「心(ヌース)の一新によって」2017年1月4日(水)

コメントをくださる皆様へ、

上沼先生はコメントを見る習慣がないようですので、直接メールにてコメントされるとよいかと思います。

Web 担当: Hashimoto

 
クリスマスから年末までは穏やかな日が続きました。手付かずの落ち葉を少し燃やすことが出来ました。年が明けた途端に曇り空と雪と雨の毎日が続いています。しばらく続きそうです。そんなこともあって、暮れから読んでいる千葉教授の『信の哲学―使徒パウロはどこまで共約的か』の原稿を、家に閉じこもって読んでいます。

原稿三章では、ローマ書3章を中心に神の啓示の事実性に注目しています。私たちの信仰以前に神の義の啓示がイエス・キリストの信・信実に基づいて示されていて、それは信じるものは誰でも義とされるためです。1章ではその神の啓示が神の怒りとして現されていて、信じない者は「良くない思いに引き渡され」(1:28))て、弁解の余地がないというのです。ローマ書1章から4章までで啓示の事実性と完結性に視点が置かれています。

原稿四章では、その啓示を「信じる」私たちの心の動きがローマ書5章から8章までで示されていて、その解明に当たられています。それは私たちの信仰心のことなのですが、多くの場合信仰の励みのためにパウロがどのようなことを言っているのかと注解して終わっています。「信の哲学」を標榜している千葉先生は、文体の解明から言語網の違いに注目しています。5章初めの「ですから、信仰によって義と認められた私たちは」と、4章まででは「弁解の余地のない」までに誰にでも当てはまっていたことに対して、「私たちは」と信じている自分たちの心の動きに視点が移っているからです。

その「私たちは」と言えば、5章から8章までで私たちの存在構成と機能として、「魂(プシュケー)」と「霊(プネウマ)」、「肉(サルクス)」と「からだ(ソーマ)」、「心(カルディア)」と「心(ヌース)」、さらに「良心」とか「思い」とか「認める」とか「見分ける」という用語が使われています。それぞれがどのような意味合いで使われているかに、千葉先生は細心の注意をはらっています。

「肉の弱さのために、私は人間的な言い方をしています」(6:19)と、啓示の自己完結性に対して私たちの相対性をみています。それでも「肉の弱さ」で肉自体の罪性をみることは避けています。被造物としての肉の中立性を強調しています。「罪深い肉と同じようなかたちで」(8:3)御子を遣わしたと言うところも、千葉先生は文字通りに「罪の肉の似様性において」と訳しています。

先ほどの「良くない思いに引き渡され」(1:28))は「ヌースの無分別」のことで、その前にも使われている神を見分けることの出来ない能力のことで、千葉先生は「叡知の機能不全」と訳しています。「心の一新によって自分を変えなさい」(12:2)も「ヌースの一新によって」であって、 ここでも「わきまえ知るために」とあるように、ヌースは識別能力を意味しています。

それに対して「心(カルディア)」は、「聖霊によって、神の愛が私たちの心に注がれているからです」(5:5)とあるように、聖霊の受け取り場を語っています。「神が人間と交わるときに窓口となる場が心である」と千葉先生は記しています。

その心で起こることをパウロ自身が多様なかたちで言い表しているのですが、当然千葉先生はそれらを厳密に考察しています。この内面的な機能については個人的に関心を持っていたのですが、極めることはしませんでした。それはただ怠慢であったとしかいえません。

言い訳になるのですが、多くの場合に聖書注解と神学理解というのが、パウロが多様に使っている言い回しを私たちの信仰心と言うことで一括して取り上げて、その内面の動きを正確には把握してこなかったように思います。むしろ自分たちの信仰の理解を完結している啓示の内容にまで広げて、自分の信仰理解を神の計画のように語って来たところがあります。聖書信仰と言ってもすでに出来上がった神学の枠を厳密に再考察してはいません。アウグスティヌスがこう言い、ルターがこう言い、自分の教派や神学校の創立者がこう言ったことが、神学的な枠になって、そこからでられないでいます。

千葉先生の原稿で、そのような神学的な枠を超えて、ただテキストに沿って解明していく長期にわたる格闘のあとに接しています。このような作業をあえて「信の哲学」と標榜する意図に、多少納得しています。雨降りの日々、原稿と格闘しています。

上沼昌雄記

Masao Uenuma, Th.D.
muenuma@earthlink.net

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中