「新世代から見るキリスト教は、、、」2018年6月25日(月)

 前回、新世代クリスチャンから見る六つのテーマを、統計的にまとめた本を下に紹介いたしました。その本は、unChristian (by David Kinnaman and Gabe Lyons, Baker Books, 2007) というタイトルのものです。どのように訳するのが良いのか迷いますが、non-Christianであれば、「クリスチャンでない」ですみますが、unChristianは、「真のクリスチャンでない」と意味合いになりそうです。刺激的なタイトルで、ベストセラーになったようです。
 最初の2章で統計的な説明をして、3章から六つのテーマを取り上げて、伝統的なキリスト教理解と新世代クリスチャンの理解を紹介しています。この本の特徴は何と言っても統計に基づいていることです。単に著者たちの視点や経験ではないのです。ここでは参考のために、その六つのテーマについての伝統的と新世代の視点をそのまま紹介します。
1.偽善的である
伝統的:クリスチャンは言うことと、行いとが別々である。
新世代:クリスチャンは自分たちの至らなさを隠すことがなく、まずは行動し、その上で話す。
2.信者の獲得だけに焦点を当てている
伝統的:クリスチャンは本心で生きてなく、信者の獲得だけに焦点を当てている。
新世代:クリスチャンは、人が神に心底変えられるように交わりと状況を整える。
3.同性愛者に蔑視的態度をとる
伝統的:クリスチャンはゲイとレスビアンの同性愛者に蔑視的態度を示す。
新世代:クリスチャンはすべての人に、生活スタイルにかかわらず、同情と愛を示す。
4.過保護である
伝統的:クリスチャンは退屈で、知的でもなく、旧態依然として、現実からかけ離れている。
新世代:クリスチャンは現実に関わり、必要な情報を身に着けて、人々が直面する問題に洗練された方向を提供する。
5.余りにも政治的である
伝統的:クリスチャンはしばし政治的なことに動かられ、右寄りの政策を応援する。
新世代:クリスチャンであるとは、人を尊敬し、聖書的に考え、複雑な問題に解決を見いだすことで特徴付けられる。
6.人を裁きやすい
伝統的:クリスチャンは自負心が強く、すぐに人のあら探しを始める。
新世代:クリスチャンは人の良い点を見つけ、キリストに従う者になるための可能性を認めることで、恵みを示していく。
 これはアメリカの教会の取り組みですが、すでに真剣になされていることが分かります。子供たちの知り合いで、信仰は持っていても、親の信仰スタイルを拒否しているケースを知っていますので納得できます。それでも二世たちは苦しんでいます。親に受け入れられないとうめいています。
 日本でもクリスチャン二世たちに対する取り組みがなされていることを、今回の旅の最後で知ることになりました。戻りたくても戻るところがないという彼らのうめきが聞こえてきます。少なくとも彼らの居場所と生き方を認めてあげることはできます。そのように取り組んでいる教会もあります。
 伝統的なキリスト教がどうして偽善的で、人を裁きやすく、自分たちの殻の中に閉じこもってしまうのかは、前回も書いたのですが、同世代として放っておくことができません。何がそのようにさせてしまっているのか、聖書理解にまで遡って考えさせられます。その意味での責任を感じます。転じて、新世代クリスチャンがもたらす聖書理解に敏感でありたいと願います。
 上沼昌雄記
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中