「映画『沈黙―サイレンスー』を観て」2017年1月30日(月)

この映画のことは最上川沿いの農民作家の友人から間接的に聞きました。近くの牧師が碁点温泉というところで出合ったときに、この農民作家が映画のことを一生懸命に話していたと伝えてくれました。また日本で封切られてすぐに二人の友人からコメントが届きました。それで過ぎる火曜日に映画を観てきました。夜8時35分開演で、その一回だけの上演で、家に戻って来たのが真夜中した。そして小説『沈黙』も読みました。以下のような思いを持ています。

1)実はこの農民作家に促されて、ウイークリー瞑想「二つの1639年」(2012年9月5日)を書きました。日本で隠れキリシタンが迫害されているときに、アルゼンチンではそのカトリックが隠れユダヤ人(マラーノ)を見つけ出して火炙りにすることが起こっていました。 キリシタン宣教師の残した十字架が 最上川の上流の「称名寺」というお寺に飾られていて、この農民作家の案内で見てきました。その宣教師の消息が途絶えたのが1639年です。『沈黙』のストリーはその前後から始まっています。カトリックが一方で隠れユダヤ人(マラーノ)を迫害し、その一方で日本で迫害されていたというのをどのように捉えたら良いのか戸惑っています。マーティン・スコセッシ監督に隠れユダヤ人(マラーノ)の映画も作ってもらいたいものです。

2)井上筑後守が巧みにロドリゴの心に入っていく手だては、肉体の迫害とは違って、まさにどのような意志をも根無し草にしてしまうものです。それはローマ時代の迫害とも異なっています。陸続きであればディアスポラとして生き延び、宣教も広がっていきました。巧みに信仰を根絶やしにしていく、そのようなやり方を考え出したたことは驚きです。それはまさに海に囲まれた美しい日本の逆の現れと言えそうです。映画はこの辺の心の動きをしっかり描いています。

3)デウスの神のことでロドリゴが通辞とフェレイラと議論するのですが、西洋の神、特にカトリックの神には背教は考えられないのでしょうが、旧約ではイスラエルがどのようであって迎え入れる慈愛の神が描かれています。「背信の女イスラエル。帰れ。ー主の御告げーわたしはあなたがたをしからない。わたしは恵み深いから。」(エレミヤ3:12)西洋世界で築かれた神観念の再考が求められています。この辺は、N.T.ライトが言っているように、旧約との関わりで神を捉え直していく必要があります。それはまたレヴィナスにも通じます。

4)表面的であっても日本でキリシタンとその痕跡が完全に抹殺されたというのは驚きです。それを可能にした社会習慣が築き上げられました。そして私たちはすでに井上筑後守の手中にはまり込んで、抜け出せない状態です。ですので、迫害が起こったら耐えられるクリスチャンは少ないのだと思います。それでも日本の地で流されたキリシタンの血は覚えられていると信じます。その信仰で生きていきたいと願います。

上沼昌雄記

Masao Uenuma, Th.D.
muenuma@earthlink.net
masaouenuma@yahoo.co.jp

広告

「「映画『沈黙―サイレンスー』を観て」2017年1月30日(月)」への2件のフィードバック

  1. 沈黙は映画では見ていません。もう少し心にゆとりができたら見たいと思います。

    弟が航空自衛隊築城基地で、上司のえげつないパワハラにあっています。上司の性格は井上筑後守に似ているのでしょうか。。

    築城基地では今年の元旦に42歳の独身の隊員が自死しています。
    仕事上の悩みであったといいます。去年も1人亡くなっています。

    神様の御手がすでに届いていると知っています。全てをご存知と思います。そしてなぜ、なぜなのか。。と私は呻きます。。

    神様も呻いていると感じています。。

    1. 吉川さん、
      「1月19日付のウイークリー瞑想「神の義と憐れみと」で、山の教会で飲食運転で傷害事故を起こして拘留中の青年のことを書きました。2月7日(火)に2年の実刑判決がおりました。私たちは前からの予定で法廷には伺えなかったのですが、牧師の報告で知ることになりました。リハビリ施設を通しての回復の道を願っていたのですが、15年ほど前の前科があって2年の実刑は相当と裁判官は判断したようです。どこの刑務所に入るのかまた分からないのですが、チャック・コーソンのプリズン・フェローシップの可能性などを探りながら、できるところで支援をしていきたいと思います。彼の名前はメルヴィンです。すでに日本で彼のために祈ってくれる人がいて、そのことを彼に伝えたら感激していました。できるところでできることをし続けたいと願います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中