「真実と信実と信仰と」2017年4月6日(木)

3月末にシカゴ郊外でファミリー・イベントがありました。その帰りにダラスに寄って、12月初めにサンディエゴの動物園で結婚式を挙げた義弟夫婦を訪ね、四泊五日滞在いたしました。実はちょうど昨年のその時から話が始まって、しかも彼はダラス、姉妹は山形ととんでもないほど離れていたのですが、間に立ってくれたご夫妻から紹介を受けて、その旨を義弟に伝え、その年のうちに結婚式を挙げたのでした。そんなことを互いに思い起こしながら、どうしてこのような結果になったのか、姉妹のおいしい手作りの日本食をいただきながら、日本語と英語を混ぜ合わせながら、感謝と驚きをもって語り合いました。

土曜日の晩も遅くまで話し合って、さて次の日の朝はどうしようかと言うことで、二人が今までに行かれた教会の話を伺いながら、姉妹が、折角牧師(私のこと)が来ているのですからここで礼拝を持ちましょうと言うことになりました。それも良いことと思い引き受けました。その朝は大雨が降っていましたので外に出る必要もありませんでした。始めるときに義弟がそれでは妻が賛美をしますと宣言をしました。姉妹は声楽家でもあります。「十字架のかげに」を独唱してくれ、皆で「アメージンググレース」を賛美しました。

ローマ書3章22節の「イエス・キリストの信」を取り上げました。千葉教授の40年にわたるローマ書研究から教えられていることと紹介して、その箇所で「神の義」が「イエス・キリストの信」によって示されていて「すべて信じる人」が義とされることから、「イエス・キリストの信(ピスティス)」とそれを信じる「私たちの信仰(ピスティス)」が二段構えで表現されていることを確認しました。さらに神の「義」とイエス・キリストの「信」が一つのこととして捉えられていることも確認しました。

私は自分が全部話す必要がないと思って、何かふさわしい質問がないかと考えました。このピスティスは同じ3章の3節で「神のピスティス」とも使われています。「神の信仰」とは訳せません。「神の真実」です。イスラエルの不真実があっても「神の真実」は変わることがないからです。そうすると「神のピスティス」は「神の真実」と、「イエス・キリストのピスティス」は「イエス・キリストの信実」と「私たちのピスティス」は「私たちの信仰」となります。「信実」は広辞苑にも載っています。英語ではfaithfulnessとfaithです。「私たちの信仰」は「私たちの信実/真実」ともなります。

それで、信実/faithfulnessであることが人間としての自分にどのような意味があるでしょうか、と問いを出し、しばらく思い巡らす時を持ちました。「イエス・キリストの信実」によって「神の義」が明らかにされ、私たちも義とされたのですが、その信実が生きている上でどのような意味を持っているのか分かち合いました。それぞれ思わされたことを語ってくれました。私は義父の信仰を思い出しました。特に義父の葬儀で、それまで義父がしてきたことが、本人は何も語らなかったのですが、参列者の口から途切れることなく延々と出てきたのでした。義父の信仰であり、信実さの表れであり、真実なことでした。

義父の召天の3日前に義弟もダラスから飛んで来てくれて、父の最後と葬儀には立ち会ってくれました。そのことが彼の中でどのようなインパクトを残したのかは知るよしもないのですが、彼自身の信実さがほとばしり出てくる契機になったのかも知れません。結婚に導かれた姉妹もその家族も彼の優しさと真実さに惜しむことなく賛辞を送っています。私たちが滞在していたときにちょうど結婚四ヶ月に至ったのですが、二人が信頼し合い寄り添いながら生活を始めていることをこの目で見ることができました。むしろ新婚四ヶ月での二人の間の信頼と信実さには目を見張るものがあります。

上沼昌雄記

広告

「「真実と信実と信仰と」2017年4月6日(木)」への1件のフィードバック

  1. 栄聖書教会に来てくださってありがとうございました。上沼先生と末松先生の友情、義父のライオン先生の忠実な信仰、義弟の方の変化、
    神様の真実が結実していて、静かな感動でした。心に残りました。
    先生の働きの祝福と、ご家族の恵みを祈っています。

    こちらはこの春、苦しむ主人にも、義母にも、実弟にも神様の真実がゆっくりと現れているなと感じることがありました。主人は自分も聖書に沿ったカウンセリングを受けたいといいました。弟は一年のパワハラの忍耐の末、職場の異動が叶い、小さな
    部署で穏やかに仕事をしています。この夏には、苦しみの基地からまた別の土地への転勤となりそうです。

    義母は認知症の診断を受け、最初は泣いていましたが、今はゆっくりと受け入れ、一歩一歩進んでいます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中