「新世代クリスチャンは、、、」2018年6月15日(金)

 今回の5週間の日本の旅の最後に、かつて親や教会に反発していたが、今はクリスチャン二世として同じような二世に伝道している方と、しばし意見を交換する機会がありました。親や教会に反発している二世は、戻ろうと思っても戻るところがないとあっさり言われました。なるほどと思うと同時に、クリスチャンとしては他の生き方があるのか分からなかったこともあり、衝撃的でした。
 シカゴに戻り、義樹家族のところに落ち着きました。その家族の行っている教会の32歳の若い牧師の祈りを義樹が聞いていて、20名近い牧師団の祈りとは異なっていることに気づき、N.T.ライトの聖書理解に近いように思うと伝えたら、その通りと会話が弾み、自分の父親がN.T.ライトの翻訳『クリスチャンであるとは』をしていることを話したら、驚いていたことを話してくれました。
 それで日本でのことを話したら、戦後のベビーブーマーの子供たちで1980年代から2000年の初めに生まれた世代をミレニアムズ(世紀末に生まれたので)と呼んで、新世代クリスチャンに対する教会の取り組みを語ってくれました。すでに社会学的な検証もなされていて、それに基づいた書物も出ています。
 ベビーブーマーとミレニアムズのそれぞれのクリスチャンのイメージが異なっていることを統計を下にまとめた本を義樹が紹介してくれました。その詳細に入ることはできないのですが、六つのテーマで新世代クリスチャンが抱いている親たちの教会に対する視点を紹介しています。すなわち伝統的な教会とクリスチャンのことです。
 1.偽善的である
 2.信者の獲得だけに焦点を当てている
 3.同性愛者に蔑視的態度をとる
 4.過保護である
 5.余りにも政治的である
 6.人を裁きやすい
 これらの視点に対して新世代クリスチャンの姿勢を紹介しています。それについては改めて取り上げてみたいと思いますが、どうして伝統的なキリスト教がそのような姿勢を取ってしまうのかに同世代人として関心があります。伝統的にはこの世を離れて霊の世界に生きて、そこでの理想的なあり方が可能なものとしているのですが、新世代クリスチャンはそこに偽善性を見抜いているのでしょう。
 そこには先の32歳の牧師がどこかでN.T.ライトの聖書理解に惹かれるところと無関係ではなさそうです。新天新地の再創造を聖書の目的と設定するときに、この世に対する責任も生まれてきます。「みこころが天になるように、地にもなさせたまえ」と祈る責任が伴ってきます。自分たちだけがこの世から隔離されて特別なものとみることはできないのです。この世に神の民としてのあり方を示していく責任があるのです。
 義樹たちの教会はそのような視点を持った若い牧師を新世代クリスチャンに届くために雇っていると言うことです。日本でもそのことに気づいて、自分の体験を踏まえて新世代クリスチャンを掘り起こしている働きに接することになりました。新世代クリスチャンの誕生は新しい聖書理解をもたらしています。
 上沼昌雄記
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中