「『他者』と『自国第一主義』と」2016年7月25日(月)

 ユダヤ人哲学者のレヴィナスが「他者」を視点に哲学をしていることは、度々書いてきました。モーセの律法の視点が、在留異国人、やもめ、孤児に向けられていることを傍証としています。確かに、これらの人々の嘆きと苦しみを民の中で聞いたらば、神は民を殺すとまで言っています。そうしたらあなたの妻はやもめとなり、あなたの子どもは孤児になる、それでも良いのかとまで言っています。

 同じ視点をN.T.ライトにも見ることができます。アブラハムへの祝福は決してアブラハムのためではなく、アブラハムを通してすべての民が祝福されるためなのだと、『クリスチャンであるとは』の6章「イスラエル」で強調しています。この同じ祝福がイエスの山上の説教で語られているというのです。「心の貧しい者は幸いです」というより「祝福された者、心の貧しい者たちよ」と訳されるべきだと言います。

 レヴィナスは、「自己の確立」「自分の安定」を視点に成り立っているのが西洋の哲学と見ています。「魂の救済のための知」、グノーシス主義をひとつの旗印に、西洋思想は、そのための安全な港を確保し、そこで堅固なシステムを築くことに汲々としてきたのです。それは西洋の神学の基盤にもなっていると見ています。

 N.T.ライトは、山上の説教の視点が私たちの「幸せ」に向けられていることに、アリストテレスに始まる「幸福のための倫理」によっていると見ています。その結果は、同じ「魂の救済」のための天国理解にすり替わっていると見ています。すなわち、「信じて救われたら天国に行く」ための聖書理解に終わっているというのです。信仰義認の教理はそのためだけになってしまい、結局は、me and my salvation しか考えられないのです。

 レヴィナスは、この西洋の自己中心性の行き着いたところがホロコーストと見ています。その背後には、尊敬していたハイデガーがナチスの党員になり、自分の家族全員がナチスに殺されたと言うことがあります。そして、レヴィナスにとって、ホロコーストは西洋の哲学の終焉であったように、ヨーロッパ人としてのN.T.ライトには、ホロコーストは西洋のキリスト教の死を意味していました。

 そのような中でレヴィナスは「他者」に視点を向けることで哲学の再構築と人間性の回復を目指し、N.T.ライトは「新天新地」を視点に神の国の優先性とそこでの人間の有責性を見ています。それぞれ読みながら、深く納得し、この世界の行く末も思いめぐらすことになっています。

 そうなので、今回の大統領選挙のひとりの候補者の受諾演説を聴いていて、多少身の毛のよだつ思いをしたことでした。「自国第一主義」とニュースではその内容が伝えられているのですが、まさに自分の国の安定と繁栄と祝福だけに思いが向けられていて、それを「自分」が、多分「自分だけ」が、成し遂げるという意味合いに聞こえます。

 選挙ですから、それはそれで良いのですが、問題は多くの人がそれに賛同していることです。すなわち、不満を上手に吸い上げて扇動していることに、多くの人が乗ってしまっていることです。多くの信仰者も含まれているのだと思います。第一次大戦後の不満を上手に吸い上げて扇動した人物のことが頭によぎります。そこに多くの信仰者が含まれていました。

 自分たちの信仰、自分たちの繁栄、自分たちの祝福だけを求めていたら、それは神の祝福の目的を損なうことになります。政治的な問題よりも霊的な危機を迎えることになります。すでにキリスト教自体が自己中心の世界に陥っていることからくると危機です。国が祝福されるのは、アブラハムの時にそうであったように、自国ためではなく、地のすべての民が祝福されるためなのです。それは教会だけでなく、個人としての生き方にも当てはまることです。

上沼昌雄記

Masao Uenuma, Th.D.
muenuma@earthlink.net
masaouenuma@yahoo.co.jp
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中