カテゴリー別アーカイブ: Information

「千葉惠先生を囲む会」ご案内

秋も深まりつつあるこの頃ですが、皆様におきましては続いて主の業にお励みのことと思います。今回以下の趣旨で「千葉惠先生を囲む会」の会合を持つことになりました

千葉惠先生は北大の哲学科の教授をされていますが、熱心なキリスト教徒でもあります。学内のクラーク聖書研究会の顧問も長くされています。ご専門のアリストテレス研究を極められたたあとに、パウロのローマ書研究に取りかかられ、「信の哲学」を打ちたれられました。その「信(ピスティス)」は「神の真実」(ローマ3:3)「イエス・キリストの信実」(3:22)「私たちの信仰」(5:1、2)そして「御霊の実としての誠実」(ガラテヤ5:22)となります。それゆえに「信/信仰」は神と私たちと結びつける根幹の役割を果たしています。また私たちの心魂の根底のあり方を示しています。

その研究成果がこの2月に『信の哲学ー使徒パウロはどこまで共約可能か』として北大出版会から刊行されました。この機会をいただいて、従来のローマ書理解との対比の上で、「信の哲学」が私たちの信仰と牧会にどのような意味をもたらすのか、先生をお招きして「囲む会」として、以下のような要領で会合を持ちたいと願っています。

月曜日で、教職者を中心になるかと思いますが、可能な方はどなたでも参加くだされば幸いです。ご来会をお待ちしています。

テーマ:「新約学の現状と『信の哲学』」ー講演と質疑応答

日時:2018年11月5日(月)午後1時から3時15分

場所:北海道聖書学院

〒003-0831 北海道札幌市白石区北郷1条3丁目1-61

電話:011-871-7892

費用:一人(夫婦一組)1000円(茶菓代、講師交通費、会場費)

主催:「千葉惠先生を囲む会」(発起人:松元潤、上沼昌雄)

連絡先:上沼昌雄:muenuma@earthlink.net  masaouenuma@yahoo.co.jp 

松元潤:jmatsugen1953@gmail.com

主にある友へ

 いつも「ウイークリー瞑想」「神学モノローグ」を通しての交わりを感謝いたします。何度か取り上げてきました雅歌を用いての新しい本『夫婦で奏でる霊の歌ー雅歌にみる男女の会話』(いのちのことば社、1050円)を9月11日に出版、発売することができました。今回の表紙は花畑の間を通っている道です。雅歌で花嫁と花婿が互いを花と木でた
とえるながら、愛のやり取りをしています。そんなイメージにぴったりです。明るい美しい本です。
 しかし裏表紙の帯には「本文から」と言うことで、夫婦が辿る闇の冒険のことを掲げました。雅歌の3章と5章で、花嫁が花婿を捜しに「夜」出かけていくことです。次の文章です。「夫婦は、暗夜の冒険を覚悟しなければならない。その夫婦だけが抱える課題を引き受ける勇気である。ほかの夫婦の経験も役立たず、だれも手引きをしてくれない。
……行き先のわからない冒険である。真っ暗闇の中に出て行く冒険である。」

 夫婦における昼と夜です。まさに経験させられていることです。それはしかし花婿であるキリストとの間でも経験させられていることです。キリストと一つとなろうとするときにどうしても経験させられる霊的闇
です。そんな葛藤が霊の歌を奏でるのだろうと思わされています。自分
たちが霊の歌を歌っているというものではありません。ただ不協和音も
霊の歌だと思わされています。
 雅歌についての歴史的解釈のことも少し取り上げています。福音主義
神学にとってもチャレンジにもなっています。
 機会がありましたら読んでいただければ幸いです。

 祝福を祈りつつ。上沼昌雄 2006.9.12