「イースターの故に、復活のからだを」2017年4月19日(水)

イースターの日に夫婦で1コリント15章を英語と日本語で読みました。少しずつ互いに歳を取ってきて身体の衰えを覚えるときになっています。「血肉のからだで蒔かれ、御霊に属するからだによみがえらされるのです。血肉のからだがあるのですから、御霊のからだもあるのです。」(44節)この朽ちるからだがあるので、当然のように朽ちることのない御霊のからだもあると主張されています。

「血肉のからだ」は「からだ(ソーマ)」と「魂(プシュケー)で表され、「御霊のからだ」は「からだ(ソーマ)」と「霊(プネウマ)」で表されています。前回取り上げた「肉」はいずれ消滅するものですが、「からだ」は朽ちるものから朽ちないものへの変化を被ることのできるものとして描かれています。「肉のよみがえり」ではなく、「からだのよみがえり」です。「肉の贖い」ではなく、「からだの贖い」です。

「信の哲学」を標榜される千葉教授は、この「復活のからだ」についてのパウロの言表を意味論的に分析することで、「肉」と「血肉のからだ」の違いから、さらに変えられていく「霊のからだ」への変換を、パウロの心身論として展開しています。文字通りに「魂体(魂的身体)と「霊体(霊的身体)」と言い表します。「魂体もあるなら、霊的なものもある」と訳します。この霊的身体をいずれ被ることになることで、アダム以来の人間の本来のあり方の回復を見ています。人間として完成された姿を「魂体」から「霊体」への変容のうちに見るのです。パウロがキリストの復活のうちに人間のあるべき姿を見ていると言うのです。

このことは、N.T.ライトが新天新地を創造の完成されたあり方と見ていることに通じます。単に朽ちる世界を去って天国に行くことが救いの目的ではないのです。国籍はそこにあっても、「そこから主イエス・キリストが救い主としておいでになるのを、私たちは待ち望んで」(ピリピ3:20)いるからです。復活のからだをいただいてキリストともに新しい天と地で治めていくのです。

千葉教授が大学の出版局から出す予定の原稿から、「復活のからだ」についてその一部を紹介します。「肉は受肉を介して『キリスト・イエスにおける生命の霊』との何らかの関わりがある限り、、、肉のおいて心が霊を受容する能力を持っている。最後のアダムであるキリストは、『生命を創る霊』であるとされている。そのキリストはイエスとして受肉された本人であった。、、、人間の肉は滅びるが、連続性においてある人間の完成が霊体においてよみがえるとするなら、その一つの保証はナザレのイエスの復活により与えられるであろう。肉の弱さを克服したイエスが霊体との連続性を明らかなものとしたと言える。」

このようなことが学問の世界で知的な作業として真剣に論じられているのです。「復活のからだ」が当時のギリシャ哲学との関わりで、パウロが切り開いた新しい人間観として熱く語られているのです。パウロの生きた語りを聴くような思いです。まさにパウロも千葉教授も私も生かされている福音の力なのです。パウロはそれゆえに「ギリシャ人にも未開人にも、知識のある人にも知識のない人にも、返さなければならない負債」(1:14)と受けとめたのです。それは私たちの責任でもあります。

上沼昌雄記

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中