で行なわれた Association of Christian Schools International の大会で分科会講師のひとりとして著者の一人、O’Brien が招かれ、彼の講演に3回とも参加し、その後この本を読んでいます。著者自身が書いているように、日本人も含めアジアのクリスチャンもこれと同じ観点からの本をいずれ誰かが書く責任があるように感じています。

     どうぞ良き働きを続けられますように。来札の際にはどうぞまたご連絡ください。 感謝します。

    福永有

    1. ウェブ担当の橋本ともうします。上沼先生にはコメントを見るようにお伝えしているのですが、見ていないようですので、直接メールで送っていただけると助かります。お手数をおかけしますが宜しくお願い致します。

      橋本

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中