「オホーツクの虹」 2019年11月1日(金)

 日本に入ってすぐに札幌に移動して、北大の千葉先生のクラスでの証、藤野福音キリスト教会での礼拝メッセージ、午後の「ヨナの怒りの学び会」を終えて、この火曜日から道内の旅が始まりました。納内でご自分の墓を作っている隠退宣教師ご夫婦を訪ね、ご家族に展開している慶びを分かち合うことができました。水曜日の昼に旭川の駅のイオンモールで友人と昼食をいただきながら「信の哲学」を中心に語り合うことができました。
 その午後大雪山を越えて道東の北見に夕刻入りました。娘さんご家族も同居され、ご一家で伝道されている神の家族に加えていただきました。かわいい二人の女の子のお孫さんが次の日の朝に私の部屋をたずねてくれて、楽しい時をいただきました。自分の孫たちと語り合っているかのようでした。
 ご主人が仕事を早め目に切り上げて、この北見でなされている神の業の二つの現場にご夫妻で案内してくれました。これから神様は何をなさろうとしているのか期待に胸が熱くなりました。そしてそのままオホーツクの海を観に網走に向かってドライブしてくれました。海産物のおいしいお昼をいただき、知り合いの方の行事に挨拶をされ、「天の都の山」と書く天都山(てんとさん)の展望台に立ち寄ってくれました。
 静まりかえった雄大なオホーツクの海が歓迎してくれました。高台から眺めるオホーツクの海は網走の街と仲良く隣り合わせてじっとたたずんでいます。時には荒れることもあり、流氷も押し寄せてくるのでしょうが、伺うときはいつも穏やかの顔をして迎えてくれます。
 展望台のカフェでコヒーをいただいているときに、西に傾きかけた太陽に誘われるように、網走の街からオホーツクの海に掛けて虹が出てきました。雨上がりでもなかったので、必ずしもすっきりとした虹ではなかったのですが、多少太めの帯のようにゆったりと地から海へと橋渡しのように虹が架かっていました。もう一度展望台にでましたら少し雨が降っていました。あえて虹を作るための雨のようでした。
 北見の地で神様の業が展開しています。決して楽なことではありません。むしろ厳しい状況です。それでも神は何かをなそうとされているようです。それは思い以上に大切なことなのかも知れません。漠然とそのように思っていたことに、その通りに事をなされると約束のように虹を見せてくださいました。
 お宅に戻ってきましたら若い人たちの聖書の学び会がなされていました。その晩は6名の男性とおいしいカレーライスをいただきながら男性集会を持ちました。北見の地では初めてのことでした。今日はご婦人たちの集いがあります。神様の業が約束のごとくになされていくことを垣間見る思いでした。
 上沼昌雄記

「紅葉の北大キャンパスで」2019年10月26日(土)

 日本に入ってすぐに札幌にJRで向かいました。函館を離れて大沼公園は見事な紅葉を見せてくれました。一昨日札幌には暗くなって着いたのですぐには分からなかったのですが、昨日今回の日本での最初の奉仕である北大のキャンパスに連れて来ていただき、銀杏並木の紅葉を観る人で賑わっていて、紅葉の真っ盛りの札幌に来ていることが分かりました。
 
 5年前から交流をいただいているこの北大の哲学教授の千葉惠先生が、ご自分の「信の哲学」のクラスに招いてくださり、2年後輩の小林基人牧師と共に、卒後50年の歩みを語る時をいただきました。20名の受講生にクラーク聖書研究会のメンバーも参加くださり、30名ほどの学生さんたちに証をする機会をいただきました。「少年よ、大志を抱け」のクラーク博士で始まった北大ならではのことです。
 
 私もここで哲学を学びましたので、そのいきさつとその後の微弱な思索の歩みをお話しし、それがどのように千葉先生の「信の哲学」と結びついたのかを紹介いたしました。小林牧師はどうして牧師になり、牧師として生きることがどのようなことなのかをストレートに語られました。
 
 千葉先生の「信の哲学」ではアリストテレスの基本理解であるロゴスとエルゴンが、パウロのロゴスとしての福音とそれに生きる私たちエルゴンとが結びついていることを基本としています。そのアリストテレスのロゴスとエルゴンの具体的な例としてアメリカに渡って自分で家を建てたときに設計図と建築が対応していることを体験的に理解したことを紹介いたしました。そして実はこのロゴスとエルゴンは福音と証にも対応することで、その証として小林牧師と一緒に話をしたのですが、千葉先生は学生さんたちの50年後の自分たちの歩みを考える実例であるとまとめてくださいました。
 
 時間延長で質疑応答の時をとってくださり、その後の昼食会でも学生さんと話すことができ、「信の哲学」が提唱している心魂の根源的態勢としての肉と「内なる人」とヌース、すなわち、肉を持って生きていてもその心魂の根底でなお神を認めていくヌースの機能に反応してくださっていることが分かりました。ヌースはローマ書12章2節で「心の一新によって自分を変えていただきなさい」と一般に訳されているところの「心」なのですが、ヌースはそれよりも判断機能を伴う直接的な能力を意味しています。受講生たちのそのヌースに千葉先生の「信の哲学」がすでにヒットしていて、今回の私たちの話にもどこかでヒットしてくれたようです。
 
 小林牧師はすでに千葉先生に質問状を提出されていて、昼食会後研究室で議論の続きをすることになりました。出された質問にただご自分の意見を押しつけるのではなく、その意味することが「信の哲学」にどのように関わるのかを真剣に受け止めておられます。それは「信の哲学」が、単なる先生の知的業績ではなく、神の栄光のためになることを第一にしているからなのだと分かります。
 
 その姿勢に感動しながら、すでに暗くなりかけた母校のキャンパスを後にすることになりました。
 
 上沼昌雄記

「タイトル不詳」2019年10月8日(火)

 次女泉は一時ワシントン・ポスト紙に勤めたことがあったので、今でもウエッブサイトでニュースを追っています。そこでのビデオの一つに一人の女性が大腸癌ステージ4と診断されたことを5分以内で語っているのを見つけ、家族全員に送ってくれました。それに家族全員が、子供たちは子供たちで、親である私たちは夫婦でこの女性の語っていることを反芻することになりました。
 私にとって何とも興味深いのは、この方はデューク大学の神学部でアメリカ宗教史、特にProsperity Gospel(「繁栄の福音」)と呼ばれている動きの研究者であることです。イギリス出身のようですが、アメリカでかなりの影響を与えているこの運動を関心を持って調べているようです。福音を信じたら、あるいは神を信じたら、経済的に豊かになり、身体的にも健康で、すべてがうまくいくという考えです。
 初めはこの女性Kate Bowler(ケイト・ボウラー)自身がこの動きに同調しているのかと思ったのですが、どうもそうではなくこのような動きがアメリカのキリスト教としてしっかりと根付いていることに疑問を持って調べているようです。同調しているのであればご自分がステージ4の大腸癌と診断されたとはただのアイロニーになるのですが、そうではなく、人生は自分ではコントロールできないことで絶望し、孤独に追いやられ、身もだえするのであるが、それでも互いに愛を持って支え合うことだとビデオで語っています。
 私たち夫婦は、このようなProsperity Gospelのような考えはある特定のグループだけでなく、アメリカの福音派のなかではどこかで根底に流れているもので、今のアメリカの指導者と福音派が結びついていることにもなっていると言うことから、「肉の弱さ」をかかえている人間にとっては病も苦難も避けられないことであり、形が異なっても誰もが癒やされない病を負っていることを語り合うことになりました。妻はその関わりで、聖書が「肉(サルクス)」と「からだ(ソーマ)」を区別して用いていることに関心を持ち、できるところで説明をすることになりました。
 子供たちのやり取りで分かってきたのは、実は長女瞳がケイト・ボウラーのこの癌の体験を書いた本を読んで、それを次女に、そしてすでに妻にも紹介していたことです。長男義樹は本は読んでいなかったのですが、ビデオを観て、問題点に気づいて、弱さをかかえていながらなお神の真実に生きることの大切さを述べていました。
 ケイト・ボウラー氏の短いビデオでの語りで私たち家族全員が意見を述べ会う機会となり、さらに人間としての根本的な課題に触れることであり、続いてのテーマをいただいたことで、忘れないようにと思い、書いてみました。それで「タイトル不詳」としました。
 この10月23日(水)から12月3日(火)までの予定で日本に伺います。その間、主にある交わりとみことばの学びと思い巡らしを通して、「肉の弱さ」をかかえる私たちの生き方を共に考えることができればと願っています。
 上沼昌雄記