「陽気に誘われて隣人と立ち話を」2017年3月20日(月)

気温が上がってきて外で過ごす時間も増えてきました。今は冬の雨の後で地を覆う緑が一番美しいときです。その前の日曜から夏時間になり日が沈むのが一時間延びたこともあってカリフォルニアの太陽の下で、過ぎる週末の午後は隣人との立ち話で思いがけない時を過ごしました。

土曜の午後はまだ終わっていない枯れ木と落ち葉を燃やす作業をしました。夏場の山火事対策としてできる限り敷地内をきれいにしておく必要があります。地続きのジェフリーさんの家との間にはフィンスがあるのですが、その近くの枯木と落ち葉を燃やしました。彼らも自分たちの大きな木を切り倒してレンタルの機械で来シーズンの薪を切っていました。

互いに一息ついたところでフェンス越しに話が始まりました。冬の間閉じこもって千葉教授のローマ書研究の原稿を読んで記事を書いている話をしましたら、自分の教会の牧師のある聖書箇所の理解について紹介してくれました。後半は妻のルイーズも加わって近状を報告し合うことになりました。私たちを信用してくれて別の隣人とのいざこざで心を痛めていることを話してくれました。

日曜の午後は4時にルイーズと散歩に出ました。道の向こうの少し先のスティーブがドライブウエイをきれいにしているときで、全く久しぶりに会いました。半年ぶりかも知れません。その前は3年ほど失業をしていて家にいたので、結構会うことがありました。信じて神の導きを待つようにとルイーズが励まし、その結果いまは自分が一番したいと思っていた仕事に就いて忙しくしていると喜んで報告してくれました。

彼も私たちがどうしていたのか関心があって聞いてきましたので、義弟のスティーブンが結婚に導かれた話を始めました。興味深く聞いてくれました。その間車で帰ってくる近所の人が車越しに話をしたり、私たちの立ち話を奥さんから聞いてその御主人のダンさんがトラックで駆けつけてしばらく会話に入ってくれたり、ジェフリーご夫妻は教会から戻ってくるときに通過して、再度夕方に出かけるときに「まだ話している」と笑顔で通過していったりして、義弟の結婚式までの話はとぎれとぎれで3時間かかって話し終えることになりました。

そのとぎれとぎれの中にはこの隣人スティーブの親と家族の話も出てきます。今までは拒否されてきた父親のことで55歳になっても苦しんでいるという話が繰り返し出てきました。今回はその父親が歳を取ってきて自分の財産の処理を彼にまかせると家族の前で言ってくれたと言って、親との和解をいただいたことを嬉しそうに話してくれました。彼には大学生のひとり息子がいるのですが、自分の父親と同じことを繰り返したくないと思って育ててきたことが分かります。ルイーズはそのことで彼を誉め励ましてきました。

3時間の立ち話で暗くなって肌寒くもなってきたのですが、千葉教授のローマ書3章の「イエス・キリストの信・信実」の話をしましたら興味を示してくれて、その関係で書いた英文の記事を送る約束をして、散歩に出たのですがそのまま戻ってきました。近隣の人のために毎晩祈っているのですが、このような豊かな時を神は与えてくださったのだと妻と感激しながら家に入りました。

上沼昌雄記

「『罪の律法』を見つめる『私』」2017年3月13日(月)

前々回『平気でうそをつく人たち』との関わりでローマ書7章に触れました。それをそのまま英訳して家族に送りました。取り上げているテーマが多すぎるのではと正直な反応をいただきました。それでポイントを整理してテーマも”Spiritual Laziness?”として英語関係の人に送りました。その英文の添削で妻がローマ書7章に関して質問をしてきて、さらに「罪の律法」がどのような流れで出てくるのか、千葉教授のローマ書研究に沿いながら探ることになりました。その流れを見ることで浮かび上がってくるものがあります。

7章の終わりにかけて「罪の律法」が出てくるときに、一つには「神の律法」との対比で、もう一つには「心(ヌース)の律法」と対比で語られています。さらに、24節の「惨め、私、人間」の三語で表現されている嘆きのあとに、最後の25節で「心では神の律法に仕え、肉では罪の律法に仕えている」と対比されています。

律法に関してこのような対比をさらに3章と次の8章で見ることができます。3章は22節で、イエス・キリストの信による神の義の啓示が明確されたあとに、ユダヤ人が頼りにしていた律法の誇りが取り除かれたと語るときに、どういう原理(律法)によってか問いかけ、「行いの原理(律法)によって」ではなく「信仰の原理(律法)」(27節)によってと対比されています。ここは現行訳の「原理」ではなく、あくまで「律法」と訳すことで流れを見ないといけないところです。8章の初めではでは7章を受けて、「いのちの御霊の原理(律法)が、罪と死の原理(律法)から、あなたを解放した」(2節)と対比が語られています。ここでも流れを捉えるために「原理」ではなく「律法」と訳すべきです。まとめると次のようになります。

信仰の律法 ―行いの律法 (3:27)
神の律法―罪の律法 (7:22, 23, 25)
心(ヌース)の律法―罪の律法 (7:23, 25)
いのちの御霊の律法―罪と死の律法 (8:2)

律法学者であったパウロにとって「律法」は一義的には「神の律法」であり、具体的にはモーセの律法です。しかしその「律法の行い」(3:28)では義とされないで、イエス・キリストの信による神の義を信じることでのみ義とされる、この基準に従って「律法」を見直し、提示し、論証していると言えます。「行い」や「業」でない内面化された意味での「信仰の律法」はそこから出てき、それに対応するように7章で「心(ヌース)の律法」が出てくるのでしょう。律法を行うことでは義とされない、それでも「内なる人としては、神の律法を喜んでいる」(22節)、それで「私の心の律法」(23節)となるのでしょう。

律法はどのようなことがあっても神のものであり、それは「聖なるもの」(12節)です。その時に、その聖なる律法が死をもたらしたのかという問いが出てきます。「絶対にそんなことはありません。」(13節)それを成し遂げたのは罪であると冷静に見ています。ここで一度罪と律法が区別されます。内なる人は明らかに神の律法を喜んでいる、しかし同時に罪が自分のうちに住んでいる、どこかと自問し、「私のからだの中に」「異なる律法」(23節)として住みついていると言うのです。それが死をもたらすのです。「ひとりの人によって罪が世界に入り、罪によって死が」(5:12)入ったのです。誰もが避けることのできない死です。それを支配しているのが「古い文字」(7:6)と結びついた「罪の律法」なのです。

「内なる人」としては「神の律法」を喜んでいて、同時に「肉では罪の律法に仕えている」この葛藤を導くために、パウロは「私・エゴ」を導き出したという千葉教授の興味深い表現があります。確かに「私・エゴ」は7章だけに登場して姿を消します。8章では聖霊が登場してきてそれは信じるものだれにでも当てはまるのです。そこでは「神の律法」は「いのちの御霊の律法」になり、「罪の律法」は「罪と死の律法」になります。

この葛藤が聖霊のとりなしの中でどのように取り扱われるか、まさに8章のテーマですが、ここでは7章に限って、「肉「において「罪と死の律法」に仕えている「私」は、アダム以来の「私」であって、千葉教授はそのために24節で「惨め、私、人間」の三語で、「私」と「人間」が対等に表現されていると言います。確かにそれは誰にでも当てはまることです。 パウロはそのような論法を展開しているのです。 当時のギリシャ哲学にも耐えうるものです。「死」は誰にでも当てはまるからです。

「古い文字」として機能する「罪の律法」を見つめる「私」は、パウロであり、私であり、生きている人すべであります。その「罪の律法」が自分の肉の中で働いていることを見つめる心のさらに底で、「いのちの御霊の律法」が働いているのを見つめることになるのです。

上沼昌雄記

「『反知性主義』という本を読んで」2017年3月7日(火)

友人が一昨年、森本あんり著『反知性主義―アメリカが生んだ「熱病」の正体』を読んでコメントをくださいました。それで昨年末に購入して持ってきました。旭川の友人がさらにこの本を読んで先週コメントをくれました。それで読んでみました。分かる面と、何か話の持っていき方がこれで良いのかと思わされました。

ただ昨年購入したときと現在アマゾンで見られるこの本の帯の文句が変わっていることが分かりました。今は「トランプ大統領を生み出したイデオロギーの根源」となっています。一面当たっていますが、この本の内容に関しては納得できない面もあります。

どの面かというと、知性主義と反知性主義の対比がこの本でそれほど明確でなく、むしろ入り交じった上で話が進んでいきます。多分地理的には、ヨーロッパとアメリカ東部が知性主義になるようです。それ以外の中西部と西部は反知性主義のようです。教会的には、いわゆる正統派が知性主義で、福音派が反知性主義になります。

話はキリスト教での反知性主義として信仰復興運動、リバイバルがその例として繰り返しだしてきます。それが地理的に東部でも受け入れられるようなことに著者も耐えられないかのようです。著者のアメリカでのキリスト教体験によっているようです。それは著者自身のアメリカの地理的体験にもよっているのでしょう。

それを感じたのは、4章で映画「リバー・ランズ・スルー・イット」をアメリカの反知性主義を知るために出してきたことです。リバイバル運動を起こした人たちの学歴やマナーのなさをその例として出して来るのですが、この映画のもとの本はシカゴ大学の英文学教授であった人が故郷のモンタナに帰ってきて書いた実話です。東部で勉強したとかの視点が繰り返されています。この映画はモンタナの自然の美しさに魅了されます。ブラッド・ピッドの出世作です。文句なしにお勧めします。それこそアメリカを知ることができます。

アメリカに移り住んで28年になります。カリフォルニアですので反知性主義の行き止まりになるのかも知れません。子どもたちが中西部に住むようになってアメリカ大陸を何度かドライブして体験することになりました。広大な自然のワイオミング州にはことばが出ないほどです。モンタナ州はその上にあり、一度通過したことがあります。アメリカはこの広大な大地を、政治的にも農業的にも工業的にも征服したのです。アメリカの力です。知性がなければできないことです。

思い出すことがあります。アメリカに移り住んで不思議なことに自分で小さな家を建てることになりました。経験は全くありませんでした。教えられ、また見よう見まねでしたが、筋道がしっかりあることが分かりました。早い時期に床下の配管をするのですが、そのためには出来上がったときの水回りを理解していなければなりません。知性がなければできないことでした。

そんなこともあって、読後感はすっきりしません。ただこの本はすでに1963年にでたリチャード・ホーフスタッターの『アメリカの反知性主義』を下にしているので、子どもたちも興味がありそうなので、回し読みして、再度考えたいと思います。ただこの日本語の本の新しい帯の文句は当たっている面がありますが、むしろ前回書いた「怠惰とナルシズム」のほうが当たっているように思います。どちらにしても考えさせられる状況なのです。避けられないのです。

上沼昌雄記

ウイークリー瞑想 「『平気でうそをつく人たち』という本」2017年2月23日(木)

昨年来メディアを通して耳にするニュースとそれに対する反応をそれなりに聞いて、この『平気でうそをつく人たち』という本のことを思い出します。1983年にアメリカで出版され、日本では1996年に翻訳出版されました。現在は文庫本にもなっています。この本のことを思い出させられるのは、気持ちの良いものではありません。平気でうそをつくことが当たり前の時代になってしまったかのようです。うそでも事実でもどちらでも良いのだというささやきまで聞こえます。

自分の非を認めることを絶対に拒否し、それを認めるなら死んだほうがましだと思い、その責任を他に転嫁することに関しては悪魔的な知恵を持っていると、著者のスコット・ペックは言います。しかもそのような人は身近にいるのだと、自身の精神科医としての経験から語ります。何と最後までひとりの患者にだまされたと言うことです。このような人は自己批判に耐えられないので、失敗したときには、敵を見つけ出し攻撃することで責任逃れをすると言います。

この邪悪性が悪の根源と見ています。その精神構造は怠惰とナルシズムです。自分の邪悪性を認めるよりもスケープゴートを探します。それが集団になったのがナチス・ドイツのことと言います。ホロコーストのあとにレヴィナスが「他者」を視点に哲学を始めたのが分かります。

千葉教授のローマ書研究は、類をみないほどの言語分析をしています。「ローマ書」が語っている言語の意味論的分析に終始しています。釈義を徹底しているだけで、適用は考えないで、テキストそのものに語らせていると言えます。そうすることで何となく抱いていた不明瞭さが除かれる面があります。

ローマ書7章は「私」が出てきます。ナルシズムのことかと思わせるのですが、その「私」のうちに住みつく罪を見つめるのです。怠惰ではできないことです。他人への責任転嫁どころか、自分の「内なる人」を避けないでじっと見つめます。7章は結婚における律法の役割を明確にすることで始まっています。すなわち、相手が生きている間は律法の権限が生きているが、キリストとともに死ぬことで律法から解放されている、それでもなお罪を認めないわけにいかないのです。その罪と律法との関わりで「私」はどうなっているのかと考えます。

7節と13節で、相手の論点に対して「絶対にそんなことはありません」という言い方で、二段構えで論が展開していると言います。「律法は罪なのか」、そうでないとすると「この良いものが死をもたらしたのか」に共に「否」をいうことで、実は「私」のなかに「神の律法」と「罪の律法」(21-25節)が共存していると認めるのです。律法は罪でない、しかし、「罪の律法」が私のうちにある、その現実を見つめているので「私は、本当にみじめな人間です」としか言えないのです。ナルシストどころでありません。怠惰ではできません。身を削るようなことです。

千葉教授はこの二段構えの論法において、後半が現在形であるに対して、前半が過去形で書かれていることに注目します。しかも律法と罪が擬人化されていることもあり、創世記3章の蛇の擬人化に対応し、「戒めによって機会を捕らえた罪が私を欺く」(11節)ことになったと見ます。その蛇が欺いたように、私たちのうちに「神はほんとうに言ったのか」(創世記3:1)という「罪の律法を立てる」と見ています。

それは「異なった律法」(23節)で、認めたくないが、認めなければさらに自分を欺くことになります。そこには当然葛藤があります。8章での「うめき」です。しかしそれは御霊の内住によって「イエス・キリストの信」のゆえの「神の義」が少しでも御霊の実として結んでいくことになります。そのようにパウロが論法を展開していることを明確にしています。それゆえに当時のユダヤ思想にもギリシャ思想にも「ローマ書」は耐えうるものと見ています。

もしかすると3章22節における安易な信仰義認の理解が、その後のパウロの論法に従うことを不可能にしてしまって、一面的な信仰者の理想像で生きることに思いを向けさせてしまったのかも知れません。怠惰とナルシズムは、その意味では、私たちの中に住みついてしまったかのようです。これはアメリカの教会が直面している問題と言えそうです。かつてドイツの教会がそうであったように。

上沼昌雄記

ウイークリー瞑想 「良くない思いに引き渡され」2017年2月2日(木

「また、彼らが神を知ろうとしたがらないので、神は彼らを良くない思いに引き渡され」(ローマ書1章28節)は、その前に24節で「それゆえ、神は、彼らをその心の欲望のままに汚れに引き渡され」、26節で「こういうわけで、神は彼らを恥ずべき情欲に引き渡され」に続いて言われている箇所です。おそらく前の二つの節に引きずられて「良くない思い」と道徳的な意味で解釈され、訳されているのだと思います。

千葉教授のローマ書の意味論的分析に接していて、多少その意味合いが飲み込めてきました。それは、そこで使われている言語の意味合いに沿って意味を捉えていくことのようです。その具体的な例がこの「良くない思い」の理解に見ることが出来ます。なるべく文字通りに「叡知の機能不全」と訳されて、その意味を明確にしようとされています。それで「良くない思い」と「叡知の機能不全」では同じ原語の訳語としては意味合いが異なっているので、どうしてこれほど違ってくるのか、それなりの格闘をすることになりました。

ひとつ分かったことは、この「良くない思い」のまえに、 「彼らが神を知ろうとしたがらないので」とあるのですが、 「知識において神を持つことを識別しなかったほどに」と文字通りに訳すことができ、この「識別しなかった」の形容詞形がそのまま「良くない思い」に使われていることが分かりました。それで「識別に至らない叡知」「識別しえない叡知」ととることができることです。

「思い」「叡知」と訳される「ヌース」は、新改訳聖書では、「心」「知性」とも訳されています。このヌースは「識別する」という機能と並行して使われています。「心(ヌース)の一新によって自分を変えなさい」(12:2)でもそのまえで、「何が良いことで、神に受け入れられ、完全であるかをわきまえ知るために」とあって、その「わきまえ知る」「識別する」ためのヌースの一新になるのです。単なる感情・感覚の場としての心ではなく、責任を持って識別していく機能のことを述べていることが分かります。

「弁解の余地はないのです」(1:20,2:1)という宣言がその前後に使われています。特にその前の使われ方ではさらに神から与えられたヌースの責任を述べています。神の見えない本性、永遠の力と神性は創造の時から「被造物によって知られ」と一般的に書いてあるのですが、その「知られ」には千葉訳のように「叡知において知られ」と、その意味合いが明確にされています。それはおそらく、神に造られた人すべてが心のどこかに神のことを識別するヌースが与えられているのにもかかわらず、それを行使しない責任が問われているのです。「彼らには」とあえて三人称で言われているのは意味論的に、まさに「弁解の余地のない」ほどに誰にも問われているからです。

ローマ書1章の後半を読むときにどうしても道徳的な意味合いだけでとってしまいます。道徳的に自分を整えることだけが主眼になります。しかし、その前に神に関する認知的な意味合いが語られていて、しかもそれはすべてに人に問われていて、その責任を行使しない人には神の怒りが、神の義の現れとして啓示されていることが分かります。弁解の余地のないほどに明らかだとパウロは宣言しているのです。それが神のことを識別しない人類の歴史だからです。

そのように読むと今度は、3章21節以下で、神の義の啓示がイエス・キリストの信・信実を通して直接に語られていて、それがもう一つの神の歴史であることが浮かび上がってきます。1章の後半からは神に背いたイスラエルの歴史が全人類の歴史として語られていて、3章21節以降から回復の歴史が「すべて信じる人」の歴史として展開しているようです。千葉教授が主張されるローマ書の意味論的分析が、神の啓示の歴史理解をより明確にしてくます。その歴史理解の上で神の子としての責任が、なおこの変動の時代に問われてきます。日々現実的になってきています。

上沼昌雄記

追伸:この北大の千葉恵教授が、2月14,15日(火、水)と、札幌郊外の石狩にあるCFNJ聖書学院(鍛冶川利文校長)で「パウロ『ローマ書』における信仰義認と予定論」という講義をもってくださいます。関心のある方は学院に直接問い合わせください。(〒061-3216石狩市花川北6条5丁目157 電話:0133-74-1341)

「映画『沈黙―サイレンスー』を観て」2017年1月30日(月)

この映画のことは最上川沿いの農民作家の友人から間接的に聞きました。近くの牧師が碁点温泉というところで出合ったときに、この農民作家が映画のことを一生懸命に話していたと伝えてくれました。また日本で封切られてすぐに二人の友人からコメントが届きました。それで過ぎる火曜日に映画を観てきました。夜8時35分開演で、その一回だけの上演で、家に戻って来たのが真夜中した。そして小説『沈黙』も読みました。以下のような思いを持ています。

1)実はこの農民作家に促されて、ウイークリー瞑想「二つの1639年」(2012年9月5日)を書きました。日本で隠れキリシタンが迫害されているときに、アルゼンチンではそのカトリックが隠れユダヤ人(マラーノ)を見つけ出して火炙りにすることが起こっていました。 キリシタン宣教師の残した十字架が 最上川の上流の「称名寺」というお寺に飾られていて、この農民作家の案内で見てきました。その宣教師の消息が途絶えたのが1639年です。『沈黙』のストリーはその前後から始まっています。カトリックが一方で隠れユダヤ人(マラーノ)を迫害し、その一方で日本で迫害されていたというのをどのように捉えたら良いのか戸惑っています。マーティン・スコセッシ監督に隠れユダヤ人(マラーノ)の映画も作ってもらいたいものです。

2)井上筑後守が巧みにロドリゴの心に入っていく手だては、肉体の迫害とは違って、まさにどのような意志をも根無し草にしてしまうものです。それはローマ時代の迫害とも異なっています。陸続きであればディアスポラとして生き延び、宣教も広がっていきました。巧みに信仰を根絶やしにしていく、そのようなやり方を考え出したたことは驚きです。それはまさに海に囲まれた美しい日本の逆の現れと言えそうです。映画はこの辺の心の動きをしっかり描いています。

3)デウスの神のことでロドリゴが通辞とフェレイラと議論するのですが、西洋の神、特にカトリックの神には背教は考えられないのでしょうが、旧約ではイスラエルがどのようであって迎え入れる慈愛の神が描かれています。「背信の女イスラエル。帰れ。ー主の御告げーわたしはあなたがたをしからない。わたしは恵み深いから。」(エレミヤ3:12)西洋世界で築かれた神観念の再考が求められています。この辺は、N.T.ライトが言っているように、旧約との関わりで神を捉え直していく必要があります。それはまたレヴィナスにも通じます。

4)表面的であっても日本でキリシタンとその痕跡が完全に抹殺されたというのは驚きです。それを可能にした社会習慣が築き上げられました。そして私たちはすでに井上筑後守の手中にはまり込んで、抜け出せない状態です。ですので、迫害が起こったら耐えられるクリスチャンは少ないのだと思います。それでも日本の地で流されたキリシタンの血は覚えられていると信じます。その信仰で生きていきたいと願います。

上沼昌雄記

Masao Uenuma, Th.D.
muenuma@earthlink.net
masaouenuma@yahoo.co.jp

「アメリカ第一主義は」2017年1月23日(月)

アメリカ第一主義は、聖書的には、アブラハムへの神の祝福の約束に反しています。「地上のすべての国民は、あなたによって祝福される」(創世記12:3)が神の約束です。そして、哲学的には、エマニュエル・レヴィナスがその主著『全体性と無限』(岩波文庫)で問題にしている「全体性」に当たります。さらに、歴史的には、その「全体性」はナチスドイツの全体主義でありました。リトアニアのレヴィナスの家族のほとんどがナチスによって殺されたのです。

N.T.ライトの『クリスチャンであるとは』を翻訳しているときに、6章であえて「イスラエル」をとりあげ、アブラハムへの祝福の約束に触れて、上記に引用したその「最後のセンテンスが極めて重要である」(106頁)と述べています。とても印象的なことでした。その約束はイスラエルの歴史を通して、またイエス・キリストを通して、「行きつ戻りつする物語」として「新天新地」まで展開していると、聖書全体を説き明かしています。

レヴィナスは、モーセの律法における神の在留異国人とやもめとみなしごの取り扱いを取り上げます。「在留異国人を苦しめてはならない。しいたげてはならない。あなたがたも、かつてはエジプトの国で、在留異国人であったからである。すべてのやもめ、またみなしごを悩ませてはならない。もしあなたがたが彼らをひどく悩ませ、彼らが私に向かって叫ぶなら、わたしは必ず彼らの叫びを聞き入れる。わたしの怒りは燃え上がり、わたしは剣をもってあなたがたを殺す。あなたがたの妻はやもめになり、あなたがたの子どもはみなしごになる。」(出エジプト22:21-24)

「他者の哲学」とレヴィナスの哲学は呼ばれています。その「他者」の具体的な例としてとして 「在留異国人とやもめとみなしご」を取り上げます。聖書ではさらに、選びの民であるイスラエルに在留異国人でありやもめであるルツが選ばれ、イエスの系図に取り込まれていきます。「全体性」は「他者」を排除します。ナチスドイツで起こったことはその思想が教会にも蔓延ってしまったことです。その結果はヨーロッパの教会の死です。

アメリカの教会も内向きになりすぎています。結局は自分のことしか考えられないのは事実ですが、自分の祝福、自分たちの祝福、自分の国の祝福だけを考えていたら、何のためのキリストの死なのかと、問われることになります。しかし現実には、そんな問いをも覆い消してしまうほどに自己満足の信仰に陥ってしまっているのかも知れません。歴史が繰り返すことを何とか避けなければなりません。

上沼昌雄記

JBTM